廃車と走行距離

新車で購入した愛車も、長年乗っていると故障や不具合が多くなり、廃車という言葉を意識するようになるでしょう。
とは言え、まだ動く場合は何を目安に廃車にすれば良いのかと、迷ってしまう人もいるかと思います。

そこで、車の廃車時期の目安として分かりやすいのが走行距離です。
今回は、車を廃車にする走行距離の目安や、お得に処分する方法などについて詳しく解説したいと思います。

廃車時期に迷っているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

廃車する走行距離の目安・平均寿命

廃車にする走行距離の目安について見ていきましょう。
自動車の平均寿命は、乗り方やメンテナンス、保管方法などによっても差が出ます。

また、一般的な普通自動車やバス、トラックやタクシーなど、車種によって異なります。
車の種類別に、走行距離の目安をご紹介していきます。

普通自動車や軽自動車は10~15万キロが目安

普通自動車や軽自動車の寿命は、昔から10年10万キロと言われてます。
年数が10年、走行距離は10万キロが廃車の目安という事です。

これは、エンジンの内部パーツであるタイミングベルトの交換目安を、メーカーが10万キロと推奨している事も関係しているでしょう。
しかし、最近では車の性能や安全性が良くなってきた事で、部品交換やメンテナンスをきちんと行えば、10万キロ以上乗る事は十分に可能になってきました。

もともと日本は車検制度が厳しく、10万キロを超えると廃車にしなくてはいけないという固定概念があるとも言えます。
欧米などでは、実際に廃車までの寿命は15~20万キロとされている国も少なくありません。

10万キロを超えたあたりから不具合や故障が起こりやすくなる事は事実です。
しかし、しっかりとメンテナンスさえしていれば、20万キロまで乗り続ける事も出来ます。

近年行われた調査によると、国内で車が新規登録されてから抹消登録されるまでの平均年数は、13年前後という事でした。
13年を迎えた車は過走行車として税金が上がるという制度も関係しているでしょう。

1年1万キロとして考えたら、平均走行距離は13万キロ前後かと思います。
これらの事を踏まえると、普通自動車や軽自動車の廃車までの走行距離は、10~15万キロが目安と言えるでしょう。

廃車の走行距離の事例

ある業者の廃車の買取事例を少しご紹介します。
廃車時の走行距離の参考にしてみてください。

車種 走行距離 買取金額
日産 ブルーバードシルフィ 20万km 1万5千円
三菱 ランサーセディアワゴン 12万km 3万5千円
ホンダ フィット 8万km 2万4千円
ホンダ オデッセイ 12万km 2万2千円
トヨタ bB 12万km 1万2千円
ダイハツ ムーヴ 14万km 1万8千円
マツダ カペラ 8万km 4万3千円
トヨタ エスティマ 20万km 2万5千円
スズキ ワゴンR 14万km 1万2千円
トヨタ ポルテ 18万km 2万3千円
トヨタ クラウン 25万km 6万3千円
ホンダ ライフ 10万km 3千円
シボレー クルーズ 5万km 2万3千円

乗用車を廃車にする基準や廃車方法については、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

バスは50万kmからが目安

バスには、地域を巡回する一般路線用バスと、遠くまで人や物を運ぶ高速バスがあります。
同じバスではありますが、走り方が違いますから寿命とする走行距離も異なります。

種類 走行距離
一般路線用のバス 50万km~100万km前後
観光・高速バス 100万km~200万km

こうして見ると、観光・高速バスは非常に長く持つような感じがします。
しかし、一度の走行距離が長く、高速走行の多い観光・高速バスは、エンジンへの負担が大きく年数にすると10年前後で寿命が来ると言われています。

一方、発進や停止こそ繰り返しますが、高速走行のない一般路線用のバスは、15年~20年程度活躍するようです。
バスに限らず、自動車の寿命は走り方や使い方に大きく左右されると言えます。

バスの廃車の目安については、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

トラックは30~40万kmが目安

トラックの場合は、普通車よりも寿命は長いとされています。
普通車に比べてエンジンが大きく、消耗が少ない事がその理由でしょう。

また、トラックは部品が大きく露出しているので、交換や修理が比較的簡単に行えます。
メンテナンスが行き届きやすいという事も、トラックの寿命が乗用車より長い理由のようです。

トラックを廃車にするまでの走行距離の目安は、およそ30~40万kmと言われています。
大型では70万km以上走る事も多く、100万kmを目安にしている人も多いようです。

トラックの廃車時期や方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

タクシーは50万kmが目安

普通車の寿命は10年10万キロとも言われていましたが、タクシーの場合はそれには当てはまりません。
大手のタクシー会社の場合、一般的には50万kmくらいまで車両が使用されるようです。

タクシー専門の買取り店というものが存在するのですが、そこでは50万km走行した車両でも十分に値が付きます。
会社によっては、走行距離ではなく年数で入れ替えている所もあります。

走行距離にすると、70~80万キロ走るタクシーです。
さらに、タクシー会社で使用されなくなったタクシーは、中古車として再度タクシーに使用されたり、乗用車として個人に買い取られるケースは少なくありません。

タクシーの廃車までの寿命は無限とも言えますが、タクシーとして第一線で活躍できる走行距離という意味では、およそ50万kmが目安でしょう。

走行距離以外で廃車する目安

走行距離以外で廃車する目安

車を廃車にする目安は、走行距離以外にもいくつかあります。
順番に見ていきましょう。

年式

走行距離と同じく、廃車の目安とされるのが年式です。
普通乗用車では、10年を迎えるあたりから廃車や買い替えが推奨されています。

とは言え、走る頻度やメンテナンスの仕方などにも左右されますから、年式に関してはハッキリと何年で廃車にするのが良いとは言いきれません。
例え同じ年式でも、毎日走る車と週に1度しか走らない車では、寿命が違うのは当然と言えます。

年式は古いが走行距離が少なくまだ走れるという場合も多いかと思います。
そのような場合は、自動車税が割り増しになる、13年目や18年目のタイミングで廃車にするのも良いでしょう。

車検

車を廃車にするには、様々なタイミングがあります。
ただ、目安として維持費がかさんでくるというのは大きなポイントです。

特に、走行距離が長くなってきたり車が古くなってくると、タイヤやバッテリー、タイミングベルトなどの交換が必要になるでしょう。
そうなると、車検代が高額になってくるのです。

ですから、車検のタイミングである7年目や9年目、11年目で廃車にする人も多くいます。
なお、走行距離については、車検証に前回、前々回の車検時の分までが記載されます。

それを参考にすれば、次回の車検時にどれくらいの走行距離になるのかという予測が出来ます。
それらを踏まえて、廃車のタイミングを計るのも良いでしょう。

走行距離の目安を過ぎたら廃車より買取がお得

走行距離の目安を過ぎたら廃車より買取がお得

様々な車種の、廃車までの走行距離についてお話させて頂きました。
しかし、目安を過ぎてしまう事もあるでしょう。

そのような場合は、廃車にするよりも敢えて買取してもらう方がお得です。
廃車と買取の費用を比較してみましょう。

廃車する場合の費用

車を自分で廃車にする場合、一時抹消登録または、永久抹消登録を行い車籍の抹消をします。
いつかまたその車に乗る可能性がある場合には、車は解体せず一時抹消登録を行い、車検証とナンバープレートを返納します。

もうその車に2度と乗らない場合は、スクラップにしてから永久抹消登録をするのです。
一時抹消登録では、登録手数料として350円、印鑑証明書の発行手数料が300円程度掛かります。

永久抹消登録では登録手数料は掛かりません。
ただし、車を解体しなければ申請出来ませんので、数万円のスクラップ費用やレッカー代が必要になる場合があります。

廃車の手続きや費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

普通自動車:https://kuruma-urunara-doko.com/haisya-tetuduki
軽自動車:https://kuruma-urunara-doko.com/haisya-keijidousya

買取の場合の費用

廃車を買取ってもらった場合、廃車代行費用はどのくらい掛かるのでしょうか。
まず、廃車代行をしてくれる業者には、ディーラーや中古車販売店、廃車買取業者などが挙げられます。

しかし、廃車寸前の車はディーラーや中古車販売店ではほとんど値が付かない事が多く、廃車手続きの代行手数料も数万円程度掛かります。
その店舗で車を購入する場合には、サービスで廃車代行をしてくれる場合もあります。

そのような場合は、契約前に交渉してみましょう。
おすすめなのは、廃車専門の買取業者です。

廃車買取業者では、抹消手続きはもちろん、スクラップやレッカー移動など、廃車に関わる業務を全て無料で代行してくれます。
その上、車両自体に査定額が付いてお金が戻ってくる事も多いのです。

廃車買取業者は、買い取った車のまだ使える部品を取り外して販売したり、残ったフレーム部分の金属をリサイクルするなどして利益を出しています。
また、日本車は海外で人気が高く、高値で売れる事から、海外への販売ルートを持つ業者も増えています。

廃車代行を無料で依頼出来る上、高価買取が可能な廃車買取業者は、自分で廃車にするよりも断然お得と言えます。
走行距離が長くなってきて車を廃車する場合は、ぜひ廃車専門の買取業者を利用してみましょう。

廃車と走行距離のまとめ

廃車と走行距離のまとめ

車を廃車にするのに目安となる走行距離は、車種によって異なります。
普通乗用車や軽自動車ではおよそ10~15万キロ、バスは50万km~200万km、トラックは30~40万km、タクシーは50万kmが目安とされています。

とは言え、自動車の寿命は乗り方やメンテナンスの仕方・頻度など様々な要因によって左右されます。
愛車に長く乗りたいのなら、メンテナンスを怠らず、不具合はしっかりと直しながら使用しましょう。

それでも目安の走行距離を超えてしまった場合は、廃車にするよりも買取がお得です。
廃車買取業者なら、面倒な手続きはもちろん、車の解体やレッカー移動など、全てを無料で代行してくれます。

さらに、走行距離の長い廃車寸前の車でも、値を付けてくれる事もあるのです。
気になる方は、廃車にする前に査定を受けてみると良いでしょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。