車の買い替え時のディーラーへの連絡

「いつも同じメーカーの車に買い替えていたけど、次は別のメーカーの車に買い替えたい」と思った時に、ずっとお世話になっていた「ディーラー」に何となく申し訳ないような気分になる事がありますよね。

・黙って別メーカーで買い替えても角が立たないのか
・これまでの付き合いを考えると、旧ディーラーにも一言連絡を入れるべきなのか

上記のように、律儀な方ほど悩んでしまうはずです。
そこで、本記事では一般的には車買い替え時に旧ディーラーへ連絡するものなのか・注意点はないのか等についてまとめてみました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

車買い替え時の旧ディーラーへの連絡は不要!

結論からお伝えすると、買い替え時に別メーカーの車を購入しても旧ディーラーへの連絡は不要です。
連絡をしなくても手続きなどで困る事もありませんし、旧ディーラーへの心証が特別悪くなるという事もありません。

同じメーカーの洗濯機を買い続けてたけど、別メーカーの方が魅力的だったから買い替えたというケースと同じで、誰に断りを入れる必要もないのです。
メーカーやディーラーへの遠慮はせずに、自分が「乗りたい!」と感じた車への買い替えを自由に行いましょう。

連絡すると今後車を購入する時に有利になるケースあり

先程お伝えしたとおり、基本的に旧ディーラーへの連絡は不要です。
しかし、長い付き合いがある場合は別メーカーに買い替える時にあえて連絡を入れておくと、旧ディーラーに以下のような印象を与えられる可能性があります。

・わざわざ連絡をくれて嬉しいな
・〇〇さんにまたうちの商品を購入してもらえる事があったら丁寧にサービスしよう

つまり、今後また旧ディーラーで車を購入する事があった時にホワイトな客だと思ってもらえるため、他の顧客よりも少しだけ手厚いサービスを受けられる可能性があるのです。
もちろん、必ずしも有利になるという訳ではありません。

ただ、旧ディーラーへの思い入れがあってまた購入する可能性があれば、以下のように一言連絡を入れておくのもおすすめですよ。

連絡の会話例

今までお世話になりました!今回は別メーカーに買い替えますが、今後またそちらで購入する時はよろしくお願いします。

違うディーラーで車を買い替え!連絡よりも3つの点に注意

違うディーラーで車を買い替えで連絡よりも3つの点に注意

今までとは違うディーラーで車を買い替える場合、実は連絡する事よりも注意すべき点が3つあります。

1.下取り査定額が旧ディーラーよりも安くなる可能性が高い
2.旧ディーラー名義のローンは買い替え時に返済する
3.保険会社への連絡は自分でする必要がある

この3点について知っておくと、損するリスクを減らして手続きをスムーズに進めやすくなります。
詳しい内容はこの後に一つずつご説明していきますので、このまま読み進めてみてください。

下取り査定額が安くなる可能性が高い

旧ディーラーで購入した車を別メーカーで下取りに出す場合、以下の理由で下取り査定額が安くなる可能性があります。

・別メーカーの車のため、系列店の中古車販売店で売却出来ずコストが掛かる
・同じメーカーの車ではないので、ブランドイメージを気にせず低い査定額を出しやすい

ただし、査定基準はディーラーや販売店によって異なるため、必ずしも別メーカーの車という理由だけで査定額が安くなる訳ではありません。
買い替え時に愛車の下取り査定額が適性かどうか分からない場合は、複数の買取業者に査定を依頼し比較する事がポイントです。

忙しい人や手間を掛けたくないという人は、一括査定サイトを利用してみましょう。
ユーカーパックのように営業電話の連絡が少ないサイト利用すれば、ストレスなく愛車の相場感を調べる事が出来ます。

※営業電話の際に直接交渉して査定額を上げたいという方は、通常の一括査定サイトの方がおすすめです。

旧ディーラー名義のローンは買い替え時に返済する

旧ディーラー名義のローンが残っていて返済が難しい場合は、以下の2点の方法で買い替え前にローンを完済する必要があります。

・古い車の下取り(買取)料金で旧ディーラー名義のローンを完済する
・新ディーラーのローン返済サービスを利用して、旧ディーラー名義のローンを立て替えてもらい新たなローンを組む

もし、買い替え前にローンの完済が難しいようであれば、そのあたりも含めて新車を購入するディーラーにどうすればよいか相談するようにしましょう。
場合によっては旧ディーラーへの連絡も必要になりますが、手続きを代行してもらう事も出来ます。

ちなみに、ローンが残っている車を売却する方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせて読んでみてください。

保険会社への連絡は自分でする必要がある

車を買い替えた際は、基本的に保険会社への連絡を自分でして車両入替を行う必要があります。
車両入替とは、保険の対象を古い車から新車に切り替えるものですが、車を買い替えても自動的には切り替わらないので注意をしましょう。

車両入替の代行サービスを行っているディーラーも多いので、時間や手間を節約したい方は一度販売店に相談してみてください。
車両入替についてはこちらの記事で詳しくご説明しているので、合わせて参考にしてください。

車買い替え時の旧ディーラーへの連絡のまとめ

車買い替え時の旧ディーラーへの連絡のまとめ

車買い替え時の旧ディーラーへの連絡は不要です。
yただし、長い付き合いがあるなど心理的に一言断っておきたい場合は、連絡を入れておくと今後も気持ちの良い関係を築きやすくなります。

また、違うディーラーで車を買い替える場合は、以下の3点に注意しておくと損するリスクを減らして手続きをスムーズに進めやすくなるので覚えておいてください。

1.下取り査定額が旧ディーラーよりも安くなる可能性が高い
2.旧ディーラー名義のローンは買い替え時に返済する
3.保険会社への連絡は自分でする必要がある

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。