車買い替えの代車

車の買い替え時は、下記などの理由から、代車が借りれるかどうかを気にする方が多いでしょう。

  • 車検が切れる前に古い車を売りたい
  • 古い車の引き渡し時期を遅らせると査定額が下がる
  • 車がない期間があると生活上困る

とは言え、そんなに人生で借りる場面が多くない買い替え時の代車について、以下のような内容を把握している方は少ないでしょう。

・どの位の期間借りられるものなのか?
・借りる時に費用は掛かるのか?
・代車を借りる際に注意しておく事はあるのか?

そこで、この記事では車の買い替え時の代車について知っておくと役立つ情報を、様々な視点からまとめてみました。
ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

ディーラー下取りであれば代車不要で買い替え可能

車の購入や下取りをディーラーでする場合は、代車不要でも買い替えが出来ます。
なぜなら、ディーラーは1つの店舗で古い車の売却と新車の購入を同時に出来るため、新車が納品されるまでの間は古い車に乗り続けるという選択が出来るからです。

代車の手配など買い替え時に手間を掛けたくない場合は、ディーラーでの買い替えを選ぶのがおすすめだと言えます。

  • 社外品パーツは高く買い取ってもらえない
  • 中古車市場の相場やニーズが反映されない

ただし、ディーラーの下取りには上記のような特徴があります。
そのため、古い車の車種や装備品によっては査定方法の違いから、中古車買取店に比べて査定額が低くなるケースがあるので注意しましょう。

中古車買取店での買い替えでは代車サービスを利用出来る

中古車買取店での買い替えでは代車サービスを利用出来る

中古車買取店で買い替えをする場合は、納車までの車がない期間は代車サービスを利用出来るケースが多いようです。
ただし、料金体制や貸し出し条件は店舗毎に異なります。

また、状況によっては代車サービスを行っていても代車の空きが無いケースもあるので注意をしましょう。
利用前に店舗に直接問い合わせるようにすると、代車の空きや正しいサービス内容を把握出来るのでおすすめですよ!

それでは次に、代車を借りる際の費用や期間の大まかな目安について、具体的にご紹介していきます。

車買い替え時に代車サービスを利用出来る期間や費用

車買い替え時に代車サービスを利用出来る期間や費用

車買い替え時に代車を借りられる期間は、1ヶ月以内としている店舗が多いようです。
費用は無料の店舗が多いのですが、有料の場合は1日5,000円~10,000円前後掛かるケースがあります。

また、基本的に1ヶ月以上代車を借りたい場合は、追加料金が発生する事が多いものです。
以下は大手買取店7社の代車サービスの内容を表にしたものなので、参考にしてみてください。

【代車サービスを実施している大手買取店7選】

買取店 費用 備考
ガリバー 無料 1ヶ月以上の長期利用は原則不可
ビッグモーター 無料 1ヶ月以上の長期利用は原則不可
アップル 無料 店舗によって貸し出し条件が異なる
カーセブン 店舗によって異なる 店舗によって貸し出し条件が異なる
ユーポス 店舗によって異なる 店舗によって貸し出し条件が異なる
ラビット 無料 長期貸し出しは店舗と相談
T-UP 無料 長期貸し出しは店舗と相談

※大手買取店の看板が出ていても加盟店の場合は、貸し出し期間や条件が直営店と異なるので注意が必要。

無料で代車を貸してくれる中古車買取店が存在する理由

費用が掛かるはずの代車を無料で貸し出している中古車買取店が存在する理由は、下記のように買取店に利益が生まれる事が関係しています。

  • 他社と差別化し顧客を獲得出来る
  • 車がないと困る顧客を呼び込める
  • 車買取から転売までの流れがスムーズになる

そのため、無料であっても特に心配は要りません。
遠慮なく代車を借りましょう。

ただし、どの中古車買取店も条件なく無料で納車日まで貸し出してくれる訳ではありません。
長期利用が不可だったり別料金が発生したりするケースもあるので、注意してください。

納車されるまでの目安の期間は、この後に続けてご説明していきます。

新車が納車されるまでの期間!半年待つ事も

新車も中古車も通常であれば、買い替え時の契約から1~2週間ほどで納品されるため、問題なく代車サービスを利用出来ます。
しかし、下記に関しては納車に時間が掛かるため、代車を借りられる期間をオーバーしてしまう可能性が高いのです。

  • 在庫なし
  • 人気車種
  • 修理が必要な車

以下は、納車までの目安期間なので参考にしてみてください。

【買い替え後の車が新車の場合】

車の状態 納品に掛かる期間
在庫あり 1~2週間前後
在庫なし 3週間~1ヶ月前後
人気車種で品薄 2~3ヶ月以上、稀に半年以上掛かる

【買い替え後の車が中古車の場合】

車の状態 納品に掛かる期間
車両に問題なし 1~2週間前後
納品前に修理が必要 3週間~1ヶ月前後

車がない期間が出来る可能性がある事も心得ておく

ここまでご説明した通り、基本的に車を買い替える際は販売店の代車サービスを利用出来る事が多いのです。
しかし、下記などの理由から、誰にでも買い替え時に車がない期間が出る可能性があります。

  • 購入を希望する車が人気で中々納品されない
  • 近くの販売店では代車を取り扱っていない
  • 代車の空きがない

確実に代車を借りられる保証はないという事を心得ておきましょう。
また、どうしても車がない期間があると困るという方は、記事の後半でご紹介している「買い替え時に代車が借りられない場合の2つの対処法」を読んで対策してみてください。

買い替え時に代車を借りる際の5つの注意点

買い替え時に代車を借りる際の5つの注意点

買い替え時に販売店から代車を借りる際は、以下の5つの点に注意しましょう。

1.車種の大きさが違う場合がある
2.代車を依頼するタイミングで査定額が低くなるケースがある
3.契約後のキャンセルは代車費用等を請求される場合がある
4.先に車を売却すると代車が借りられない期間が出来る事がある
5.代車を返す際に傷や凹みについて言及される可能性がある

具体的にどんな所に気を付ければ良いのかは、この後に一つ一つご説明していきます。

車種の大きさが違う場合がある

車買い替え時に販売店で代車を借りる場合、今まで運転していた物と同じ車種の車を貸してもらえるとは限りません。
代車を借りた後に、下記などの問題が起きる可能性があるので注意が必要です。

  • 車が小さくて家族全員は乗れない
  • 車が大きくて家の駐車場には入らない

対策としては、代車を依頼するタイミングで車種の大きさを指定しておくのがおすすめです。
販売店の代車数に余裕があれば、希望に近い大きさの車を代車として貸し出してくれるでしょう。

代車を依頼するタイミングで査定額が低くなるケースがある

車買い替え時に中古車買取店で代車を依頼する場合は、見積もりを取った後のタイミングで代車について相談するのがおすすめだと言えます。
なぜなら、見積もりを取る前に代車を依頼してしまうと、査定額から経費として代車費用が差し引かれてしまうケースがあるからです。

逆に見積もりを出してもらって契約書にサインする直前に代車について相談すると、営業マンも一度決定した査定額から代車分を引くとは心理的に言いにくくなるため、無料で代車を借りやすくなります。

契約後のキャンセルは代車費用等を請求される場合がある

契約を結び代車を借りた後に、車の購入や売却自体をキャンセルする場合は、違約金と一緒に代車費用なども請求される可能性があります。
各店舗のキャンセルについての規約は契約書に書かれているので、買い替え時は必ず目を通しておくようにしましょう。

【キャンセル時の規約例】

・契約から○日以内であれば無料でキャンセル出来る
・契約後のキャンセルは不可
・キャンセル時は違約金として、○○円の支払いが必要になる

※各店舗でキャンセル時の規約は異なります。

先に車を売却すると代車を借りられない期間が出来る事がある

「今なら高額で古い車を売却出来るから売ってしまおう」と、買い替え後に乗る車が決まっていないのに先に車を売却してしまうと、代車が借りられない期間が出来る可能性があります。
なぜなら、下記のような想定外の問題が発生すると、車売却後に代車を借りられる期間が足りなくなり、納車まで車がない状態で過ごさなくてはならない事があるからです。

  • 希望の車を探すのに時間が掛かる
  • 人気車種や在庫なしで納車まで数ヶ月掛かる

そのため、買い替え時の段取りは以下のようにしておくと、代車サービスの対応期間内で車の買い替えをしやすくなります。

【車買い替え時におすすめの段取り】

1.乗る車が納車されるのにどれ位掛かるか調べる
2.新車購入
3.古い車の売却
4.納車まで代車を借りる

代車を返す際に傷や凹みについて言及される可能性がある

代車を借りる際に車体に傷や凹みがあった場合は、事前に写真を撮っておくのがおすすめ。
なぜなら、代車を販売店に返す時に、下記のような問題が起こる可能性があるからです。

  • 貸し出す前に傷や凹みはなかった
  • 修理代として〇〇円支払ってください

特に、代車は元からボロボロな物が多いため、最初に状態をチェックしておかないと借りている間に自分が傷や凹みを付けたのかを区別するのが難しくなります。
最悪、損害賠償を請求される事もあるので、借りる前に担当者とも車両の状態を確認するようにしておきましょう。

買い替え時に代車が借りられない場合の2つの対処法

買い替え時に代車が借りられない場合の2つの対処法

下記のような場合は、買い替え時に代車が借りられない可能性があります。

  • 繁忙期で既に代車が貸し出しになっていて借りれなかった
  • 納車までの期間が数ヶ月掛かる
  • 近くの販売店では代車サービスがなかった

そういった時は、下記の2つの対処法のどちらかで、車がない期間を乗り切るのがおすすめです。

1.レンタカーやカーシェアを利用する
2.納車のタイミングに合わせて古い車を売却する

具体的な費用や方法については、この後に一つ一つ解説していきます。

レンタカーやカーシェアを利用する

買い替え時に代車を借りれなかった時の対処法として、レンタカーorカーシェアを利用する場合は、納車までに車を使用する頻度でどちらを借りるかを決めましょう。

毎日運転するなど車の使用頻度が多い方

レンタカーを月単位で借りるのがおすすめです。
車種にもよりますが格安レンタカー店で借りれば、30,000円~80,000円前後で1ヶ月間車を借りられます。

土日のみなど車の使用頻度が少ない方

車がない期間は、カーシェアを利用して乗り越えましょう。
登録さえすれば、必要な時間に応じて車を利用する事が出来ます。

【カーシェアの料金目安】

借りる時間 料金
15分 200円前後
6時間パック 3,500円~4,000円前後
12時間パック 4,500円~6,500円前後
24時間パック 6,000円~8,000円前後

それ以外の移動は、バス・電車・タクシーなどの公共機関を利用すれば、納車まで車がなくても生活しやすいはずです。

納車のタイミングに合わせて古い車を売却する

買い替え時に代車が借りれなかった時の一番簡単な対処法は、納車まで古い車の引き渡しを遅らせる事です。
レンタカーやカーシェアのように車を借りるお金も掛かりませんし、自分の車なので運転していてもストレスなく過ごせます。

ただし、中古車は売却のタイミングを遅らせると、下記のような査定額上のデメリットが発生します。

・時間が経つほど車の価値が減少していく
・売却時期が変わると、中古車市場の相場が変動して査定額が下がる事がある

そのため、代車を借りれなくて古い車の引き渡しを遅らせる場合は、下記について事前に古い車を売却する店舗に確認しておくのがおすすめです。

  • 引き渡し時期を遅らせると査定額は下がるのか?
  • 今の査定額はいつまで保証されるのか?

買い替え時に代車で事故!保険・補償はどうなる?

買い替え時に代車で事故した場合の保険・補償

買い替え時に代車で事故を起こしてしまった場合は、下記などから損害に基づいた補償金が支払われます。

  • 販売店が車に掛けている自動車保険
  • あなたが加入している自動車保険

ほとんどの販売店は代車に自動車保険を掛けています。
しかし、安価な保険を掛けているケースが多く、損害額を全て販売店の自動車保険でカバー出来る訳ではないので注意してください。

また、最近は店舗では自動車保険に加入せず、「事故時の損害額はお客様の保険で支払ってください」という店舗も増えています。
いざという時に全額あなたの保険から支払わなくても済むように、代車を借りる際は販売店の保険加入の有無も確認しておくと安心でしょう。

車買い替え時の代車のまとめ

車買い替え時の代車のまとめ

記事全体の内容をまとめを記載していきます。
重要なポイントだけを知りたい場合は、こちらを読み返してみてください。

買い替え先と代車について

・ディーラー下取りは代車不要
・中古車買取店には代車サービスがある

代車サービスを利用できる期間や費用

・代車を借りる際の費用や期間は店舗毎に異なるため、直接の問い合わせがおすすめ
・販売店の営業戦略で、無料で代車を貸してくれる店舗も多い
・1ヶ月以上の長期利用は不可または相談になるケースが多い
・納車に時間が掛かると、代車サービスを受けられる期間をオーバーする事がある

代車を借りる際の5つの注意点

1.車種の大きさが違う場合がある
2.代車を依頼するタイミングで査定額が低くなるケースがある
3.契約後のキャンセルは代車費用等を請求される場合がある
4.先に車を売却すると代車が借りられない期間が出来る事がある
5.代車を返す際に傷や凹みについて言及される可能性がある

代車が借りれない場合の対処法

・レンタカーまたはカーシェアを利用する
・古い車の引き渡しを納車まで遅らせる

代車で事故を起こした際の支払い

・販売店またはあなたが加入している保険から損害額を支払うケースが多い
・代車を借りる前に販売店の保険加入の有無を確認するのがおすすめ

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。