廃車の確認

不要になった車を売却して、廃車にしてもらう事があります。
しかし、本当にされているのかとふと疑問に思う事があるでしょう。

実は、廃車になったと思っていても、実際にはされていないというケースもあるのです。
それによって、様々なトラブルになる事もありますので、廃車の確認は必須と言えます。

そこで今回は、車がきちんと廃車になっているかどうかを確認する方法を解説していきます。
様々なトラブルを防ぐためにも確認は必須なのです。

自分の自動車が廃車になっているか確認する方法

廃車とは、単に車をスクラップにしてバラバラに解体するという事ではありません。
一時抹消登録、永久抹消登録などを行い、車の戸籍である車籍を抹消しなければ廃車とはならないのです。

ですから、廃車になっているかというのは、適切な方法で調べなければ分かりません。
再度使用する可能性がある車は、一時抹消登録という廃車手続きがしてありますから車はまだ存在します。

もう二度と使用しない車はスクラップされ、永久抹消登録が行われているはずです。
自分の所有していた自動車がしっかりと廃車になっているかどうかは、車検証やリサイクル券に記載されている情報があれば自分でも確認する事が出来ます。

確認方法については、この後に詳しく解説していきます。

解体業者に引き渡した場合は確認書類を必ずもらう

廃車寸前の車を解体業者に売却するケースがあります。
自分で廃車手続きを行うと多くの手間や費用が掛かりますが、業者に依頼をするとほとんどを無料で代行してくれますから非常に便利です。

しかし、業者に引き渡したからと言って、そこで安心しきってしまうのは少々危険でしょう。
廃車になっているものだと思っていても、実はされていなかったというケースもあるからです。

様々なトラブルを防ぐために、業者に依頼した場合でも、無事に解体手続き(抹消登録)が済んだのかどうかの確認書類をもらいましょう。

リサイクルシステムのホームページで廃車を確認

リサイクルシステムのホームページで廃車を確認

ご自身の売却した車が無事に廃車とになっているかどうかは、財団法人自動車リサイクル促進センターの「自動車リサイクルシステム」というウェブサイトで確認する事が出来ます。

あなたの車の処理状況

トップページの「自動車ユーザーの方」をクリックして、「あなたの車の処理状況は?」をクリックします。

使用済自動車処理状況検索

「使用済自動車処理状況検索」を押すと、入力フォームがありますので調べたい車の情報を入れていきます。

自動車リサイクルシステムの入力画面

車両区分、車台番号、登録番号/車両番号、リサイクル券番号(移動報告番号)を入力していきましょう。

車両区分は、軽自動車以外は登録自動車軽自動車にチェックをして下さい。
車台番号が英数字のみの場合は下4桁を入力、車台番号に漢字が利用されている場合は全桁を入力します。

登録番号/車両番号には、車両番号または引取証明書に記載のリサイクル券番号のどちらかを記入しましょう。
使用済自動車引取証明書のリサイクル券番号12桁を入力して、右下にある「検索」をクリックすれば現在の処理状況が表示されます。

車の引き取り日やフロン類回収、エアバックなどの解体や破砕工程など、それぞれの処理が行われたのかどうかの情報を確認する事が出来ます。
ご照会の使用済み自動車は、全ての処理を終えました」と赤字で表示されていれば、その車は廃車に関する工程が済んでいるという事なのです。

おおよそ1ヵ月程度でスクラップまで完了するので、定期的に確認しておく事をおすすめします。

廃車を確認するのに必要な確認資料

現在車が廃車になっているかどうかを確認するには、車台番号や移動報告番号(リサイクル券の番号)の入力が必要です。
以下のいずれかの確認資料を用意しましょう。

・使用済自動車引取証明書(リサイクル券のB券)
・抹消登録証明証
・自動車検査証返納証明書

通常、廃車手続きが完了すると、上記の証明書が発行されます。
使用済自動車引取証明書はリサイクル券のB券の事を指しますが、業者に売却をした場合も廃車が済んだら証明として必ず送付してもらいましょう。

陸運局に登録事項等証明書を請求して廃車を確認

陸運局に登録事項等証明書を請求して廃車を確認

番号が合わない、分からない場合などは、インターネットでの廃車確認が出来ない事もあるでしょう。
その際には、登録事項等証明書を請求すれば確認する事が出来ます。

しかし、申請は基本的に陸運支局まで出向いて発行してもらいます。
陸運局の窓口や自動車検査登録事務所で販売されており、現在証明と詳細証明があります。

現在の車の状況を知りたいだけなら現在証明で問題ありませんので、費用も350円ほどです(詳細証明は1,000円)。
ちなみに、登録事項等証明書は誰でも請求が出来ます。

車台番号の確認が必要

登録事項等証明書の請求や作成には、車台番号やナンバープレートの番号が必要です。
ただし、ナンバープレートの番号が分からない場合は、車台番号が全桁分かれば問題はありません。

車台番号は車検証や、車本体のボディに直接打ち込んであります。
車に関する様々な手続きや確認の際に必要となる番号です。

ですから、出来れば業者に引き渡す前に、しっかりと控えておく事をおすすめします。

廃車の確認のまとめ

廃車の確認のまとめ

車を廃車にする際に、業者に売却したり、高く買ってくれる知人に個人的に売ったりする事は珍しくありません。
廃車に掛かる手間や費用が削減できますし、値が付いて利益が出る場合もあるでしょう。

しかし、廃車にされたと思っていた車が、実際にはきちんと手続きがされていなかったというケースもあります。
それによってある日突然、自動車税や重量税の請求や督促状が届くなどのトラブルも少なくありません。

また、名義変更がされないまま他人が使用していたり、車検が切れて放置され警察から連絡が来たというトラブルもあるようです。
このようなトラブルを防ぐためにも、廃車の確認は必須と言えます。

また、信頼出来る業者に依頼するという事も重要なポイントなのです。
当サイトがおすすめしている一括査定に登録されている廃車業者であれば、確実に手続きを行ってくれます。

手続き完了後の確認書類の送付もしっかりと行っていますから、安心して廃車を任せる事が出来るでしょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

最大2,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大2,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化/li>
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大2,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもオススメが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。