車の買い替えでのETCカード

今や、車には必須になったETC車載器。
とは言え、下記のような疑問をお持ちの方も多いと思います。

  • 車を買い替える時にETC車載器はどうすれば良いの?
  • 設定や登録情報を変えないと困る事はある?

そこで本記事では、車を買い替える際にETC車載器は「付けたままで売却する」のと「新車に付け替えて継続利用」するのは、どちらがお得なのかについてまとめてみました。
再セットアップの方法やETCカード・マイレージについてもご紹介しているので、ぜひ合わせて参考にしていただけたら幸いです。

車買い替え時にETC車載器はどうするのがお得?

車買い替え時に、「ETC車載器を付けたまま売る」か「取り外して新車に付け替える」か悩む事があります。
結論としては、下記の項目などによって費用が大きく異なるため、どちらがお得かどうかは正確な見積もりを取らないと判断出来ないと言えます。

  • 取り付け工賃
  • 取り外し工賃
  • 持ち込み工賃
  • ETC車載器の本体価格

ただし、どちらにせよ安く済ませる事を目的にしているのであれば、付けたままでも外しても総合的な費用はそこまで変わりません。
あなたの優先事項に合わせて決断するのがおすすめです。

具体的には、下記のような形を選ぶと、満足度が高くお得な気分を味わえるはずです。

手間なくスムーズに車を買い替えたい方

ETC車載器をつけたままの車の売却

最新ETC車載器を取り付けたばかり

新車でも継続利用

それぞれの詳しいメリット・デメリットは、この後にご説明していきます。

手間なし!ETC車載器を付けたままの車の売却

車の買い替え時にETC車載器を付けたまま古い車を売却する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

【メリット】

・ETC車載器には、個人情報が入っていないので安心して引き渡せる
・新車購入と同時に新しいタイプのETC車載器を使える
・付け替えの手間がなく、車の買い替えがスムーズになる

【デメリット】

・新車購入時に、新しいETC車載器の本体価格や取り付け工賃が別途かかる(本体とセット価格になっている場合あり)
・新しいETC車載器の本体にこだわると、付け替えに比べて費用が高くつく場合がある

最新ETC車載器なら新車でも継続利用がおすすめ

車の買い替え時に古いETC車載器を新車に付け替えて継続利用する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

【メリット】

・ETC車載器本体の費用が掛からない

【デメリット】

・古いETC車載器だと新車で利用出来ない場合がある
・取り外しと取り付けの費用がかかる
・付け替える時に持ち込み工賃が割高になる事がある
・自分で付け替えると、マイナス査定の対象になる場合がある

特に、「古いETC車載器だと新車で利用出来ない場合がある」については、事前確認が必須です。
この後に詳しく注意点をご説明していくので、古いETC車載器を付け替えて新車で利用したい方は必ず確認しておいてください。

継続利用時はETC2.0に注意

ETC車載器は現在、2016年から始まった新サービスである「ETC2.0※」に対応した物が販売されています。
そのため、買い替えた車種によってはETC2.0に対応していない古いバージョンのETC車載器を取り付けても、利用出来ないケースがあるので注意しましょう。

失敗したくない場合は、付け替えを希望する際に、事前に新車の販売店で古いETC車載器を付け替えても利用出来るかを確認しておくのがおすすめです。

※ETC2.0とは、「渋滞回避支援」「安全運転支援」「災害支援」などの機能が新たに追加した進化系ETCのサービス名称です。

車の買い替え時にETCの再セットアップが必要なケース

車の買い替え時にETCの再セットアップが必要なケース

車の買い替え時にETCの再セットアップが必要なケースは、下記の2つです。

・新車に古い車のETC車載器を付け替えた時
・中古車に前の使用者のETC車載器が付いている時

ただし、新車購入時もどちらにせよ、新しいETC車載器のセットアップは必要になります。
ちなみに、軽自動車から軽自動車のように、高速道路の料金が変わらない同じ規格の車に乗り替えている方は、そのまま再セットアップせずにETCを利用する人もいます。(違法ではありませんが、本来は再セットアップが推奨されています)

軽自動車から小型自動車のように、高速料金が異なる規格の車に乗り替えた場合は再セットアップをしないと、以下の法律に基づいて逮捕や罰金刑を課される場合があるので注意しましょう。

  • 道路整備特別措置法違反
  • 電子計算機使用詐欺

再セットアップ出来る場所(店)や料金

ETCの再セットアップが出来る場所は、ETCセットアップ店として登録されているお店です。
ETCセットアップ店は、全国にありますのですぐに見つかります。

車を買い替える際にお近くの店舗を検索したい場合は、こちらのサイトをご利用ください。

⇒「ETC総合情報ポータルサイト/セットアップ店検索

ETCの再セットアップの料金は、店舗にもよりますが3,000円前後かかるケースが多いようです。
他にも古いETC車載器を新車へ付け替える場合は、下記などが掛かるケースがあります。

項目 費用
取り付け工賃 4,000円~1万円前後
取り外し工賃 3,000~5,000円前後
持ち込み工賃 5,000円前後

そのため、再セットアップ時には、いくら必要になるのかを事前に店舗に確認しておくのがおすすめです。

再セットアップに必要な書類

車買い替え時の再セットアップに必要な書類は、以下の通りです。

・車検証
・ETC車載器(電源ケーブルを含む)
・免許証
・セットアップ申込書(店舗でもらえるケースが多い)
・委任状(車検証の利用者本人が不在かつ、ETC車載器が搭載された車が持参出来ない場合のみ)

他にも必須ではありませんが、車載器登録番号や形式登録番号の控えがあると手続きがスムーズに進みやすくなります。(車載器の外箱や裏側に記載されている)
必要な書類は店舗によって異なる場合もあるので、詳しくは再セットアップする予定の販売店に事前に確認をしておくのがおすすめです。

ETC車載器を自分で付け替えるのは違法?

車を買い替える際にETC車載器を自分で付け替えるのは、違法ではありません。
そのため、取り付け・取り外し・持ち込みによる工賃を節約するために、自分で付け替えをするのも可能です。

ただし、その場合は以下の2つの点を事前に把握しておくと良いでしょう。

・古い車からETC車載器を取り外した際に配線の始末などが悪いと、売却(下取り)時にマイナス査定になる場合がある
・自分で付け替えた場合も、再セットアップは店舗で行う必要がある(自分で再セットアップは出来ない)

車買い替え時もETCカードはそのまま使える

車買い替え時もETCカードはそのまま使える

車を買い替えた時に、ETCカードを新しくしたり登録情報を書き換える必要はありません。
なぜなら、ETCカードと車両情報は紐付けられているわけではないため、どの車両に乗り替えたとしても、ETCカードはそのまま使えるからです。

例えば、旅行先でレンタカーなどを使用して、自家用車とは違う車両でETCカードを利用しても問題が起きる事はありませんよね。
つまり、ETC車載器が付いている車であれば、新車でもレンタカーでもあなたの車ではなくても(知人や親など)、ETCカードは特に変更手続きはせずに利用出来るのです。

ETCマイレージは登録情報の変更が必要

ETCマイレージについては、車を買い替えた際に以下のような登録情報の変更が必要になります。

古いETC車載器を新車に付け替えた場合

車両番号を変更する

新車に新たなETC車載器を付けた場合

車両番号と車載器管理番号を変更する

登録情報の変更は、「インターネット」か「書面(郵送)」から行えます。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

⇒「ETCマイレージサービス/4.各種変更手続き

また、登録情報変更の手続きを行わなくても走行は出来ます。
しかし、新たな車で料金を支払ってもポイントが付かなくなるばかりか、失効してしまう可能性が高いのです。

損をしたくない方は、手続きを忘れないように注意しておきましょう。

車買い替え時のETCのまとめ

車買い替え時のETCのまとめ

それでは最後に、車買い替え時のETCについておさらいしていきます。

車買い替え時にETC車載器はどうするのがお得か?

・手間なくスムーズな買い替えをするなら、付けたまま売却がおすすめ
・最新ETC車載器を付けたばかりなら、付け替えると車載器本体の価格を節約出来る

車の買い替え時にETCの再セットアップなケース

・新車に古い車のETC車載器を付け替えた時
・中古車に前使用者のETC車載器が付いている時
・規格の違う車に乗り替えた場合は、再セットアップしないと違法になる
・自分で車載器を付け替えるのはOK!ただし、再セットアップは店舗でする必要がある

ETCカード・マイレージについて

・車を買い替えてもETCカードはそのまま使える
・ETCマイレージは登録情報の変更手続きをしないと、ポイントがつかないだけでなく失効する可能性が高い

車を買い替える際は、現在使っているETCのバージョンなども確認して、付けたままと付け替えで総合的にどちらがお得になるのかを判断するのがおすすめです。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。