車の買い替えと廃車

車の買い替えを検討する時、今乗っている車をどうするかも考えなければなりません。
交通事故や故障などで車の廃車を考えている方は、買取業者に持ち込む事をおすすめします。

なぜ買取業者に廃車を持ち込むのをおすすめするのか、そこにはいくつか理由があります。
廃車の手続きと一緒に、その理由もここでご紹介します。

車の買い替え時の廃車の手続き方法

廃車の手続き方法についてご紹介しますが、そもそもなぜ廃車手続きが必要なのでしょうか。
それは、廃車手続きを行わないと、その車を所有し続けているとみなされてしまい、税金を払い続ける必要があるからです。

買い替えでその車をもう使う予定がないなら、必ず手続きをしないと自分が損をする事になるので気を付けましょう。
廃車の手続きについてですが、普通自動車と軽自動車でそれぞれ申請する書類が異なります。

また、提出先も普通自動車と軽自動車で違うため、事前にどこで提出するかの確認も必要でしょう。
では、普通自動車と軽自動車のぞれぞれの手続き方法について説明します。

普通自動車の場合

まず、買い替えに伴い廃車する予定の車が、普通自動車の場合について説明します。
廃車の手続きには、以下の3種類があります。

種類 概要
永久抹消登録 解体済み、災害等で車が走行出来なくなった
一時抹消登録 長期出張などでしばらく乗らない
使っていない車の税金を止めたい
解体届出 一時抹消登録後に解体する場合に必要な届出

これらの手続きはいずれも、陸運局に申請や届出をする必要が有ります。
陸運局への申請を終える事で、廃車手続きは完了です。

普通自動車の廃車手続きについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

軽自動車の場合

買い替えの際に軽自動車を廃車したい場合は、下のいずれかの届出を行います。

種類 概要
解体返納 永久抹消登録と同じ手続き
自動車検査証返納届 一時抹消登録と同じ手続き
解体届出 自動車検査証返納届後に解体する時に必要な届出(普通自動車の解体届出と同じ)

名称は異なりますが、書類の内容は普通自動車の廃車手続きとほぼ同じ内容になっています。
ただ、軽自動車の廃車手続きの提出先は、軽自動車検査協会という場所です。

軽自動車の場合は陸運局へ行っても廃車の手続きが出来ないので、注意してください。
自分で廃車する際の手続き方法や書類、費用などを下記ページでまとめています。

廃車の手続きを業者に依頼した場合に掛かる費用

廃車の手続きを業者に依頼した場合に掛かる費用

廃車の手続きを自分で行う際、やらなくてはいけない作業がいくつかあります。
永久抹消登録の場合だと、車の解体処分のために業者や工場に依頼し、解体が終了するまで待機するなどかなりの時間を要します。

そのため、車の解体や書類の書き込みなどで1ヶ月以上も掛かる場合があり、かなり面倒な作業です。
忙しいとなかなか手続きをするのも大変ではないでしょうか。

そのため、買い替え時の廃車の手続きは、専門業者に任せてしまう事をおすすめします。
廃車の手続きを依頼できる専門業者は、廃車買取業者とディーラー、中古車販売店、行政書士です。

それぞれに依頼した場合の費用についてご紹介します。

それぞれの専門家での廃車手続きの違い

どの専門家でも同じ手続きで廃車が出来ますが、費用の面では大きく異なってきます。

廃車買取業者に依頼した場合

廃車手続きの手数料 0円
車の解体費用 0円
車の引取費用 0円

ディーラーに依頼した場合

廃車手続きの手数料 8,000円~
車の解体費用 掛からない場合が多い
車の引取費用 0円~700円程度/1km※1

※1業者によって大きく異なる場合があります。

友人の某有名ディーラーに聞いた所、基本的にディーラーでの廃車代行手数料は決まっていないのでまちまち。
また、多くのディーラーでは解体業者と提携しており、解体費用は掛からないケースが多いようです。

中古車販売店に依頼した場合

※車の下取り依頼をして価格が付かず、0円で引き取ってもらう場合

廃車手続きの手数料 10,000円~20,000円
車の解体費用 0円~
車の引取費用 0円~700円/1km

行政書士に依頼した場合

廃車手続きの手数料 5,000~10,000円

※一時抹消の場合は、申請書(印紙代)の350円などは別途必要です。

ディーラーなどで廃車手続きをお願いすると、費用が発生する事がほとんどです。
それに対して、廃車買取業者に依頼すると費用がほとんど掛かりません。

その上、中古車販売店だと下取り価格が付かないような車でも、廃車買取業者だと買取価格が付いてお金が戻ってくる可能性もあるのです。
廃車買取業者とディーラーを比較したら、廃車買取業者の方が断然お得だという事はすぐに分かります。

ただし、ディーラーなどで新しい車に買い替える場合は、サービスで廃車手続きの代行をしてくれる場合もあります。
その際は、新車の購入の前に交渉してみましょう。

廃車にする理由は?買い替える必要がある車

廃車にする理由と買い替える必要がある車

車の廃車手続き方法、廃車の流れ、費用面について説明しました。
そもそも廃車にする理由や、買い替えの必要がある車はどんな状態のものなのでしょうか。

今の車を廃車にして買い替えを検討されている方は、これからご紹介する内容を参考にしてみてください。

廃車して買い替えか修理かの判断基準

今の車を修理に出す必要が出た時、その車を修理して乗り続けるか、思い切って廃車にして買い替えるかを悩む方は多いのではないでしょうか。
この場合、どちらを選択するかには、いくつかの判断基準があります。

新車登録から13年経過 13年以上の車は自動車税が高くなるので廃車して買い替える方が良い
走行距離が7万キロ超 7万キロ未満の場合は修理、超えている場合は買い替えがお得
修理費用が車両保険でカバー不可 車両保険でカバー出来ない修理の場合、自費で修理するか廃車して買い替えかを検討可能
今の車の車検が近い 修理して乗り続けるか、車検を機に廃車して買い替えるか検討可能

廃車して買い替えか修理かで悩んでいる方は、上記のようにいくつかの判断基準に則って検討してみると良いでしょう。
もし他に欲しい車がある方は、予算も考慮した上で今の車を廃車して買い替えを考えるのも良いかと思います。

下記の記事では、もう少し詳細に廃車の判断基準を掲載していますので、参考にしてください。

廃車での買い替え時に買取がお得な理由

廃車での買い替え時に買取がお得な理由

廃車手続きを廃車買取業者にお願いすると手数料等が全く掛からず、さらには買取価格が付く事があると説明しました。
なぜ廃車なのに買取価格が付くのでしょうか。

廃車に買取価格がついてお得な理由をご紹介します。

解体した金属が売れる

廃車買取業者は、もう動かないような車でも、解体して出た金属を販売して儲けを得る事が出来ます。
解体後にはゴミにしか見えないような金属でも素材として活用出来るため、たとえ廃車費用が掛かる車でも高く買い取ってくれます。

解体した金属を売るという事は、ゴミを再利用するという仕組みとも言えます。
つまり、ゴミを減らして、地球環境にも優しい循環型のシステムになっているという事です。

このような理由があるため、買い替えで廃車するような車にも買取価格が付いてきます。

廃車の中古パーツを販売出来るから

廃車は車としての役割は終えていますが、それぞれの中古パーツはまだ使える可能性が残っています。
傷付いた車の部品を買い替えたい人が、中古のパーツを見つけて修理に使ったり、海外に出回っている日本車の修理用として中古のパーツは活躍します。

業者は、廃車のパーツを綺麗に取り外して販売し、儲けを手に入れる事が出来ます。
これも廃車に買取価格が付いてお得な理由の1つなのです。

中古車として販売出来るから

廃車が買取価格が付いてお得な理由の3つ目は、廃車を中古車として販売する事が出来るからです。
元の所有者は、もう乗れないと思って廃車にした車でも、故障箇所や古い部品を変えて整備する事で、まだ乗り続けられる車として使える場合があります。

中古車として売却出来れば、その分利益が戻ってきます。
もし、日本で買い手が付かなくても、海外でその車を販売する事も出来ます。

海外では、新車登録から20年、走行距離が20万キロの車でも乗り続けている人が少なくありません。
日本では、年式10年ほどで買い替える方が多いと言えます。

しかし、日本の車は海外では、まだまだ乗る事が出来る質の良い車です。
また、トヨタを始め、日本の車は質が高くて海外でも人気ですので、需要も十分あります。

このように、素材やパーツ、中古車として廃車を販売して儲けが得られます。
そのため、廃車に買取価格を付けて買い取ってもらう事が出来るのです。

車を買い替える前に!廃車買取で高く売る方法

車を買い替える前に廃車買取で高く売る方法

廃車は買取業者で売るのがお得であるという事を説明してきました。
買取価格が付いて、いくらかキャッシュバックがあるだけでもお得です。

ただ、せっかくなので、少しでも高く買取価格がついたら嬉しいですよね。
実は、廃車買取で高く売る方法がいくつかあります。

これからご紹介する方法を使って、廃車を少しでも高く売って次の車の買い替え費用にしましょう。

廃車買取が高くなる時期

廃車買取で高くなる時期ですが、おすすめの時期は5~7月頃です。
この時期に買取業車に持ち込むと、査定価格が高くなりやすい傾向があります。

この理由には、自動車税が関係してきます。
自動車税は、毎年4月1日時点での車の所有者に課せられる税金です。

そのため、年末12月~3月頃に駆け込みで廃車や買い替えをする人が多くなり、それによって廃車の買取価格も低くなってしまいます。
それに対して、5~7月の頃は駆け込みで廃車買取業者に持ち込む人も少なくなるため、買取価格が高くなりやすい事があるのです。

廃車買取業者に直接持ち込む

廃車買取業者に自分で車を持ち込むと、その分が査定価格に反映されて買取価格が高くなる可能性があります。
廃車は業者に依頼すれば無料で引き取ってくれる会社も多いため、必ず持ち込む必要はありません。

ですが、自分達で業者に直接持ち込む事で、業者側が負担するはずだった陸送費分が浮きます。
その分が査定価格に加われば、高く買い取ってもらえる事も期待出来ます。

廃車買取査定を複数業者に依頼する

廃車を買取査定に出す際は、複数の廃車買取業者に査定を依頼して査定額を比較しましょう。
複数業者の査定額を比較して、最も高い金額を提示した業者にお願いすれば、買い替えの際に損をする心配も少なくなります。

複数業者に査定依頼をするのは少々手間が掛かりますが、1社のみの最低額では相場も分かりません。
知らない内に損をする可能性もあるので、少しでも買取価格を高くするためにも挑戦してみてください。

ただ、一括査定サイトを利用して複数業社に査定依頼をすると、業者からのしつこい営業電話が掛かってくる恐れがあります。
一括査定をする場合は十分に気を付けましょう。

買い替え時に廃車買取業者に依頼する際の注意点

買い替え時に廃車買取業者に依頼する際の注意点

車の買い替えで、廃車を廃車買取業者に依頼する時には、いくつか注意した方が良い点があります。
まず、廃車買取業者に車を持ち込んだ時に、永久抹消登録をするか一時抹消登録をするかをハッキリと業者に伝えてください。

解体を希望して廃車買取業者に依頼しても、実際には一時抹消しかされず、中古車として再販されてしまう可能性があるからです。
「廃車にして欲しい」という事だけでは、一時抹消でも後々文句は言えません。

もし自分の車を解体して欲しい場合には、必ず「永久抹消登録をしたい」と伝え、解体後に業者から「解体証明書」を受け取るようにしましょう。
また、まだ中古車としての価値がある事を分かっていながら、廃車手続きの代行は無料だからとタダのような値段買い取る業者もいます。

そして、一時抹消後に再販して利益を得るのです。
再販出来るのなら査定額はもっと上げられるはずですし、一時抹消では重量税の還付金が返ってきません。

中には、中古車として再販できる事をしっかりと伝え、重量税の還付金額を計算し査定額に上乗せしてくれる業者もいます。
どのような廃車手続きが行われるのか、還付金はどうなるのかなど、契約前にしっかりと確認する事が重要です。

また、廃車後には念のために、きちんと廃車になっているかを自分で確認をする事をおすすめします。
確認方法は下記に詳細の記載がありますので、参考にしてください。

他にも、買取業者に依頼する時の注意点があるのでご紹介します。

査定時に車の詳細をしっかり伝える

廃車買取業者に車の査定を依頼する時は、車検証を準備し、出来る限り詳細を伝えるようにしてください。
車に関する正確な情報があれば、その分買取価格が高くなります。

よく聞かれる情報は、「車種」・「年式」・「車検満了日」・「走行の可否」・「外装・内装の状態」・「走行距離」です。
これらの内容は、すぐに応えられるようにしておいた方が査定もしやすくなります。

車検証も査定をする上で非常に重要な資料ですので、必ず業者に内容確認をしてもらいましょう。

還付金を確認する

車を廃車業者に買取してもらった場合、買取価格が受け取れる他に、自動車税等の還付が受けられる場合もあります。
還付金が受け取れる可能性があるのは、以下の税金や保険です。

  • 自動車税(ただし、軽自動車の場合は還付なし)
  • 重量税(解体を伴う廃車手続きの場合のみ)
  • 自賠責保険(保険会社への申請手続きが必要)

これらは、廃車時に残存期間がある場合に還付金として返してもらえます。
これらの還付金は、元の車の所有者が受け取るものです。

しかし、業者の中には、還付金を自分たちの利益としてしまう業者も存在します。
還付金制度について知らない人だと、業者もそれを良い事に黙ったまま還付金を自分たちが受け取る事もあるのです。

買い替えに伴い買取業者に廃車の依頼をする時は、還付金制度についても確認をとってきちんと受け取れるように予防線を張っておきましょう。

車の買い替え時の廃車まとめ

車の買い替え時の廃車まとめ

車を買い替える時の車の処分方法、廃車買取価格を高くする方法などについて紹介してきました。
廃車にするかどうかの基準は様々です。

  • 年式や走行距離
  • 修理費と自動車保険のバランス
  • 車検の時期
  • 他に欲しい車がある

車の買い替え時に、下取りに出すか廃車にするかで悩んでいるなら、廃車にする事をおすすめします。
先ほどもご紹介したように、下取りに出すよりも廃車買取業社に査定してもらう方がお得な場合が多くあります。

下取りしてもらった場合の査定額も気になる方は、下取り査定を先にするのも手でしょう。
そこで納得のいく査定額であれば下取りに出し、もっと高く買い取ってもらいたい場合は、廃車買取業者に査定依頼をすると良いのです。

賢く車を買い替えたいなら、廃車買取業車に頼んでみるなど、様々な手段を使って最もお得な方法を探してみましょう。
ただし、廃車買取業者に依頼する際にはいくつかの注意点もあります。

還付金の取り扱いや廃車の確認などには気を付けましょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。