新車値引き

「新車は値引き前提で買うものだ!」そんな事がよく言われていますし、管理人も同感です。
とは言え、下記のような方も多いと思います。

  • そもそもどうすれば新車値引きをしてもらえるのか?
  • 新車値引きの交渉術が分からない

そこでこの記事では、そんな新車値引きの成功率を大きく左右する「交渉前の情報収集の方法」を中心に紹介していきます。

ディーラー営業マンは、車を売るプロです。
何の準備もせずに新車値引きの交渉を始めても、うまくいく確率は低いでしょう。

ぜひ、この記事で賢い新車値引きのコツを掴んでください!

新車値引きの交渉前に知っておくと役立つ情報

冒頭でもお伝えした通り、新車値引きは交渉前に情報をどれだけ集められたかで勝負が決まります。
具体的には、下記の4つについて知っておくと、値引き交渉がしやすくなるでしょう。

1.値引きしてもらえる項目や種類
2.新車値引きの相場や目標額の設定
3.値引きに応じてもらいやすい時期
4.値引率の高い・低い車の特徴

ぜひ、これから紹介する内容と購入希望車種の情報を照らし合わせながら、読み進めてみてください。
自分の買いたい車が、「どのくらい値引きしてもらえるか」「どんな値引き交渉のアプローチができるか」が見えてくるはずです!

値引きしてもらえる項目や種類

実は、新車値引きしてもらえる項目・種類は、最初から3つに分類されています。

【3つの新車値引きの項目・種類】

値引きの項目・種類 値引きする内容 値引きできる割合
車両本体価格 車両本体 値引き額全体の5割前後
オプション ドライブレコーダーなどの一部オプション 値引き額全体の3~4割前後
諸費用 代行手数料
納車前のガソリン代
値引き額全体の1割前後

つまり、大前提としてこの3つを狙って値引き交渉を進めていく必要があるのです。
また、値引きできる割合を見ても分かるように、諸費用の値引き額はごくわずかになります。

そのため、値引きをする際は「本体価格」と「オプション」の2つに絞って、交渉を進めるのがおすすめだと言えるでしょう。

新車値引きの相場や目標額の設定

安ければ安いほど嬉しい新車値引きの額です。
しかし、ディーラーも商売なので、いくらでも値段を下げられるわけではありません。

まずは、あなたが購入を希望している車種の値引き相場を知って、無理のない目標額を設定してから交渉に挑みましょう。
相場から大きく離れた目標値を設定してしまうと、そもそも「買う気がない客だ」と判断されて、交渉どころではなくなってしまいます。

新車値引きの相場情報は、以下サイトから調べられるので、ぜひ参考にしてみてください。

グー新車/新車値引き相場情報
・価格.com(値引きの口コミ)→「希望車種 価格.com 値引き相場」で検索

値引きに応じてもらいやすい時期

服にもセールがあるように、ディーラーにもセール時期があります。
営業マンもセールの時期は、多くの車を確実に売って営業成績を伸ばしたいと考えているので、値引きにも積極的です。

そのため、特に急いでいるわけではない場合は、新車値引きに応じてもらいやすい時期を狙いましょう。
具体的には、以下の時期がおすすめです。

時期
決算期前 2月と8月
各ディーラーの自社セールの時期 6月、11月、12月、3月※

※自社セールの時期は、各ディーラーで異なります。事前に調べてから動くようにすると良いでしょう。

値引き率の高い・低い車の特徴

「新車値引きの相場や目標額の設定」で紹介した内容にも関係する部分ですが、一口に新車と言っても値引率が高い車もあれば低い車もあります。

【値引率が高い車の特徴】

  • 車両本体価格が安い車(軽自動車やコンパクトカー)
  • 人気車種※
  • モデルチェンジしたばかりの車

【値引率が低い車の特徴】

  • 車両本体価格が高い車(ミニバンやSUV)
  • 不人気車※
  • フルモデルチェンジが控えている車

そのため、相場に対して強気の目標額を設定するか否かは、あなたが購入を希望している車の特徴を踏まえて考えると良いでしょう。

では次に、情報を集めた後に新車値引きにチャレンジする方法を紹介していきます。

新車値引きの交渉にチャレンジする方法

新車値引きの交渉にチャレンジする方法

事前の準備さえ出来ていれば、実際の新車値引きの交渉は、以下の2つの方法にチャレンジするだけで大丈夫です。

  • 相見積もりを取る
  • いくらだったら今日決める!と根気良く交渉に挑む

ただし、下取りに出したい車がある場合は、新車値引きと下取り価格は別で考えるようにしましょう。
なぜなら、新車と古い車の見積もりを一緒にしてしまうと、純粋な新車値引き額が分からなくなってしまうからです。

では次に、具体的に上記の2つの方法でどう値引き交渉を進めていくかについて、解説します。

相見積もりを取る

新車値引きの交渉を有利に進めるためには、相見積もりを取るのがおすすめです。
つまり、同じ車種・価格帯・性能で競り合っている車種を販売しているライバル社の見積もりも複数取る事で、値引き額を上げてもらいます。

具体的には、以下の手順で見積もりを集めるのがおすすめでしょう。

1.ライバルA社で見積もりを取る
2.ライバルB社で見積もりを取る
3.本命のディーラーで見積もりを取る

ポイントとしては、下記の2つが重要です。

  • 全てのディーラーでしっかり値引き交渉をする
  • どこの車を選ぶか悩んでいる雰囲気を出す

それだけで、他社に顧客を渡したくない本命ディーラーの営業マンが、積極的に値引きに応じてくれる確率が上がります。

いくらだったら今日決める!と根気良く交渉に挑む

次に重要なのは、その日に買う意思があるのを見せる事です。
なぜなら、営業マンにとって絶対に逃したくない客は、「悩んでいるけど、絶対に購入するのが見込める客」だからです。

そのため、価格交渉が始まったら「◯◯万円だったら、絶対に今日決めます」と準備段階で決めていた目標額を営業マンに伝えましょう。
あの手この手で、どうにか購入してもらえるように、営業マンが自然に新車値引きを頑張ってくれます。

あなたは、根気強く目標額まで値引きしてもらえるのを待つだけで良いので、難しい交渉術やテクニックを使う必要がありません。
どうしても目標額まで値引きしてもらうのが難しそうであれば、相見積もりをとったライバル社の車に決めるのを匂わせるのがおすすめです。

ぜひ、目標額を落とさない強い意志と購入意欲を示しながら、新車値引きの交渉を成功させてくださいね!

新車値引きの交渉が難しい時は新古車も検討

新車値引きの交渉が難しい時は新古車も検討

ここまで説明した新車値引きのための準備と交渉を駆使しても目標額まで到達しなかった場合には、新古車の購入を検討してみるのもおすすめです。
新古車とは、ナンバー登録されただけの未使用車ですが、法律上は中古車になるので本体価格が新車よりも下がっています。(登録済未使用車と呼ばれる事もあります)

ただし、新古車は数自体が多くないので、もう少し選択肢を広げたい場合には走行距離3万キロ未満の中古車から選ぶのも良いでしょう。
そこまで新車と品質が変わらない車を、お得に購入できます。

中古車にも興味があるという方は、ぜひこちらの記事も合わせて参考にしてください。

→「コスパ最強の中古車15選!選ぶポイントや注意点も解説
→「中古車購入の4つの流れ!初めての方にも分かりやすく解説

買取または下取りで購入資金をプラスにする

目標額まで新車値引きができなかった場合には、古い車の買取や下取り額をアップさせる方法を試してみてください。
新車と同じように、下記の手順で車の売却先を探せば、1番高く買い取ってくれる店舗を探せます。

1.古い車がいくらで売れるか相場を調べる
2.目標の売却額を決める
3.高く売れる時期やタイミングを狙う
4.複数の買取店の見積もりを取る

ちなみに、相場や複数の見積もり額を調べるのに効率的なのが、一括査定サイトです。
有名どころの「ユーカーパック」はオークション形式で見積もり額が決まるので、アポイントを取るための営業電話をかけてくるのは提携元1社のみになります。

逆にオーソドックスなタイプの相見積もりをしたい場合には、「カーセンサー」のように大手買取店と提携している一括査定サイトがおすすめでしょう。

新車値引きのまとめ

新車値引きのまとめ

それでは最後に、新車値引きについておさらいしていきます。

新車値引きの交渉前に知っておくと役立つ情報

・値引きしてもらえる項目や種類
・新車値引きの相場や目標額の設定
・値引きに応じてもらいやすい時期
・値引率の高い・低い車の特徴

新車値引きの交渉にチャレンジする方法

・相見積もりを取る
・目標額まで値引きしてもらえたら今日決める!という強い意志を見せる

新車値引きの交渉が難しい場合の対応

・新古車または中古車の購入を検討する
・買取や下取り額のアップを狙う

ぜひ、事前の準備を徹底して、新車値引きの交渉を成功させてくださいね!

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。