廃車をする際の自賠責

車を廃車にする際には、自動車税や重量税など様々な還付金を受け取る事が出来ます。
中でも今回は、廃車の自賠責について詳しく解説したいと思います。

手続き方法や注意点、返戻金はどの位の金額なのかなど、気になる疑問について掘り下げていきますので、参考にして下さい。

自賠責保険は廃車にすると返金される?

自賠責保険は、交通事故の際に被害者を救済するための強制保険です。
人ではなく車に掛かっていますから、例え譲渡や売却をしても、その車が存在する(公道を走れる)限り解約は出来ません。

ただし、車を廃車にした時にのみ解約する事が可能です。
自賠責保険は通常、車検の際にその期間に合わせて2~3年分をまとめて支払っています。

解約をする際に契約期間が1ヶ月以上残っている場合には、払い過ぎた残りの期間分の保険料を返金してもらえるのです。

廃車である事を証明する

廃車とは、単に車をバラバラに解体してスクラップする事ではありません。
必要な手続きを踏んで、車の戸籍である車籍の抹消登録をすると廃車となるのです。

自賠責保険の還付金を受け取るには、車が現在廃車である事を証明する必要があります。
ですから、廃車手続きと自賠責の還付手続きは同時には行えないのです。

業者に廃車手続きを依頼した場合は、完了の分かる資料が手元に届きます。
資料がなく、廃車状況が分からない場合は、「リサイクルシステム」というウェブサイトで確認する事も出来ます。
http://www4.jars.gr.jp/VWeb/VDIS0010.do

車検証を参考に、「車両区分」「車台番号」などを入力すると、車の処理状況が分かります。
無事に廃車になっていたら、後程解説する交付場所にて廃車にした事を証明する書類を発行してもらい、保険会社に提出しましょう。

自賠責保険の還付についての注意点

自賠責の還付は、自動車税や重量税のように廃車の手続きとセットにはなっていません。
廃車にすれば自動的に返金されるというものではないのです。

自賠責保険の還付を受けるには、自分で保険会社の窓口へ行き、解約手続きを行わなくてはなりませんので注意をしましょう。
また、還付金額の計算は月単位で行われます。

日割り計算などがありませんから、手続きが次の月にギリギリ持ち越してしまうのは勿体ないのです。
ですから、解約手続きの日付には注意をしましょう。

残りの契約期間の計算方法

残りの契約期間=自賠責保険契約の満了日-解約日(保険会社が受理した日)
※解約日に関しては端数切捨てなので、2ヵ月15日の場合は2ヵ月で計算

廃車の専門業者に依頼する場合、手続きまでに1週間から2週間程の時間を要する場合があります。
そのため、月末のギリギリに専門業者に依頼をすると、自賠責の解約日が翌月計算になる可能性もありますので注意しましょう。

廃車時の自賠責の還付手続き方法

廃車時の自賠責の還付手続き方法

廃車時の自賠責の還付手続きは、加入している保険会社の窓口で行います。
必要な書類を提出し、保険を解約してください。

自賠責の解約手続きについて、必要書類や方法など詳しく見ていきましょう。

解約に必要な書類

自賠責保険の解約に必要な基本的な書類は、以下の通りです。

・自賠責保険証明書
・契約者の身分証明書
・認印(シャチハタ以外)
・振込み口座が分かる物(返戻金がある場合)
・自動車を廃車にした事を証明する書類

廃車にした事を証明する書類は、車や廃車の種類によって異なります。

種類 必要書類 交付場所
普通自動車:永久抹消 登録事項証明書 運輸支局または自動車検査登録事務所
普通自動車:一時抹消 一時抹消登録証明書 運輸支局または自動車検査登録事務所
軽自動車 自動車検査証返納証明書 軽自動車検査協会または全国軽自動車協会連合会

これらの書類や印鑑を揃えて、ご加入の保険会社に提出しましょう。

自賠責の還付金はいつ受け取れるの?

自賠責保険の還付金はいつ受け取れるのか、気になりますよね。
一般的に、解約手続きが完了してから早いと1週間、遅くて2週間ほどで還付金が指定の口座に振り込まれるようです。

簡単に、10日前後と覚えておくと良いでしょう。
ただし、加入している保険会社や手続きの状況によっても異なります。

書類に不足や記載ミスなどがあった場合には、時間が掛かる事もあるでしょう。
詳しくは、保険会社の担当のスタッフに聞いてみましょう。

どれくらいの金額が返金されるのか

廃車の際に自賠責保険の期間が残っていたら、いくら返金されるのか気になる所です。
自賠責保険の還付金は、廃車手続きを行った日ではなく、加入している保険会社に返金手続きの申請をした日からの月割りで計算されます。

どれくらいの金額が戻ってくるのかを見てみましょう。
24ヶ月契約の場合の自賠責保険が定める還付金の早見表(沖縄や離島は除く)です。

残期間 普通車の還付金 軽自動車の還付金
24ヶ月 23,220円 21,750円
23ヶ月 22,240円 20,840円
22ヶ月 21,270円 19,920円
21ヶ月 20,290円 19,010円
20ヶ月 19,310円 18,090円
19ヶ月 18,330円 17,180円
18ヶ月 17,360円 16,260円
17ヶ月 16,380円 16,380円
16ヶ月 15,400円 14,430円
15ヶ月 14,420円 13,520円
14ヶ月 13,450円 12,600円
13ヶ月 12,470円 11,690円
12ヶ月 11,490円 10,770円
11ヶ月 10,530円 9,870円
10ヶ月 9,580円 8,980円
9ヶ月 8,620円 8,080円
8ヶ月 7,660円 7,180円
7ヶ月 6,700円 6,280円
6ヶ月 5,750円 5,390円
5ヶ月 4,790円 4,490円
4ヶ月 3,830円 3,590円
3ヶ月 2,870円 2,690円
2ヶ月 1,920円 1,800円
1ヶ月 960円 900円

上記はあくまでも目安ですので、詳しくはご加入の保険会社に問い合わせてみて下さい。

廃車時に自賠責保険証明書を紛失した場合

廃車時に自賠責保険証明書を紛失した場合

廃車時に自賠責の還付について手続きをしようとした所、保険証明書が見当たらないという事は少なくないでしょう。
自賠責保険証明書を紛失してしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

まず、そもそも自賠責保険証明書を紛失した状態で自動車を運転するのは、道路交通法違反です。
すぐに加入している保険会社や代理店に連絡をしましょう。

もしもどこの保険会社で自賠責保険に入ったのかが分からない場合は、車を購入したお店に問い合わせてみてください。
保険会社で手続きを行えば、再発行が出来ます。

再発行手続きに必要な書類

・契約者の印鑑
・身分証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書再交付申請書(保険会社が用意)

上記の書類を保険会社に提出して、再発行を行います。
手続きが完了してから保険証明書が手元に届くまでには、約1週間ほど掛かります。

紛失したと気づいたら、早めに再発行の手続きを行いましょう。

廃車と自賠責保険のまとめ

廃車と自賠責保険のまとめ

車を廃車にする際には、自賠責保険の還付金があります。
自賠責は車検の期間に合わせて、2~3年分をまとめて支払っています。

廃車時に1ヶ月以上期間が残っている場合、残りの分の保険料が戻ってくるのです。
ただし、自賠責は自動車税などとは違い、廃車にしたら自動的に還付されるものではありません。

加入している保険会社で還付の手続きを行いましょう。
とは言え、必要な書類を揃えたり窓口まで提出に行ったりと、自賠責の還付手続きには手間が掛かります。

そこで、廃車の手続きを買い取り業者に依頼するのがおすすめ。
廃車に関わる手続きや車の運搬はもちろん、自賠責や重量税などの還付手続きも全て無料で代行してくれるのです。

信頼出来る業者なら、査定の際にそれぞれの還付金の内訳もしっかりと開示してくれますから、安心して任せる事が出来るでしょう。
逆に税金などの還付金についての明細がない業者に関しては、避けるようにしたい所です。

最大2,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大2,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化/li>
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大2,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもオススメが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。