廃車するよりも売る方がお得?買取相場を引き上げる方法

廃車を売る

走行距離が10万キロを超えた物や、事故などでボロボロになった車。
今までは自ら陸運局や解体業者に出向き、廃車手続きを行う事が普通でした。

しかし、近年では廃車手続きよりも、車を業者に売る人が多くなっています。
何故なら、ディーラーでは値段が付けられないような車でも、高く売る方法が増えたからです。

この記事では、廃車を売る方法や買取相場を引き上げるお得な方法についてご紹介をします。
廃車手続きを考えている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

廃車するよりも売るのがお得な理由は?

「もう乗れないし、中古車としても売れない」
そんな車でも、廃車手続きを行うより業者に売る方がお得です。

廃車業者や中古車買取店に売る方が、手間や費用を抑える事が出来るからです。
下記では、個人で行う廃車手続きの流れなどをご紹介します。

業者とどのように違うのかなどをイメージしながら見てみましょう。

廃車には費用と時間が掛かる

まず、廃車手続きを個人で行う場合は、大きく2つの手続きが必要になります。

陸運局での廃車手続き

・抹消手続きの書類作成、ナンバーの返還、税事務所への抹消登録申告などの手続きが必要
・永久抹消登録は手数料無料だが、一時抹消登録は手数料350円の費用が掛かる

解体業者への廃車依頼

  • レッカー・持ち込み等で業者に廃車を引き渡す
  • 車種や地域によって以下の費用が発生する
スクラップ代:10,000~30,000円
レッカー代:10,000~25,000円
リサイクル代:10,000~30,000円

陸運局は平日のみの受付なので、多くの人は休みを取って出向かなければなりません。
そこまで苦労をしても、最終的には車の解体費用が掛かります。

これは、個人で廃車手続きを行う上での最大のデメリットと言えるでしょう。
それであれば、業者に車を売る方がお得だと言えるのです。

業者に売れば費用と時間が掛からない

先述したように、個人で廃車手続きを行うには大きく2つの手続きを行う必要があります。
これらの手間を省くためには、廃車を業者に売る方法がおすすめなのです。

いわゆる「買取業者」や「廃車業者」は、陸運局で行う面倒な手続きを代行してくれています。
必要書類と車を渡すだけで、ナンバーの返却などを全て業者が行ってくれるのです。

そのため、わざわざ平日に陸運局に行く必要がありません。
さらに、廃車業者ではディーラーで値段が付かないようなボロボロな車でも買取をしてくれます。

費用と時間が掛からない、さらに買取でお金が貰えるとなれば、とてもお得に車を処分できる事でしょう。
これらのメリットとデメリットから、近年は業者に廃車を売る人が増えているのです。

廃車寸前の車も売る事ができる理由

廃車寸前の車も売る事ができる理由

車を売る場合、ディーラーや中古車販売店に査定を依頼する方は多い事でしょう。
ただ、不動車や事故車、走行距離が10万キロ以上を超えた車などは価値が付けられず、逆に解体費用などを請求されてしまうケースが多々あります。

解体費用などは決して安くはない金額なので、出来れば「費用を抑えて廃車手続きをしたい」と考えている方は多いと思います。
実は、廃車寸前のボロボロの車でも高く売る事は可能です。

下記では、なぜ廃車が高く売れるのかについて解説をします。
廃車手続きを行う前に、少しでも高く車を売る方法を確認しておきましょう。

海外ではまだまだ価値がある

海外では「日本車は壊れにくく、安全性が高い車だ」と言われており、非常に人気があります。
日本では廃車扱いをされるボコボコの車や、走行距離が20万キロを超えている車でも、海外ではまだまだ利用価値があるのです。

そのため、日本では中古車として買取できない車でも、輸出用として買取してもらえる可能性が十分にあります。
特に、大人数が乗れるハイエースやランドクルーザーなどは海外での人気が高いため、輸出用として高く売る事が出来るでしょう。

ただし、この場合は廃車業者よりも中古車買取業者の方が高く売れる可能性があります。
両方の業者から見積もりを取り、高く売れる業者を選ぶ様にしましょう。

付属品や部品に価値がある

走行距離が10万キロ以上でも、ボディーが凹んでいても、廃車寸前の車は全ての部品が壊れている訳ではありません。
カーナビなどの付属品、エンジンやホイール、バンパーなどの部品には、まだ利用価値がある物が沢山あるのです。

買取された廃車は付属品や部品ごとに分けられ、国内で同車種の修理に利用されています。
その他、海外で使われている日本車の修理にも利用可能なので、業者間で部品だけの取引が行われています。

廃車業者は、スクラップする車の部品や付属品を他業者に売る事で利益を出しています。
このため、仕入れとなる廃車買取は積極的に行われ、ボロボロの車でも高く売る事が可能なのです。

鉄などの素材に価値がある

車は、アルミや鉄などの金属素材が大量に使われています。

・軽自動車:約1トン
・普通車(コンパクト・セダン):1~1.5トン
・大型車(ミニバン・SUV):約2トン

どれだけ廃車寸前のボロボロの車でも、素材としての価値があるのです。
車の解体時は、鉄スクラップ、非鉄、雑品などに分類してそれぞれ売却されます。

中でも、鉄は車体に一番多く使われており、最も高く売る事が出来る部品です。
鉄スクラップの買取相場によって金額は変動しますが、時期を見極めれば高く売る事が出来るでしょう。

鉄スクラップの買取相場は、地域によっても変わります。
鉄鋼新聞ではリアルタイムの相場が確認できるので、少しでも高く廃車を売りたい方はチェックしてみると良いでしょう。

鉄鋼新聞:http://www.japanmetaldaily.com/market/details/

廃車を高く売る方法

廃車を高く売る方法

ディーラーや中古車買取店では値段が付けられないような車でも、方法次第では高く売る事が可能です。
廃車を高く売る方法は2つあり、それぞれ買取相場を上げるポイントとなる点があります。

下記では、廃車を高く売る方法と買取相場を上げる方法についてご紹介をしていきます。
どの様な方法があるのかを早速みてみましょう。

専門業者に依頼

専門業者とは、いわゆる「廃車買取業者」の事を指します。
まだ走れる車に価値を付けるディーラーや通常の中古車買取店とは違い、利用出来る部品に価値を付けるのが廃車業者の特徴です。

そのため、不動車や水没車、事故車などの動かない車でも高く買い取る事が出来ます。
廃車手続きなども一貫して行ってくれるので、陸運局に出向く手間などが掛かりません。

このような専門業者に車を売る場合、車を直接業者に持ち込みをする事でより高く売る事が出来ます。
レッカー代や人件費が掛からないので、廃車の買取相場を3,000~5,000円程上げる事が出来るのです。

とは言え、帰りは公共交通機関を利用する事になります。
交通費なども含めて考慮し、一番お得になる方法を選びましょう。

また、地元に密着した廃車業者の中には、レッカー代が無料な場合もあります。
持ち込みで査定額が上がるのかなどを一度電話で問い合わせておきましょう。

一括査定を利用

ディーラーでは価値が付かなかったボロボロの車でも、一括査定サイトを利用すれば高く売れる可能性があります。
と言うのも、一括査定サイトには「中古車買取業者」と「廃車買取業者」の両方が提携しているサイトがあるからです。

走行距離や年式に価値が付かなくとも、上記の業者から見積もりを取れば廃車を高く売る事が出来ます。
一括査定はネットから簡単に申し込むだけなので、わざわざ業者に自分から連絡をする必要がありません。

無料の出張査定を受け、査定額を比較して一番高い金額提示をしてくれた業者に車を売りましょう。
ただし、一括査定サイトは「しつこい電話が掛かって来る」などのトラブルが相次いでいます。

個人情報の漏洩が心配な方やしつこい電話がイヤな方は、業者からの電話が掛かって来ない一括査定サイトを選ぶと良いでしょう。

廃車を売る際の注意点

廃車を売る際の注意点

面倒な手続きを代わりに行い、価値の付かなかった車に新たな価値を見出してくれる廃車業者。
不動車・事故車・水没車、どんな状態の車でも売る事が出来ます。

そんな便利な廃車業者ですが、車を売る際にはいくつかの注意点があります。
これを知っておかないと、「実は損していた!」という事もあるのです。

下記では、廃車を売る際の注意点についてご紹介をします。
少しでも車を高く売るために、以下の事をチェックしておきましょう。

税金・保険の還付

廃車手続きを行うと、対象となる3つの税金や保険料を払い戻しする事が出来ます。

自動車税

4月を基準に乗らない期間を月割り計算して還付

重量税

廃車手続きの翌月から、車検の残り有効期間までを計算して還付

自賠責保険

自賠責解約日から、残りの契約期間を月割り計算して返金

個人で廃車手続きを行った場合、これら還付金は自身の通帳に入金されます。
ただし、専門業者(廃車業者・買取業者)で車を売った場合、これらの還付金は業者に入金されます。

業者はこれら還付金を上乗せした金額で買取を行います。
しかし、中にはこれら還付金を横領して利益を得ている業者もいます。

廃車を売る時は「これらの還付金が含まれてこの買取額だ」という認識が大切なのです。

1.税金・保険料の還付金
2.部品としての価値
3.鉄など素材としての価値

金額提示された場合、これら3つの内訳がどのようになっているのかを聞いた方がよいでしょう。
万が一、言葉を濁すような対応を取った業者がいた場合、見切りをつけて他の業者に見積もりを取った方が高く売れる可能性があるのです。

契約をしてしまった後の場合、違約金が掛かる所が多くあります。
そのため、契約前に確認をしておくようにしましょう。

廃車手続きがしっかりと行われているかを確認

業者に車を売った後は、しっかりと廃車手続きが行われているかを確認しましょう。
と言うのも、廃車業者に依頼しても、以下のトラブルが数多くあるからです。

・数か月前に廃車業者に売ったはずの自動車税納付書が届いた
・スクラップされていると思っていたら、中古車として海外に転売されていた
・業者が数か月放置しており、その分の税金などが還付できなかった

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、廃車手続きが行われたかを「自動車リサイクルシステム」で検索してみましょう。
自動車リサイクルシステム:http://www4.jars.gr.jp/VWeb/VDIS0010.do

1.車両区分:登録自動車・軽自動車
2.車台番号
3.登録番号or車両番号orリサイクル券番号

これら3つの情報を入力すると、現在の車両の状況を確認する事が出来ます。
基本的には、業者に売ってから1か月程度でスクラップが完了するので、定期的に確認してみて下さい。

また、スクラップが完了した時は「抹消登録証明書」が送られてきます。
業者に売ってからしばらくしても届かない場合は、一度業者に問い合わせをした方が良いでしょう。

廃車を売る方法のまとめ

廃車を売る方法のまとめ

「古くてもう動かない」「事故車で修理も出来ない」「中古車としての価値が無かった」
どれだけボディーが凹んでいても、走行距離が10万キロを超えていても、部品や鉄としての利用価値がまだまだあります。

「中古買取店で0円と言われた廃車が、50,000円で売れた!」など、買取業者を変えただけで査定金額がグンと変わるケースが数多くあるのです。
お金を掛けて廃車手続きを行う前に、一括査定サイトや専門業やを利用して廃車を高く売りましょう。

一括査定サイトには、しつこい電話が一切ないサイトもあります。
1回の査定で全国の買取業者からオファーを受ける事ができ、気に入った金額で車を売る事が出来ます。

面倒な手続きも代行してくれるので、ぜひ検討してみて下さい。
今回ご紹介した買取相場を上げる方法を駆使して、廃車を少しでも高く売れるようにしてみましょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

ページの先頭へ