初めてでも大丈夫!車を売る手続きの流れや必要書類は?

車を売る手続き

何でも初めての事に挑戦する前は、憂鬱ですよね。
特にゲームやCDなどの中古品を売るのとは違って、車はやり取りする金額も大きいし、「絶対に失敗したくない!」と慎重になっている方も多いはずです。

そこでこの記事では、最もお得に車を売る手続きの流れや必要書類などについて、一度読めば分かるように順を追って解説してみました。
車を売る事に不安を感じている方は、この記事を読んで流れを掴み、スムーズに車の売却を進めてみてください。

車を売る手続きの流れ1:売却方法を決める

車を売る手続きの流れの中で、最初に取り掛かりたいのは売却方法を決める事です。
なぜなら、どこでどのように売却するかによって、「いくらで売れるか」「どのくらい手間が掛かるか」「用意するものは何か」といった今後の流れが大きく変わってくるからです。

一般的には、以下の3つの方法で車を売却するのがメジャーになっています。

1.ディラー下取り
2.車買取専門店
3.個人売買やオークション

それぞれの詳細については、この後に一つひとつご説明していきます。

ディーラー下取りは査定額低めだけど簡単

少し前まで主流とされていた車を売る手続きが、ディーラー下取りです。
ディラー下取りとは、車の販売店(ディーラー)が新しいクルマに乗り換えたい顧客に対して、古い車を下取り処分してくれるサービスです。

新しいクルマの購入から古い車の売却(下取り)までを一店舗でまとめて行えるため、顧客にとっては手間や手続きが少なく、1番簡単な車を売る方法だと言えるでしょう。
ただし、基本的にはこの次にご紹介している「車買取専門店」で売却する方法に比べると、査定額が低くなってしまうケースが多いようです。

そのため、車を売るのは初めてだけど、出来るだけ高く売って得したいと考えている方には不向きな売却方法だと言えるでしょう。

車買取専門店は査定額高めだけど一括査定する必要あり

最近では、車を売る際の第一選択としても選ばれる事が多い車買取専門店。
中古車を売買する専門店のため、ライバル店よりも1台でも多く中古車を所持するために買い取りに積極的で、ディーラー下取りよりも高額査定を狙いやすいといったメリットがあります。

ただし、多数ある車買取専門店の中から1番高い査定額を出してくれる業者を探すためには、一括査定をする必要があり、ディラー下取りに比べると手間が掛かるでしょう。
手続きや流れさえ掴めれば、簡単に車を高く売却出来るケースが多いと言えます。

そのため、ぜひ初めて車を売る方にも挑戦してほしい売却方法です。

個人売買・オークションは売却後のトラブルに注意

先にご紹介した2つの方法に比べるとマイナーにはなりますが、個人売買・オークションで車を売る選択肢もあります。
個人売買・オークションは、車を売る際の手続きを自分で行う代わりに手数料や代行料を節約でき、結果的に手元に残るお金を増やせる売却方法です。

ただし、その分中古車市場の需要や相場額にある程度詳しくないと、売却に失敗して逆に損をしてしまう可能性が高まります。
また、個人間でのやり取りになるため、書類の不備や購入者とのやり取りの相違により、売却後にトラブルが発生する確率が高く注意が必要でしょう。

そういった意味で初めて車を売る方にはハードルが高く、出来るだけ避けた方が良い車の売却方法だと言えます。

車を売る手続き流れ2:一括査定サイトで買取業者を選ぶ

一括査定サイトで買取業者を選ぶ

先程ご紹介した3つの売却方法の中で、初心者の方でも安全かつ最も車を高く売れる可能性が高いのは「車買取専門店」です。
ですので、ここからは車買取専門店に絞って、車を売る手続きの流れをご紹介していきます。

車買取専門店の場合は、1番高い査定額を出してくれる買取業者を探すために、一括査定サイトを利用するのがオススメです。
一括査定サイトは、ネットで個人・愛車の情報を一度入力すれば、複数の車買取専門店に見積もりを出してもらえる便利なネットサービスです。

基本的には多くの買取業者と提携している、以下のような一括査定サイトで見積もりを取ると高額査定を狙いやすくなります。

【提携業者数の多い一括査定サイト】

ユーカーパック 2,000社以上の買取専門店と提携
カーセンサー 1,000社以上の買取専門店と提携

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。

不安なら口コミ・評判で下調べを忘れずに

いざ一括査定サイトを利用してみると、様々な買取業者の名前が並び、どこを選んだら良いのか不安になりますよね。
もちろん、基本的にはより高く車を売るために、事前に入力した愛車の情報を見て高額な査定予想額を掲示してくれた業者をいくつか選ぶのがオススメです。

しかし、金額だけでは分からないスタッフやサービスの質も確認したい場合には、口コミや評判をインターネットなどで事前に下調べする必要があるでしょう。
あくまでも参考程度ですが、「売却代金がなかなか振り込まれない」「車の状態を見た後に、実際にはかなり査定額が減額される」などのトラブル業者を避けるのに役立ちます。

車を売る手続きの流れ3:必要書類を揃える

必要書類を揃える

一括査定サイトで買取業者を選んだ後は、今後の手続きの流れをよりスムーズにするために必要書類を用意しておくのがオススメです。
以下の表を参考にして、実際に買取業者に車を査定してもらう日までに必要書類を揃えておきましょう。

また、普通自動車と軽自動車では用意する書類が違うので、注意してください。

【車を売る際の必要書類一覧表】

書類名称 普通自動車 軽自動車 一般的な保管場所
発行先
自動車検査証
(車検証)※1
ダッシュボード
自動車税納税証明書 × 自宅
軽自動車納税証明書 × 自宅
実印又は認印 ○(実印のみ) ○(認印でOK) 自宅
印鑑登録証明書
※1※2
× 市区町村の役所
又は証明書発行センターで入手
リサイクル券 ダッシュボード
自賠責保険証 ダッシュボード

※1 現住所・氏名と記載内容が同一かを確認してください。
※2 発行後1ヶ月以内の物を2通用意してください。

それでは次に、必要書類を紛失・住所や名義が異なる場合の対処法について、ご紹介していきます。

必要書類の紛失・住所や名義が異なる場合の対処法

必要書類の紛失・住所や名義が異なる場合には、焦らずに以下の対処法を実践しましょう。

【紛失した場合】

  • 自動車検査証(車検証)
  • 現在付いているナンバーを管轄している運輸支局で再発行出来ます。
    申請書類と手数料が必要になるため、再発行の際は何を持っていけばいいか事前に問い合わせておきましょう。

  • (軽)自動車税納税証明書
  • 普通車は管轄の都道府県税事務所・軽自動車は市町村役所で、無料で再発行してもらえます。

  • 自賠責保険証
  • 保険会社に連絡すれば、無料で再発行してもらえます。

【住所変更があった場合】

自動車検査証(車検証)と印鑑登録証明書は、現住所と記載されている住所が違う場合に、以下の書類が必要になります。

住所変更が一度のみ 住民票
複数回住所変更している場合 戸籍の附票または住民票の除票

【名義変更があった場合】

自動車検査証(車検証)に記載されている名義と異なる場合は、戸籍謄本を本籍地の市区町村で入手しましょう。

プラス査定の手続きに有効なアイテム

必須ではないものの、用意しておくとプラス査定に繋がる可能性の高いアイテムがあります。
高額査定を狙う場合は、車を査定する日までに出来るだけ準備しておきましょう。

定期点検整備記録簿

定期点検記録簿があると、今まで整備・点検を受けて車を大切に扱ってきた経緯が証明出来ます。
そのため、車のコンディションが良いと判断されて査定額がアップしやすくなるのです。

純正オプション

純正品のオプションは、ブランドの信頼感によってプラス査定に結びつく可能性が高いのです。
必ず査定額が上がるわけでは無いですが、アピールポイントとして事前に純正品オプションをリストアップしたメモ書きを用意しておくと良いでしょう。

一方で社外品は、プラス査定を期待出来ないばかりか、逆にマイナス査定の評価に繋がる恐れがあります。
あえて査定時に伝える必要はありません。

取扱説明書などの備品

普段使う事がない取扱説明書やスペアキーなどの備品も、あればプラス査定に繋がる可能性が高くなります。

車を売る手続きの流れ4:車両の引き渡し

車両の引き渡し

必要書類を用意した後は、一括査定サイトでピックアップして依頼した複数業者による愛車の査定が始まります。
出張査定をお願い出来るので、自宅まで車を見に来てもらいましょう。

業者毎に日にちを分けて査定を行っても良いですが、一度に全ての業者にまとめて来てもらった方が説明や交渉の手間が省けて楽です。
また、業者間による競合心理を刺激できるため、高額査定を狙いやすいでしょう。

納得出来る査定額を出してくれた買取業者と売買契約が済めば、とうとう車両の引き渡しになります。

高く売るなら査定前に愛車の清掃をしよう

高額査定を狙いたい場合は、業者による査定が始まる前に愛車の清掃をしておく事をオススメします。
なぜなら、すでにいつでも車両の引き渡しが出来る状態で査定を受ければ、買取業者に「すぐにでも車を売りたい」という本気度をアピール出来るからです。

また、やはり汚い状態よりも綺麗な状態で査定を受けた方が、「どれだけ車を丁寧に扱っていたか」が伝わり、査定額アップに繋がりやすくなります。
査定をする営業マンも人間です。

特別お金をかけてクリーニングを受けたり修理をしたりする必要はありません。
しかし、自分の出来る範囲で少しでも心証を良く出来るように努めましょう!

車を売る手続きの流れ5:入金を確認

入金を確認

車両の引き渡しが済んだら、後は銀行口座にお金が振り込まれたかを確認するだけです。
一般的に車両を引き渡した当日に入金される事はないので、いつ頃お金が振り込まれるのかを売買契約した買取業者に事前に聞いておきましょう。

相場としては、現金手渡しではなく銀行振込といった形式で、3~7日程度してから振り込まれるケースが多いようです。
もし、緊急でお金が必要な時は、引き渡し当日の現金手渡しや翌日銀行振込などに対応してくれる場合もあるので、一度業者に相談してみてください。

入金確認が出来ない場合の対処法

入金予定日に振込が確認出来なかった場合は、入金忘れや振込ミスなどのヒューマンエラーが起きている可能性があります。
念の為、業者に連絡を入れて、お金の流れがどうなっているかを確認してもらいましょう。

ただし、「すでに入金した」「車の傷や凹みが見つかったから、減額したい」などと言われた場合には、注意が必要です。
悪徳業者の可能性があります。

自分で交渉すると大きいトラブルに発展したり、しなくてもいい減額をされてしまう場合もあります。
そのため、まずは落ち着いて、以下のような機関に相談して指示を仰ぐのが賢明でしょう。

焦らずに落ち着いて対応するようにしてくださいね。

【業者に連絡しても入金確認が出来ない場合の相談先】

車を売る際の手続きまとめ

車を売る際の手続きまとめ

それでは最後に、最もお得に車を売る手続きの流れをおさらいしていきます。

1.売却方法を決める

初心者の方でも安全かつ最も車を高く売れる可能性が高い、「車買取専門店」がオススメ!

2.一括査定サイトで買取業者を選ぶ

提携業者数の多い一括査定サイトで複数の見積もりを取り、高額査定してくれそうな業者をいくつかピックアップして査定依頼してみましょう。

3.必要書類を準備する

当日の査定がスムーズに進むように、事前に普通・軽自動車に合わせた必要書類を用意しておきましょう。

4.車両の引き渡し

一度に複数業者に来てもらい、まとめて査定を受けると高額査定が狙いやすいです。
納得出来る査定額を出してくれた業者と売買契約を結び、車両の引き渡しまで進めましょう。

5.入金確認

振込期日までに入金確認が出来たら、無事車の売却が終わります!
初めて車を売る方でも、この記事の流れを見てポイントを掴めば、スムーズに高値で車を売却出来ます!

ぜひ、挑戦してみてください。

ページの先頭へ