車の買い替え理由

「車の買い替えは費用も気になるし、出来るだけ先延ばしにしたい」
そう思う方は多いですし、管理人自身も車はそう簡単に買い替えるほど安い買い物ではないなと感じています。

その一方で、じゃあ一体皆はどんな時に車を買い替えようと思うのかな?というのも気になりますよね。
そこでこの記事では、車を買い替え時のよくある理由やきっかけなどについて、4パターン別に全11例をピックアップしてみました。

記事の後半では、車を買い替えるなら早く売却した方が良い理由や、日本人の車の買い替えペースが落ちているワケについてもご紹介しています。
合わせて参考にして頂けたら幸いです。

車の買い替え理由やきっかけ1:車本体に問題がある

車の買い替え理由やきっかけとして、第一に挙げられるのが「車本体に問題がある」場合です。
車の安全性や基本的な動作に問題がないかどうかは、車を運転する上での最重要事項と言えるので、買い替え理由としては納得の結果でしょう。

それでは次に、以下の2つの例に分けて具体的な状況や買い替え時に意識しておくと、お得なポイントなどについてご説明してきます。

1.車が故障してしまった場合
2.交通事故などで事故車・水没車・不動車になってしまった

車が故障してしまった

車は消耗品のため、理由もなく突然故障してしまう事があります。
特に以下のような場合は「修理費用を払うくらいなら…」と考えて、故障をした際に買い替えを検討する方が多いようです。

  • 年式が古く他の部位もいつ故障するか分からない
  • 修理費用に数十万以上かかる

こういったケースでは、次の2つポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

新車は故障が少ないブランドの車を選ぶ

新車は故障が少ないブランドの車を選ぶと、次回は同じような理由で車を手放す確率を減らせます。

【故障が少なく耐久品質が高い車ブランドの例】

  • レクサス
  • トヨタ

参考サイト:J.D. パワー /2018年日本自動車耐久品質調査

故障車は専門業者に買い取ってもらう

故障しているレベルに合わせた専門業者に買い取ってもらうと、古い車でも高価買取してもらいやすくなります。

事故車・水没車・不動車になってしまった

交通事故などが理由で、事故車・水没車・不動車になり、保険金が下りず修理費がかさんでしまう場合は、買い替えを検討する方が多いようです。
こういったケースでは次の2つポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

事故にあった際の保険を検討する

次回以降の対策として、「車両保険(自分の車の修理費等を補償する保険)」への加入をおすすめします。
自動車保険の一括査定サイトを利用して、お得な車両保険を見つけましょう。

>>保険の窓口インズウェブを見てみる。

廃車専門業者に古い車を買い取ってもらう

事故車・水没車・不動車であっても廃車専門業者に査定をお願いすれば、査定額が数万円前後付いたり、廃車の代行費用が無料になったりするのでお得です。

車の買い替え理由やきっかけ2:ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化

車の買い替え理由やきっかけとして、第二に挙げられるのが「ライフスタイルの変化」です。
たしかに、結婚や子供の誕生などで経済状況や車の使用目的が変化すると、車を買い替える人は多い印象ですよね。

それでは次に、以下の2つの例に分けて、具体的な状況や買い替え時に意識しておくと、お得なポイントなどについてご説明していきます。

1.結婚・転勤・子供の誕生・昇進などイベントがあった
2.経済状況が厳しくなり固定費を安くしたい

結婚・転勤・子供の誕生・昇進などのイベントがあった

結婚・転勤・子供の誕生・昇進など、生活がガラリと変わるイベントがあった時は、車に求める物が変化する事から買い替えを検討する人が多いようです。
こういったケースでは、次の2つのポイントを意識しておくと、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

次のライフステージに適した車選びを考える

大きなライフステージの切り替えがあった際は、以下のように新たな生活に合わせた車選びをすると失敗しにくいです。

【例】

子供が生まれた ミニバン
単身赴任のためセカンドカーが必要になった 軽自動車など

一括査定サイトを利用して古い車を高く売る

ライフスタイルの変化で車を買い替える際は、どんな理由であっても、不要になった車を高く売って新車費用に充てるのがおすすめです。
中古車買取専門の一括査定サイトを利用して複数業者に査定額を競わせ、高額査定を狙いましょう。

ただし、一括査定を利用するにあたり、営業電話がしつこいなどのデメリットもあるので注意が必要です。

固定費(維持費)を安くするため

ライフスタイルの変化の中でも、経済状況が悪化しやすい以下のイベントは、固定費(車の維持費)軽減のために買い替えを検討する理由に繋がるようです。

  • 子供の人数が増えて教育費や食費がかさんでしまっている
  • 結婚後に新生活の準備で貯金を使った

こういったケースでは、次の2つのポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

固定費(維持費)が安い車に買い替えるor新車購入をやめる

軽自動車に買い替えをすれば、車の年間維持費を最低レベルまで抑えられます。
また、新生活の中で車が必需品でない場合は、新車購入を諦める事で新車購入代金と車に掛かる年間維持費(38万円前後)を節約出来るでしょう。

一括査定サイトを利用して古い車を高く売る

古い車を高く売却すれば新車を購入しない場合でも、生活費に車の売却費用を充てられます。
先程と同様に、中古車買取専門の一括査定サイトを利用して複数業者に査定額を競わせ、高額査定を狙いましょう。

前述しましたが、一括査定を利用する際には、営業電話によるトラブルも多いため、ユーカーパックなどの営業電話のない一括査定を利用するのがおすすめです。

車の買い替え理由やきっかけ3:時期やタイミング的な問題

時期やタイミング的な問題

車の買い替え理由やきっかけとして、第三に挙げられるのが「時期やタイミング的な問題」です。
車の寿命や経年劣化の目安となる時期やローン完済や車検といったタイミングは、たしかに車の買い替え理由としても選ばれやすいでしょう。

それでは次に以下の4つの例に分けて、具体的な状況や買い替え時に意識しておくとお得なポイントなどについてご説明してきます。

1.走行距離が一定の数値を超えた
2.年式が古くなってきて車の寿命が心配
3.車検の更新が迫ってきた
4.自動車ローンの完済や貯金など金銭的に余裕が出来た

走行距離が一定の数値を超えた

走行距離が5万・7万・10万キロを超えると、車売却時の査定額に影響を与えやすいという理由から、このタイミングで買い替えを検討する方が多いようです。
こういったケースでは次のポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

走行距離10万キロを目安に売却先を変える

通常査定額に直接影響を与えるのは、1年間で1万キロ以上を走行しているかという点です。
しかし、年間の走行距離とは関係なく合計で10万キロを超える過走行車の場合は、ディーラー下取りに出しても査定額がほとんど付かないケースが多いでしょう。

そのため、売却先は以下のように合計走行距離を目安にして変えると、高価買取してもらいやすくなります。

5万~10万キロ未満(多走行車) ディーラー下取りor中古車専門買取店
10万キロ以上(過走行車) 中古車or廃車専門の買取業者

年式が古くなってきて車の寿命が心配

年式が10年を超える車は、中古車の価値が失われるという理由から、このタイミングで買い替えを検討する方が多いようです。
こういったケースでは次の2つのポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

年式10年を目安に売却先を変える

年式10年を超える車は、ディーラー下取りに出しても査定額がほとんど付かないケースが多いのです。
そのため、以下のように年式10年を目安にして売却先を変えると、高価買取してもらいやすくなるでしょう。

10年未満 ディーラー下取りor中古車専門買取店
10年以上 中古車or廃車専門の買取業者

10年以上乗るなら自動車税が値上がりする前に売る

自動車税は、年式が13年・18年になったタイミングで増税されます。
そのため、乗り潰すつもりで10年以上乗る場合には、年式が13年・18年を超える前に車を買い替えた方が維持費を節約出来るでしょう。

車検の更新が迫ってきた

新車購入から3年、その後は2年毎に更新する必要がある車検。
車検に掛かる費用以外に、自動車重量税や自賠責保険料などもまとめて支払う事になります。

そのため、車検の更新が迫ってきたタイミングで車の買い替えを検討する方が多いようです。
こういったケースでは次の2つのポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

車検更新期日の1~2ヶ月前を狙って車を売却する

車検は受けた前と後で、査定額が大きく変わる事がありません。
そのため、車検が切れるギリギリのタイミングを狙って車を売ると、先払いした車検分を無駄にする事なく車の買い替えが出来ます。

年式や走行距離も考えて買い替えをするかを検討する

一般的に車は年式10年・走行距離10万キロを超えると、車検時に部品の交換が増えて車検費用がかさみやすいと言われています。
ですので、今回の車検更新の前に買い替えるかどうかは、年式や走行距離を参考にすると良いでしょう。

自動車ローンの完済や貯金など金銭的に余裕が出来た

金銭的に余裕が出来たという理由で買い替えをする方もいます。

  • 今まで支払っていた自動車ローンを完済した
  • 目標額まで貯金が溜まった

上記のようなタイミングで買い替えを検討する方は、金銭的に余裕があるなら新車を購入したいと考える車好きな人が多いようです。
こういったケースでは次のポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

次回の買い替えのためにも古い車を高く売る

車好きな人であれば、新モデルが出ると「ああっ!いいな!!乗ってみたい」と感じる事が多いはずです。
そういった車への欲求を満たすためには、やはり「お金」が必要になります。

今回の買い替えで古い車を高く売って、次回の買い替えに備えておきましょう。
高額査定を狙うためにも、一括査定サイトで複数買取店の査定額を比較するのがおすすめです。

一括査定を利用する際には、営業電話がしつこくないものを利用するようにしましょう。

車の買い替え理由やきっかけ4:気分・心理的影響

気分・心理的影響

車の買い替え理由やきっかけとして、第四に挙げられるのが「気分・心理的影響」です。
現在の日本経済や平均年収から考えると、贅沢品とも言える車を買い替えるかどうかは、気分や心理的影響に後押しされる部分も少なからずあると言えるでしょう。

それでは次に以下の3つの例に分けて、具体的な状況や買い替え時に意識しておくとお得なポイントなどについてご説明していきます。

1.占いや風水の影響を受けた
2.欲しい!と感じる新モデルの車が発売された
3.今乗っている車に飽きた・不満がある

占いや風水などの影響を受けた

車には様々な車種やカラーバリエーションがあります。
心機一転するという理由で、占いや風水の影響を受けて車の買い替えを検討する方もいます。

こういったケースでは次のポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすくなります。

買い替え時に縁起の良いナンバーを手に入れる

車の買い替え時に希望ナンバー制を利用すれば、4桁ナンバーを自由に選べます。

【縁起の良いナンバーの例】

  • 31、52(風水で仕事や家庭運がアップすると言われている数字)
  • 32(風水で恋愛運がアップすると言われている数字)
  • 24(風水で金運がアップすると言われている数字)
  • 15(風水で全体運がアップすると言われている数字)
  • 8888(末広がりのゾロ目ナンバー)

ただし、一桁・二桁ナンバーやゾロ目は、人気ナンバーと呼ばれて抽選対象になる確率が高いのです。
自分の希望するナンバーがお住まいの地域で抽選対象になるかどうかは、以下のサイトで確認出来るので調べてみてください。

全国自動車標板協議会/抽選対象希望番号:https://www.kibou-number.jp/kibou/general/index?__next=GCZA0101&__route=CZA01

希望ナンバーの申請方法は、以下で詳しく解説しています。

欲しいと感じる新モデルの車が発売された

「CMや車雑誌を見ていたら、欲しい!と感じる新モデルの車に出会った」
少し衝動的な理由ではありますが、車好きな人にとっては「新車に恋した時が買い替え時」となるため、よくある買い替えのきっかけだと言えます。

こういったケースでは次のポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすいでしょう。

新車費用を捻出するために古い車を高く売る

あなたが欲しくなるような新モデルの魅力的な車であれば、買い替え時の新車値引きはほとんど期待出来ません。
高い新車の購入費用を捻出するためにも、一括査定サイトを利用して複数買取店の査定額を比較して高額査定を狙いましょう。

複数業者の比較で一括査定を利用する際は、営業電話がしつこくないものを選ぶようにするのがおすすめです。

今乗っている車に飽きてしまった・不満がある

「今乗っている車に飽きてしまった・不満がある」
こういったケースは、車に乗る事自体がストレスになってしまっている可能性が考えられます。

特に車を運転する頻度が高い方は、金銭的には負担が増しても買い替えた方が心理的に楽になるという理由で、買い替えを検討される方が多いようです。
こういったケースでは次のポイントを意識すると、より満足度の高い買い替えを実現しやすいでしょう。

新車購入時の下調べを徹底する

新たな車を購入しても、不満が完全に無くなるとは限りません。
購入後に後悔しないためにも、以下のような方法で新車購入前に下調べを徹底するのがおすすめでしょう。

  • ネット購入で決めるのではなく「試乗」をしてみて感覚的な情報を得る
  • 購入したい車の口コミや評判をネットや雑誌で調べる

車を買い替えるなら早く売却した方が良い理由

車を買い替えるなら早く売却した方が良い理由

ここまでご紹介してきたように、人が車を買い替えたいと思う理由やきっかけは千差万別です。
しかし、悩んだ上でどちらにせよ買い替えをするのであれば、車を売るのは早いに越した事はないでしょう。

なぜなら、以下のように古い車を売却する視点で考えると、ケース・バイ・ケースではありますが、車は早く売った方がお得なケースが多いからです。

  • 年式が古くなると、マイナス査定に繋がる
  • 走行距離が多くなると、マイナス査定に繋がる
  • 売却前に事故などにあってしまうと、査定額が大幅に下がる
  • 新モデルが発売されると、型落ち扱いになり査定額が大幅に下がる

上記の事から、結果的に買い替えるなら早く売るべきでしょう。

修理するより思い切って買い替えた方が良いケースも?

日本は世界と比較しても耐久性の優れた車が多く、きちんと修理や整備をすれば20年以上乗り続ける事も可能です。
しかし、車は消耗品のため、やはり年式が10年・走行距離が10万キロを超えた車は、「いつ故障するか分からない」リスクがあるという理由から、修理や整備の費用がかさみやすくなるでしょう。

そのため、突然の故障に怯えながら車に乗り続けるのであれば、買い替えた方が良いケースも多くあります。
車を使用する頻度やご家庭の状況なども合わせて考えながら、買い替えた方がお得なのかどうか検討してみてください。

日本人の車の買い替えペースが落ちている理由

日本人の車の買い替えペースが落ちている理由

自動車検査登録情報協会が公表しているデータを見ると、日本人の車の買い替えペースは年々落ちている事が分かります。

西暦 乗用車の使用平均年数※
1998年(約20年前) 5.33年
2008年(約10年前) 7.23年
2018年 8.60年

参照元:一般財団法人 自動車検査登録情報協会
※軽自動車を除く数字です。

その理由は、以下のような事が関係していると考えられるでしょう。

  • 10年以上前から車の性能に大きな変化がなくなった
  • 不景気の影響で、趣味より道具として車を購入する人が増えた
  • 日本車の耐久性が高いため

つまり、高く売れるギリギリの年数まで乗ってから無駄なく車を買い替えるのが、現在の車の買い替えトレンドだと言う事です。
もしあなたが車を買い替えるタイミングに悩んでしまった場合は、こういった現在の主流を参考に買い替えしてみるのもおすすめと言えます。

車を買い替える理由やきっかけのまとめ

車を買い替える理由やきっかけのまとめ

車の買い替え理由やきっかけは、千差万別です。
しかし、2018年の乗用車の使用平均年数が8.6年である事を考えると、年式10年を超える前に車の買い替えを検討する人が多い事が分かります。

消耗品である車は、故障や修理費がかさむ前に高く売却するのが現在のトレンドだと言えるでしょう。
また、車を買い替えるきっかけには、以下のような理由が挙げられます。

・本体に問題がある
・ライフスタイルの変化
・走行距離・車検など時期やタイミング
・気分や心理的な影響

結論から申し上げると、車を買い替えるなら査定額が下がる前に早く売却した方が良いと言えます。
また、車の売却先は一括査定サイトを利用すると高額査定を狙いやすいです。

ただし、一括査定を利用する際には注意が必要と言えます。
申し込みをした瞬間に営業電話が鳴りやまないというトラブル事例もあるためです。

もしも複数業者を比較するために一括査定を利用する場合には、「ユーカーパック」などのように営業電話がないものを利用する事をおすすめします。
電話があっても、より高く売りたいという場合には、「カーセンサー」などもおすすめです。

買い替えで出ていくお金を補填するためにも、ぜひ一度利用してみてください。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。