廃車を購入

車を廃車にすると、解体・スクラップにされもう2度と乗れないと思っている人は多いでしょう。
確かに、そのような廃車方法もあるのですが、それだけが廃車ではありません。

廃車になった車を購入する事も出来るのです。
しかし、廃車を購入する際には、いくつか注意点もあります。

後々トラブルにならないためにも、廃車購入時の注意点について解説していきます。
また、廃車を再び乗るために必要な中古車登録についても説明しますので、参考にしてみて下さい。

廃車は購入出来る

冒頭でもお伝えしたように、既に廃車になっている車を購入する事は可能です。
それは、「廃車=スクラップ」ではないと言うのがポイントと言えます。

廃車とは、正確には車の戸籍である車籍を抹消する事を指します。
廃車には2種類あります。

車を解体・スクラップにして2度と乗れなくしてしまう方法を永久抹消登録と呼びます。
もうひとつは、車の状態はそのままに、車検証やナンバープレートを返納して、車籍を抹消する一時抹消登録です。

この一時抹消登録がされた車は、まだ使用出来る物が多く、購入して再び乗る事も出来ます。

廃車の購入方法

廃車の購入方法

車を購入すると言うと、一般的には新車や中古車を思い浮かべるでしょう。
新車や中古車は、自動車ディーラーや中古車販売店で購入する事が出来ます。

しかし、廃車はどこで購入すれば良いのでしょうか。
それにはいくつかの方法がありますので、順番に見ていきましょう。

友人から譲り受ける

まず、廃車を購入する方法として比較的簡単なのが、友人から譲り受ける事です。
友人や知人が廃車(一時抹消登録)にした車を、買い取らせてもらえないか交渉してみましょう。

ただし、個人間の車の売買は、時間が経って様々なトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。
そうならないよう、十分な注意が必要と言えます。

必要な手続きを怠らないようにしましょう。

友人から譲り受ける場合に必要な手続き

車を友人から譲り受ける際は、名義変更と車庫証明が必要です。
ディーラーや販売店から車を購入した場合は、これらの手続きはお店が代行してくれる事がほとんどでしょう。

しかし、個人から購入した場合は自分で行わなければなりません。
車庫証明は、管轄の警察署で申請をします。

申請書類一式は警察署に置いてあるものか、警察署のホームページからダウンロードをして使用しましょう。
軽自動車の場合は申請ではなく、保管場所届出という届出をするだけで完了です。

名義変更は、普通自動車は管轄の運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で手続きを行います。
車庫証明が無ければ名義変更が出来ませんし、名義変更がされていないと将来的に売却や廃車にする事が出来ません。

友人や知人の場合は、その信頼関係から名義変更がされていないケースも多いのです。
しかし、購入時は関係が良くとも、その後疎遠になってしまったり、前の所有者と連絡が取れなくなってしまうケースも珍しくありません。

いざ廃車にしようと思ってから困らないためにも、購入したら早めに必要な手続きをしましょう。
車庫証明の取得方法や名義変更の手続きについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

廃車買取業者から購入する

廃車は、廃車を専門としている買取業者から購入出来るケースがあります。
廃車買取業者は、スクラップしていない車も多く抱えているのです。

また、専門業者ですから、廃車の管理もしっかりとされているでしょう。
廃車を売ってもらえないか、交渉してみましょう。

ただし、個人に対して売却してくれるかどうかは、業者によって異なります。
また、今ある車の状態にもよりますので、複数の業者に問い合わせてみると良いでしょう。

解体業者から購入する

廃車が多く集まってくる業者と言えば、解体業者や廃車ヤード(置き場)です。
これらの業者には数十年前のレアな車が入ってくる事もあり、欲しい車種が決まっている人などにはおすすめと言えます。

ただし、解体業者や廃車ヤードは、個人には車を売ってくれない場合も多いのです。
また、ヤードに関しては古過ぎて走行不可能な車も多く、現実的ではない場合もあります。

解体業者などから廃車を購入したい場合は、事前に問い合わせて購入可能かどうかを確認しましょう。
欲しい車種がある人は、入り次第連絡してもらうというのも方法の一つです。

廃車を購入するメリット・デメリット

廃車を購入するメリット・デメリット

中古車が欲しいのなら、中古車販売店やディーラーなどでも購入出来ます。
あえて廃車済みの車を購入するメリット・デメリットとは、どのようなものなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

メリット

廃車を購入するメリットは、価格が安いという点でしょう。
そもそも前の持ち主がもう廃車にしようと考えた車ですから、かなりの走行距離を走っている可能性があります。

不具合や故障個所がある場合も多いため、販売価格は非常に安いでしょう。
また、もう販売されていない古い車が手に入るという点も、廃車を購入するメリットです。

廃車済みの車は年式も古い物が多く、中古車販売店やディーラーなどでは扱っていない車種を手に入れられる可能性があります。
古い車をヴィンテージ感覚で所有したいという人にはおすすめです。

デメリット

廃車を購入するデメリットは、トラブルが起こるリスクがあるという点です。
既に廃車になった車は故障車や事故車も多いため、購入後に不具合が起きる可能性があります。

走行距離も長い事が多く、タイミングベルトやバッテリーの交換が必要な場合もあるでしょう。
安く購入出来るというメリットがある一方で、購入後に修理費や部品の交換費用が掛かる事も覚悟しておかなくてはなりません。

また、廃車手続きがされている車を再び公道で走らせるには、新規登録の手続きが必要です。
登録には車検を受けたり必用書類を集めたり、窓口に出向いたりと、手間や費用が掛かるという事も覚えておきましょう。

廃車購入時の中古車新規登録の方法

廃車購入時の中古車新規登録の方法

廃車を購入しても車籍が抹消されているため、すぐに公道を走る事は出来ません。
再び公道を走らせるためには、中古車新規登録という手続きをしなければならないのです。

中古車新規登録は、管轄の運輸支局で行います。
必要書類を集め、支局窓口へ出向きましょう。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で行います。
まず、廃車となっている車は車検が切れています。

ですから、中古車新規登録を行う前には、車検を受ける必要があります。
しかし、検査場まで運転していく事が法律上出来ないため、仮ナンバーを取得しましょう。

仮ナンバーとは、検査や登録など特定の目的に限定して許可される臨時のナンバープレートです。
お住まいの地域の役所や運輸支局で申請すると、すぐに取得する事が出来ます。

また、車検が切れている車は、自賠責保険も切れていますので忘れずに加入しましょう。
廃車済みの車を再登録については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

中古車新規登録の必要書類

廃車を購入して中古車新規登録する際に必要な書類について、詳しく見ていきましょう。

普通車の場合

・申請書
・自賠責保険証明書
・一時抹消登録証明書(登録識別情報等通知書)
・合格印のある自動車検査票
・保安基準適合証又は予備検査証(指定工場での車検の場合)
・定期点検整備記録簿
・所有者の実印
・所有者の印鑑証明書
・車庫証明(40日以内のもの)
・手数料納付書
・自動車重量税納付書

申請書や手数料納付書は運輸支局窓口で、自動車重量税納付書は県税事務所に設置している自動発行機や窓口、郵送で交付が可能です。
一時抹消登録証明書(登録識別情報等通知書)は、一時抹消登録の際に交付されています。

軽自動車の場合

・申請書
・軽自動車検査票
・軽自動車税申告書・自動車取得税申告書
・使用者の認印
・所有者の認印(使用者と所有者が異なる場合)
・保安基準適合証(指定工場での車検の場合)
・自動車検査証返納証明書
・譲渡証明書(ダウンロードはこちら※記入例
・使用者の住所を証する書面(住民票・印鑑証明書の写し等)
・自賠責保険証明書
・自動車重量税納付書

申請書は協会窓口で、自動車取得税申告書・軽自動車税申告書は協会近隣の関係団体の窓口で入手出来ます。
自動車検査証返納証明書は、一時使用中止の際に交付された書類です。

自動車検査証返納証明書や一時抹消登録証明書は、紛失してしまった場合再発行が出来ません。
無くしてしまった場合は、運輸支局・軽自動車検査協会へ相談してみましょう(※紛失した場合の対応はこちらで詳しく説明しています)。

廃車を購入する際の注意点

廃車を購入する際の注意点

車の廃車については、自動車リサイクル法という法律が定められています。
自動車部品の再利用や、環境問題への対応を図る為に平成17年1月に設けられました。

廃車を購入しようとした際、このリサイクル法に基づいて、一部でも解体がされてしまった車に関しては、購入出来ない事があります。
また、リサイクル法についての書類が揃っていない廃車は、購入する事が出来ないのです。

廃車を購入する際の注意点としては、先述しましたが仮ナンバーや自賠責保険の加入を忘れずに行いましょう。
なお、自動車の解体を伴う永久抹消登録を行う車については購入出来ませんので、注意が必要です。

廃車と購入のまとめ

廃車と購入のまとめ

車は、新車や中古車だけでなく、廃車を購入する事も出来ます。
廃車には2種類あり、解体を伴わない一時抹消登録がされた車については、再登録をする事で再び公道を走らせる事が出来るのです。

廃車の購入は、友人や知人から譲り受ける・廃車買取業者から買う・解体業者や廃車ヤードで買うなどの方法があります。
ただし、個人間での車の売買は後にトラブルになる事もありますから、名義変更などの手続きは早めに済ませましょう。

廃車を購入するメリットは、価格が安い事やもう売っていない古い車が手に入るという点です。
しかし一方で、故障や不具合が出る可能性がある事や、車検・中古車新規登録などに手間や費用が掛かるという事も覚悟しておく必要があります。

また、一部でも解体してしまった車は購入出来ないなど、自動車リサイクル法にも注意が必要です。
これらのメリット・デメリットをじっくりと考慮した上で、自身に合った方法で廃車を購入しましょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。