輸入車買取ENGの評判・口コミ

輸入車買取ENGは、中古車の輸出を目的とした中古車買取サービスを行なう業者です。
主にトヨタの限られた高級車クラス、輸入車の買取をしています。

輸入車買取ENGはどんな特徴のある業者なのか、実際に利用した人の口コミも気になる所です。
そこで今回は、輸入車買取ENGについて評判や口コミ、買取サービスの詳しい事をご紹介していきます。

輸入車買取ENGの評判や口コミをチェック!

輸入車買取ENGが、どのような口コミの評判を獲得しているのかいくつか挙げてみました。

また、下記の「レビューを書く」から投稿が出来ますので、体験談、感想などを投稿してもらえると幸いです。
(※承認制なので反映までに時間が掛かる場合があります。また、自社にてアンケートを実施した物や問い合わせから来た物も代理投稿させて頂きます。)

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 0 レビュー

輸入車買取ENGの良い評判や口コミ

輸入車買取ENGの良い口コミ1

40代男性

車を買い取ってもらった後の入金処理の早さには、非常に驚きました。
すぐに現金が欲しかったので、ちょうど買取車種のオーナーでラッキーでした。

輸入車買取ENGの良い口コミ2

50代男性

トヨタの高級車、輸入車しか取り扱わないという事で、良くある大衆的な雰囲気はありません。
どのスタッフも丁寧な対応で、好感が持てました。

輸入車買取ENGの良い口コミ3

30代女性

最初は電話での査定から仮契約をしたので正直不安でしたが、杞憂に終わるくらい素晴らしい対応でした。
他店よりもかなり高い金額を付けてもらえたので、家族に相談したら満場一致でENGさんにお願いする事にしました。

輸入車買取ENGの良い口コミ4

40代男性

遠くに住んでいますが、電話のみのやり取りで安心感を得られたので取引する事になりました。
金額や対応、入金のスピードなど全てにおいて満足です。

輸入車買取ENGの悪い評判や口コミ

輸入車買取ENGの悪い口コミ1

40代男性

もしかして買取対象の車かと思ってよく見てみたら、年式が新しい車だけでした。
利用するには中々敷居が高そうですね。

輸入車買取ENGの悪い口コミ2

50代男性

車の持ち込みをした時、店舗に着いても中々対応してもらえず残念でした。
こちらから声を掛けて、事無きを得ました。

>>ユーカーパックなら約30秒で車買取の最高額が分かります。

輸入車買取ENGはどんな中古車の買取業者?

輸入車買取ENGはどんな中古車の買取業者

輸入車買取ENGは、どんな中古車の買取業者なのでしょうか。
下記は会社概要です。

会社名 株式会社ENG
本社所在地 〒108-0073 東京都港区三田1-3-31 FORECAST三田4F
設立 2008年1月31日
代表者 牧野 新一郎
ホームページ 輸入車買取ENGの公式サイトはコチラ

トヨタの高級車種と輸入車を買取する

輸入車買取ENGでは、主にトヨタの高級車種と一部の輸入車のみを買取対象としています。
トヨタは、アルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ランドクルーザー、ハリアー、ウィッシュの6車種のみです。

以前はトヨタ6車種のみの買取でしたが、2018年6月からベンツやMINIなどの限られた輸入車の買取も始めています。
しかし、限られているからこそ、他では中々期待出来ないような高額査定をしてもらえる可能性があるのです。

また、トヨタ車やベンツ、MINIなどメーカーや車種も限定されている中で、さらに年式も初年度登録から5年以上経過している車は買取の対象外となります。
新しい車で、しかもトヨタの高級車、或いはベンツやMINIの一部の車種のみという徹底ぶりから、他にはない金額を提示してもらえそうです。

公式ホームページの査定事例を見てみると、どの車も300万以上、中には500万円以上の超高額が付いている車もあります。
査定額に自信があるからこそ、ホームページで査定事例を公開しているのでしょう。

買い取られた車はマレーシアに輸出

そもそもどうして輸入車買取ENGでは、新しく限られた車種を高額買取しているのか気になる人も多いのではないでしょうか。
輸入車買取ENGは一般的な中古車買取店とは違って、海外に輸出するための車を買い取っています。

特にマレーシアの富裕層には先程のトヨタ6車種の需要が非常に高く、輸入車買取ENGがマレーシアにおける日本車輸出の約30%をシェアしているのです。
海外での信用度も高いので、仕入れの点において他の買取店よりも価格の競争力が高くなっています。

中古車買取店がすぐにマレーシアに車を輸出するというのは難しいため、輸入車買取ENG独自の流出ルートが強みなのです。

転売までに中間マージンが発生しない

一般的な中古車買取店の場合、買い取った車はオークションに出品されて転売していきます。
買取店がお客さんから車を買い取り、オートオークションに出品して中古車販売店が車を落札。

それを店舗で販売して、やっと次のオーナーの元へ行くのです。
この流れの間にオークションの出品料や輸送費など、中間マージンが発生してしまいます。

そのため、一般的な中古車買取店は間に発生するコストなども差し引いた金額を、査定額として提示するのです。
一方で、輸入車買取ENGは顧客から買い取った車を直接海外の販売店へと輸出するため、中間マージンが発生しません。

本来掛かるはずだったコストをカットしているので、その分査定額に還元してくれます。
差額の目安は15~20万ほどとなっており、他社と比較しても高価買取が期待できるようです。

ローン残債があっても買取してもらえる

車を輸入車買取ENGに引き取ってもらいたいものの、ローンが残っているのが気掛かりという人もいるでしょう。
輸入車買取ENGでは、査定額がローン残債よりも高い場合でも低い場合でも、買取をしてもらえます。

査定額がローン残債より高い時には、輸入車買取ENGが残債を一括返済して差額を振り込む手続きをしてくれます。
査定額がローン残債に届かなかった場合でも、差額を用意すれば同様に手続きをしてくれるのです。

輸入車買取ENGでは新しい車を購入する事も出来るので、車を買い取ってもらってから新しい車の購入代金をローンで組む事も出来ます。
買い替えを検討している人は、担当スタッフに色々聞いてみると良いでしょう。

最短で当日午後の口座振込が可能

輸入車買取ENGの特徴の一つとして、非常にスピーディな対応をしてくれる点が挙げられます。
査定申し込み問い合わせ後、東京都港区三田にある営業所に車を持ち込んで査定を受けてください。

金額に納得して売買契約を結んでから書類に不備がなく、車をそのまま引渡し可能な状態であれば最短で即日口座に振り込んでもらえます。
平日の銀行営業時間内に手続きを済ませれば、少ししたら着金されるという素早い対応です。

すぐにでも車を売りたい、手放しても構わないという人には非常に嬉しいサービスでしょう。
出張査定や書類不備などがあって銀行営業時間内に手続きが終わらない場合は、後日の振込対応となっています。

輸入車買取ENGで査定依頼するデメリットは?

輸入車買取ENGで査定依頼するデメリット

輸入車買取ENGで査定依頼をするにあたり、デメリットはあるのでしょうか。

買い取ってもらえる車種が限定される

輸入車買取ENGは一点集中型で、買取対象の車種や年式が非常に限られています。
偶然にも輸入車買取ENGの買取対象である車を売却出来る状態であれば良いのですが、利用出来る人はそう多くはないでしょう。

トヨタの中でも特に人気があるプリウスなどのハイブリッド車の取り扱いがないのは、輸出先のマレーシアにハイブリッド車を整備出来る人が少ないという理由があります。
また、プラグインハイブリッドも、充電機器が充実していないという理由から取り扱いはしていません。

輸入車に関してもベンツやMINIの一部の車種のみ、さらに右ハンドルオートマ車限定なので非常に狭き門です。
年式も初年度登録から5年以上は対象外という事で、誰でも気軽に利用出来る業者ではないでしょう。

輸入車買取ENGの査定額の事例

輸入車買取ENGの査定額の事例

輸入車買取ENGで査定を行なった際の事例についてご紹介します。

50代男性

査定車 2018年式 トヨタ・アルファード 2.55 Cパッケージ
走行距離 0.9万km
オプション サンルーフ、3眼LED、メーカー純正ナビ、メーカー純正後席モニター、パノラミックビューモニター、デジタルインナーミラー、モデリスタエアロ
事故歴 なし
ボディカラー ホワイトパール
査定額 540万円以上

他の中古車買取店とは段違いで高い金額を提示してくれ、対応も丁寧で親切だったので満足しています。
なるべく新しい車に乗っていたいので、買い替えのためにもこの査定額はありがたいです。

40代男性

査定車 2015年式 トヨタ・ハリアー エレガンスG’S
走行距離 5.4万km
オプション 社外ナビ、バックカメラ
事故歴 なし
ボディカラー ホワイトパール
査定額 245万円

輸入車買取ENGの買取対象には当てはまっていたものの、走行距離がいっていたので高値は付かないだろうと思っていました。
しかし、結果は245万と他にはないような金額を出してもらえて、驚きと共に感謝の気持ちで一杯です。

分からない事にも相談に乗ってもらえて、ローンも一括で返せて良かったです。

輸入車買取ENGの買取の手順について

輸入車買取ENGの買取の手順

輸入車買取ENGでの買取査定を依頼するときには、どのような手順で行なえば良いのでしょうか。
迷わずに輸入車買取ENGで査定依頼が出来る買取の流れを、詳しく見ていきましょう。

まずは、電話か査定フォームから、気軽に無料査定の問い合わせをします。
輸入車を買取をしてもらうには、問い合わせした時に型式と車台番号が必ず必要になります。

型式や車台番号は車検証に記載されているので、問い合わせの時はトヨタ車輸入車問わず車検証を手元に用意しておくと良いでしょう。
担当スタッフから車の情報などについてのヒアリングを受けて、査定額に納得がいったら仮契約をします。

仮契約後に現車確認となりますが、持ち込みでも出張査定でも大丈夫です。
書類に不備がなくすぐに車の引き渡しが可能であれば、平日で銀行営業時間内なら入金が即日行なわれます。

早く入金して欲しい人は平日の持ち込みがおすすめなので、問い合わせ時にスタッフに確認してみましょう。
車の引き取りに関しては、持ち込みと陸送の手配をする方法があります。

車の引き渡しが終われば、最短で当日の午後支払いです。
陸送の場合は後日支払いになるので、詳しい入金日は問い合わせてみましょう。

輸入車買取ENGをおすすめ出来る方・出来ない方

輸入車買取ENGをおすすめ出来る方・出来ない方

輸入車買取ENGを利用するにあたり、おすすめ出来る人と出来ない人がいます。
どんな人におすすめなのか、あるいは向いていないのか詳しく見ていきましょう。

おすすめ出来る人


輸入車買取ENGがおすすめなのは、新しい年式の買取対象車を売りたい人です。
輸入車買取ENGで買い取ってくれる車種はとても少ないので、当たればラッキーといえます。

オプションが多いほど高額査定になる可能性も高いので、純正オプションを中心にこだわって装着している場合はぜひ輸入車買取ENGを利用してみてください。
また、持ち込み査定からそのまま車引き渡しをしてしまえば、最短で当日支払いになります。

すぐにでも車を売りたい人や現金を手にしたい人にとっても、適していると言えるでしょう。

おすすめ出来ない人


輸入車買取ENGがおすすめ出来ないのは、買取対象の車ではない場合や年式が古い場合です。
輸入車だと右ハンドル、オートマ車などの制約もついてきます。

今一度問い合わせをする前に自分の車が買取対象かどうかチェックする必要があるので、気軽に利用するタイプの買取店ではなさそうです。
どんな車でも受け入れているわけではないので、限定的な考えを好まない人もおすすめは出来ません。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。