車を売る際に下取りは損する?おすすめ出来ない人の特徴

車の下取り

新車を購入する際に、ディーラーで下取りをする事は珍しくありません。
正規ディーラーで営業マンにしっかりと接客をしてもらいながら、次の車に夢を膨らませるのは嬉しいものです。

しかし、「下取りは損をする」というお話を耳にした事がある方もいる事でしょう。
それは本当なのでしょうか。

そこで今回は、車の下取りは損をするのかについて、その理由も合わせて解説したいと思います。
オススメ出来ない人の特徴についても触れますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。

車の下取りと買取りの違い

下取りの他に車を売る手段としては、買取りという方法があります。
下取りが、新車を購入してもらうためのサービスであるのに対し、買取った車を転売する事で利益を得ているのが「買取」です。

それぞれ、どんな特徴や違いがあるのかを見ていきましょう。

車の下取り

下取りとは、車を買い換える際にそれまで乗っていた車を次の車を買う店に売却する事です。
新たな車への乗り換えが前提ですから、欲しい車が売っているディーラーで行う事になるでしょう。

メリット・デメリット

メリット・デメリットはあるのでしょうか。

メリット

車の下取りのメリットは、売却から購入までの工程を一つの店舗でスムーズに完了できる事です。
面倒な交渉や営業などがほとんど無く、査定金額も比較的すぐに教えてくれます。

新車の値引きの代わりに下取り価格を引き上げてくれる事もがあるのです。
また、車の購入や売却に必要な複数の手続きを代行してもらえるという点も大きなメリットでしょう。

デメリット

デメリットは、買取りよりも金額が安い傾向にある事や、下取りで得たお金は自動的に次の車の支払いに充てられるという事。
売却費用を自由に使いたいという人には、オススメ出来ません。

向いている人・向いてない人

車の下取りが、向いている人・向いてない人とは、どのようなケースなのでしょうか。

下取りが向いている人 ・手間をかけずに車を売りたい
・そのディーラーで購入したい新車が既に決まっている
下取りが向いていない人 ・少しでも高値で売りたい
・出張査定に来て欲しい
・いくらで売れるか次第で新車の購入を検討したい

下取りが向いている人は、とにかく面倒な手間を掛けずに車を売りたい人です。
また、欲しい新車が既に決まっていて、そのディーラーで購入する意志が固まっている場合にも下取りはオススメと言えます。

下取りが向いていない人は、「高値」を最優先する人です。
とにかく愛車を高く売りたいという場合、ディーラーよりも買取の方が良いでしょう。

また、車を査定に持っていく時間がないため、出張査定に来てほしいという人にも向いていません。
ディーラーではほとんどの場合、出張査定は行っていないからです。

愛車がいくらで売れるかによって新車の購入を検討したいという場合も、下取りは向いているとは言えません。

車の買取り

買取りとは、単純に業者に車を売却する事です。
新車を買わなくても利用が可能ですから、「とりあえず今の金額はどれ位かな?」という時にも査定を依頼する事が出来ます。

買取りには専門店があり、大手を始めCMでも目にした事がある業者が多数存在します。

メリット・デメリット

メリットやデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

メリット

買取りのメリットは、比較的に高値で売れるという事。
他社と比較ができ、最も高値で買い取ってくれる会社を選択できる点です。

また、買取で得たお金の使い道は自由ですから、内訳を決めて効率的に使う事も出来ます。

デメリット

デメリットは、買取り価格をなかなか教えてくれない事が多い点です。
他社との競争が激しい買取では、「いくらぐらいです」「今決めてくれるのならお教えします」などと言われる事が多いでしょう。

さらに、車を「売りたい」ディーラーとは対照的に、「買い取りたい」買取業者は、営業がしつこい傾向にあります。
そのため、実際にディーラーに比べてトラブルが多いのです。

向いている人・向いてない人

車の買取りが、向いている人・向いてない人とは、どのようなケースなのでしょうか。

向いている人 ・少しでも高く売りたい
向いてない人 ・自分のペースで比較して業者を選びたい
・面倒な交渉やトラブルは避けたい

買取の最大のポイントと言えるのが、ディーラーよりも高値で売れる可能性が高い事。
ですから、少しでも高く愛車を売りたいという人に向いています。

向いていない人は、面倒な交渉やしつこい営業、トラブル等を避けたい人です。
営業マンに推されるのではなく、自分のペースで考えたいという人にも買取は向いていません。

車の下取りの相場価格

車の下取りの相場価格

車の下取りと買取の違いは理解して頂けたのではないかと思います。
では、ここからは下取りの価格について掘り下げていきましょう。

下取りの相場価格は、各ディーラーによって異なります。
査定基準はもちろん、車の状態やメーカー、ブランドによっても差が出るため、一概にいくらとは言い切れないのです。

ただし、自社ブランドは比較的高めの値がつく傾向にあります。
メーカーとしては、「自社の車は、年月が経っても価値が他社製品より下がりませんよ」という事を伝えたいからです。

下取りの査定基準

下取りの査定基準も、一般的にはお店によって異なります。
しかし、ディーラーではよくJAAI(日本中古自動車査定協会)が出版している「イエローブック」という本が参考にされているようです。

このイエローブックの査定基準価格に基づいて、傷や凹み、走行距離や故障などを踏まえて下取り価格が決められます。
また、下取りは新車購入の際のサービスですから、営業マンによっても多少金額が異なる場合があります。

車の買取専門店

車の買取専門店とは、正に車を買い取る事を目的とした業者です。
買取った車をオークションなどに転売して利益を得る事で運営しています。

買取専門店にとっては、出来るだけ車を「買い取りたい」のです。
買取専門店の相場価格もお店によって異なります。

しかし、他社との競争も激しく少しでも台数を買い取りたい事から、ディーラーの下取よりも高値が付く傾向にあります。
ですから、単に車を高く売りたい場合には、買取専門店はオススメなのです。

相場を知るためには、3社から5社程度の買取業者に査定依頼をして比較する事で分かります。
一括査定を利用するのも、相場を簡単に知る事が出来る手段のひとつです。

ただし、一括査定はしつこい営業がある運営会社も多いので、どこでも依頼して良いというわけではありません。

車の下取り価格を高くする方法やポイント

車の下取り価格を高くする方法やポイント

下取りや買取の違い、メリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、やっぱり愛車は出来るだけ高く売りたいと思いますよね。
そこで、車の下取り価格を高くする方法やポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

複数社との比較

下取り価格を高くするポイントの一つが、複数社との比較です。
始めから1社に決めるのではなく、複数の業者から見積りを取りましょう。

そうする事で、価格競争が生まれ査定額が高くなる可能性があるのです。
また、営業マンの対応なども比較できますから、より優良な業者が分かるでしょう。

車の状態に合わせて下取りか買取りか決める

車の状態によって、下取りか買取かどちらがメリットがあるのかは違ってきます。
愛車の状態合わせてどちらかを決めるのが、下取り価格を上げるポイントです。

比較的状態の良い車や、人気の装備を搭載している場合には、ディーラーよりも買取専門店がオススメ。
先程もお伝えしたように、買取専門店はそもそもディーラーよりも査定額が高いのです。

また、人気の装備などについても、1つ1つ査定額に反映してくれる傾向にあります。
傷や凹み、事故や走行距離など車の状態が悪い場合には、ディーラーや買取専門店では値段が付かない事も珍しくありません。

その場合には、廃車買取(解体)業者なら、例え1万円でも値が付く事は多いのです。
車の状態が良く、新車の値引き額交渉が出来る程度であれば、ディーラーでの下取りも悪くありません。

愛車の状態に合わせて、より利益が見込める方法を選びましょう。

買取なら一括査定がおすすめ

先ほどもお話ししたように、買取なら一括査定がオススメです。
価格競争に繋げる事で、査定金額は高くなります。

また、一括査定なら金額を教えてくれない、家まで営業マンが押し掛けるなどのトラブルもありません。
中には、個人情報を業者に教えずに、査定や連絡などのやりとりを全て代行してくれる会社もあります。

より高値が付く、簡単に相見積りが取れるという点で、一括査定は非常にオススメです。
ただし、先ほども記載した通り、一括査定は複数あり、運営会社によってはしつこい営業がある所も多々あります。

当サイトでは、しつこい営業が一切ない「ユーカーパック」をおすすめしています。
2,000社以上の買取業者に匿名で公開入札させる事で、一番高い所に売却する事が出来ます。

匿名なので買取業者に情報が洩れるという事もないため、「ユーカーパック」の連絡のみでしつこい営業もないというわけです。

車の下取りの手続き方法・注意点は?

車の下取りの手続き方法・注意点

車の下取りをしたいと思っても、方法などが分からない事も多いでしょう。
ここからは、下取りの手続き方法や注意点などについて、解説したいと思います。

消費税

車を下取りに出して売却する際に、消費税は発生するのでしょうか。
結論としては、消費税は発生しません。

ですから、愛車を売却したからと言って、消費税を国に納める必要はないのです。

必要書類

車の下取り時に必要書類について、まとめてみました。

自分で用意するもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自動車リサイクル券の預託証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

車検証と印鑑証明の住所が異なる場合には、住民票や戸籍の附表が必要です。

ディーラーが用意してくれるもの

  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 自賠責保険承認請求書
  • 自動車税の過誤納金の還付請求権譲渡証

このように、ディーラーでの下取りでは面倒な書類を用意してくれる他、実印を押せば手続きも代行してくれます。

自動車税の還付

毎年、4月1日の時点での自動車の所有者に対して課せられるのが「自動車税」です。
この自動車税は、年度の途中で車が廃車になった場合、残りの期間分を還付してもらえます。

ただし、車を乗り換える際には、自動車税の還付は無いので注意をしましょう。
自動車税の還付は、「廃車」かどうかが重要なポイントです。

ディーラーに下取りに出し、実際には手元に車は無くなったとしても、名義を変えるだけなので還付はされません。

リサイクル預託金

下取りの際に、必要な書類を紛失してしまうというケースは珍しくありません。
車検証ケースに入れて保管しておいたと思っても、何かの拍子に失くしてしまう事もあるでしょう。

車検証や自賠責保険証などを紛失した場合には、陸運局や保険会社に足を運んだり連絡するなど手間が掛かります。
しかし、リサイクル預託金の証明書は、紛失してもほとんど問題はありません。

預託が済んでいれば、業者がその場で証明書を印刷する事が出来るのです。
ですから、必要な書類がない!と分かったら、なるべく早めにディーラーに連絡を入れましょう。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。

車の下取りのまとめ

車の下取りのまとめ

車を売る際には、下取りと買取の2つの方法があります。
次の車を購入する際に、今ある車をディーラーに買い取ってもらい、支払いに充てるのが「下取り」です。

車の買取や転売を専門としている買取専門業者に比べ、下取りは査定額が低いので損だと言われています。
確かに査定金額は低めですが、下取りにはディーラーならではのメリットもあります。

売却までの流れがスムーズに行われ、余計なセールスや交渉もありません。
面倒な事を避け、スムーズに車を売りたいという人に下取りはオススメです。

しかし、とにかく高く売りたいという人には、向いていません。
高値を希望する人は、買取専門業者の一括査定などを利用する事で価格競争が生まれ、より高値で愛車を売る事が出来るでしょう。

ページの先頭へ