車の修理か買い替えか

車を所有していると突然故障してしまったり、追突事故などで破損してしまったりなど、予想だにしない事態に遭遇する事もあります。
この時、車を修理に出すか、それとも買い替えるかで悩む方も多いのではないでしょうか。

  • 修理代が高い
  • 買い替えでローンを組むのが億劫
  • 他に気になる車がある

車の故障や事故は突然起こるため、予期しない出費で頭を悩ませてしまいますね。
上記のように、様々な理由や考えが湧いて出てくると思います。

では、実際の所、車の修理と買い替えはどちらがお得なのか、賢い選択・判断をするにはどうしたら良いのかこれからご紹介します。

車が故障した!修理に出すか買い替えるか?

突然車が故障して、修理に出すか買い替えるかしなければならない時、ほとんどの方は費用面の心配をされるでしょう。
出来ればあまりお金を掛けずに済む方法を取りたいですよね。

しかし、費用を節約して車を修理したり、格安の車を購入したりすると、また故障したりして却って損をする恐れもあります。
修理するか、買い替えるか、賢い選択をするためにも、それぞれのメリットとデメリットを考えてから決断する必要があるのです。

ここで、修理に出した場合と買い替えた場合のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。
どちらにするか悩んでいる方は、参考にしていただければと思います。

故障した車を修理に出した場合

故障した車を修理に出した場合

故障した車を乗り続けるために業者に修理を出した場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
それぞれ簡単に説明していきたいと思います。

メリット

故障した車を修理するする事によるメリットについて、いくつか考えられるものをご紹介します。

  • 買い替えるより修理費の方が安い
  • お気に入りの車を乗り続けられる
  • 修理箇所の他にも不調部分を直してくれて長く乗り続けられる
  • 修理費を車両保険でカバー出来る

上記のようなメリットが考えられます。
車を修理に出すか買い替えるかを考えた時に、修理するという選択肢で何よりも大きなメリットは、修理費が買い替えよりも安く済む点です。

車両保険については、車に付帯されていないと補償されません。
自分が加入している保険内容を確認しておくようにしましょう。

デメリット

車を修理に出した場合のデメリットには、以下のものが考えられます。

  • 修理箇所や車種によって、30万や50万など高い修理金額になる事がある
  • 古い車だと保険から修理費が出ない場合がある
  • 今回修理して後に買取を希望する場合、事故車扱いになって価値が落ちる
  • 車の損傷が多い場合、修理すると車体の歪みや塗装ムラが気になる

故障や事故で破損した時に最も不安なのは、修理してその後どのくらいその車を乗り続けられるかですよね。
せっかく修理したのに他の箇所が調子が悪くなって、結局買い替えなければならなくなる可能性もあります。

他の箇所については、修理に出した業者に一緒に点検してもらうなどして、心配事を減らすと良いかもしれません。

故障した車を買い替えた場合

故障した車を買い替えた場合

次に、故障した車を買い替える場合のメリット・デメリットをご紹介します。
先ほどご紹介した修理に出す場合のメリット・デメリットと比較しながら、買い替えの良い点・悪い点を見ていくとイメージしやすいでしょう。

メリット

では、買い替えの場合のメリットをご紹介します。

  • 新しい車や欲しかった車を購入して乗る事が出来る
  • 燃費が良い車や軽自動車に買い替える事で後々の維持費を節約出来る
  • 車を買い替える事で節税対策になる

上記のように、新しく車を買い替える場合にも多数のメリットがあります。
欲しかった車に乗り替えるのは、気持ち面もウキウキして楽しい事ではないでしょうか。

また、初期費用が掛かっても、維持費を節約できれば家計の手助けにもなります。
法人や個人事業主に関しては、経費として算出できるので納税額を押さえられるメリットも挙げられるのです。

故障を機に車を買い替えるのも1つの選択肢として良さそうですね。

デメリット

ただ、買い替えにもデメリットは存在します。
考えられるデメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 車の購入代金以外にも、税金や自賠責保険料、リサイクル料など費用が多く掛かる
  • 買い替える車の価格によっては毎月ローンで支払う必要がある
  • お気に入りの車がすぐ手に入るとは限らない
  • 品質の良くない車を選ぶ恐れもある

買い替えでの最も大きなデメリットは費用面です。
車そのもの値段はピンからキリまであります。

ご自分の予算を考えながら選べますが、必ずしも自分が欲しかった車を購入出来るとは限りません。
特に、中古車は買ったばかりなのに、すぐに壊れるなど品質があまり良くないものを掴まされる可能性も十分にあります。

また、税金や自賠責など車の購入代金以外にも掛かってくる費用が沢山あります。
車の購入代金以外にもどのくらいの費用が掛かるのかを考えた上で、買い替えという選択をする必要があるのです。

事故でぶつけられた車は修理か買い替えか

事故でぶつけられた車は修理か買い替えか

例えば、追突されて交通事故に巻き込まれて車が破損してしまった場合、破損箇所によっては車を修理に出すか買い替えるかしなければいけません。
この時に助かるのが、任意で加入する車両保険です。

車両保険とは、自分の車に対してのみ補償される保険の事を言います。
事故で車を破損した時に自分が被害者だった場合は、相手の自賠責保険で最低限の保証をしてもらえます。

ただ、自賠責保険で出される補償は、その時の車の時価額に相当するため、車の修理代をカバーしきれない恐れがあります。
その時に自分の車両保険を利用して、自分の車を修理したり買い替えたりする事が出来るのです。

では、事故した車を車両保険で修理・買い替える場合のそれぞれについてご紹介します。

交通事故した車を車両保険で修理

もし事故した車を車両保険で修理した場合、車両全損修理時特約や事故時代車費用特約などの補償が受けられます。
修理代を保険でカバー出来るというメリットがあるのです。

しかし、車両保険を使って車を修理すると、いくつかのデメリットが生じます。

デメリット 概要
保険の等級が下がる 事故すると自動車保険の等級が下がってしまい、保険料の割引額が下がってしまう事がある
自己負担が必要な金額が生じる 自賠責保険と車両保険を使っても負担出来ない場合がある
これは車を車両保険で買い替える場合にもあり得るデメリット
免責ゼロ特約の適用 初めて事故をした時限定の特約なので、次回からの事故には適用されない

車両保険を適用して修理する場合、上記のようなデメリットが発生する場合があります。
保険の仕組みについても、しっかりと見直しておく必要があるでしょう。

交通事故した車を車両保険で買い替え

交通事故した車を車両保険で買い替える場合、加害者の保険会社に請求出来る費用と出来ない費用があります。

請求出来る費用

・自動車取得税申請手数料
・ナンバー交付手数料
・登録手続き代行料
・車庫証明費用
・車庫証明手続き代行費用
・車両整備費用
・納車費用
・廃車費用
・消費税

請求出来ない費用

・自動車税
・自賠責保険料
・自動車重量税

車を買い替える場合、車両保険で補償される金額や請求出来る費用などを確認し、実際に掛かる出費額を計算した上で買い替えという選択にしましょう。

車は修理?買い替え?考えられる判断基準

車の修理と買い替えの判断基準

結局、故障した時に車を修理するのと、買い替えるのとどちらが得なのでしょうか。
考えられる判断基準は以下です。

基準 概要
故障した車の新車登録からの年数 13年経過して自動車税が高くなっている場合は買い替えがお得
故障した車の走行距離 走行距離が7万キロ以上乗っている場合は買い替えがお得
修理する場合に掛かる費用 ボンネットの破損など修理費用が10万~50万円近く掛かる場合は買い替えの方がお得
保険会社がカバーしてくれる金額 車の損傷状態によってカバーしてくれる金額を見て、修理か買い替えかを検討出来る
車検間近の車 修理して車検に出すか、買い替えするかを検討する機会になる
上記に紹介した車の状態と一緒に判断すると良い

新車登録年数が古く、修理費用が高額な場合は、思い切って新しい車に買い替える方がお得な場合が多いのです。
上の他にも判断基準は色々あり、人によって基準は異なってくると思います。

まずは自分の車の状態をしっかりと把握しておくと、判断がしやすいでしょう。

車を買い替える場合は買取査定がお得

故障した車を修理ではなく、買い替える事を決めたら、まずは買取査定に出す事をおすすめします。
買取査定をする時は、1社だけでなく複数の業者に査定依頼をしましょう。

一括査定をして、提示された査定額をそれぞれ比較すると、業者によって査定額にかなりの差が出る事が分かります。
複数社で査定をしてお得に買い取ってもらい、そのお金を車の買い替えに充てて賢く車を購入しましょう。

ただ、一括査定を依頼すると、依頼した業者からの営業電話が頻繁に掛かってくる恐れがあります。
それが嫌な方は、営業電話が来ないユーカーパックを利用すると安心して車の買取査定が出来ますので、試してみてください。

一括査定の特徴をまとめた記事も紹介していますので、参考にしてください。

車の修理と買い替えのまとめ

故障した車を修理に出すか買い替えるかについてお話してきました。
どちらの選択肢にするかは、その時の車の走行距離や登録年数、そして車へのご自分の愛着などが判断基準になると思います。

ただ、新たに車を購入するよりは、修理の方が出費は押さえられる場合が多いでしょう。
本当は買い替えたいけど、大きな買い物は今はしたくないという方は、ちょっと我慢して今の車を乗り続けた方が気持ちの余裕は持てると思います。

車の故障状況を見て買い替える事を決めた方は、税金や納車費用などにいくら掛かるのかも把握した上で、車本体に掛ける予算を計算した方が良いでしょう。
また、車を買い替える際に、今乗っている車の買取査定をして買い替え費用に充てて、少しでも自分が負担する分を減らすのも賢いやり方です。

ご自分が納得出来る決断をするためにも、判断基準をしっかりと把握しておきましょう。

最大2,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大2,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化/li>
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大2,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもオススメが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。