赤ちゃんでの車の買い替え

人生に起こるイベントの中でも、赤ちゃんを家族の一員に迎え入れるのは大きなイベントの1つです。
赤ちゃんのために必要な生活用品を揃えたり、毎日の生活にも大きな変化が生まれます。

赤ちゃんに快適に安全に車に乗ってもらうためにも、今乗っている車を別のものに変える必要があるご家族もいるのではないでしょうか。
そこで、赤ちゃんのために車を買い替える時、どんなポイントがあるのかをここでご紹介したいと思います。

赤ちゃんのために車を買い替えでの7つのポイント

赤ちゃんのために車を買い替える時の主なポイントは7つあります。
もちろん、それぞれのご家族の生活スタイルによっては、他にも考えられるポイントはあるかもしれません。

ただ、ここで紹介するポイントは、最低限考えておく事をお勧めします。
では、1つずつ紹介していきます。

チャイルドシートは必須

現在、チャイルドシートは、6歳未満の子どもには必ず装着させないといけません。
これは、道路交通法によって2000年4月1日より義務化されています。

車を買い替える時に注意しなければならないのは、車内にチャイルドシートを取り付ける事が出来るかどうかという点です。
国産車のほとんどは、チャイルドシートを取り付ける事が出来ます。

しかし、買い替えを検討される時は、念のため購入先で確認しておくようにしましょう。
また、チャイルドシートは安全重視で作られている事もあり、車内のかなりのスペースを占領します。

車内が広い車を選ぶのも重要なポイントと言えるでしょう。
他にも、車高の低い車だと室内温度が高くなりやすくなり、赤ちゃんの体調を壊してしまう恐れがあります。

出来れば車高の高い車を選ぶようにしましょう。

ベビーカーを乗せるための3列目シート

2つ目のポイントには、ベビーカーを乗せるスペースを確保出来る車を選ぶ事です。
赤ちゃんとお出かけする時は、ベビーカーも一緒に車に詰め込んでいく必要があります。

ベビーカーは折りたたみ出来るものもありますが、それでもかなりの大きさです。
3列目シートのある大きな車であれば、大きくてかさばるチャイルドシートも楽に詰め込む事が出来ます。

また、生まれたばかりの赤ちゃんを抱えていると、毎日スーパーに買い物へ行くのも大変です。
そんな時、週末にまとめ買いをして済ませる家庭も増えてきています。

大量の食材や赤ちゃんのためのオムツなどを詰め込む時も、3列目シートがあると多く荷物を詰め込めるので便利です。

清潔な車環境を維持する空気清浄機

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫力も低く体調を崩しやすいのです。
そのため、赤ちゃんが口に付けるものは、常に清潔に保つ必要があります。

車内環境も清潔にしておく事は、赤ちゃんが体調を崩さないようにするためにも必要な事です。
空気清浄機は、家電店などでも購入する事が出来ます。

そのため、車を買い替えた時と一緒に購入して、常に稼働させておきましょう。

赤ちゃんを抱える時に便利な電動スライドドア

赤ちゃんを抱っこしたまま車を使う時に1番困るのは、ドアを開ける時ではないでしょうか。
両手で赤ちゃんを抱えているとドアを開けられないし、だからと言って片手だけで抱っこしてドアを開けるのは怖いし、と色々考えてしまいますね。

そんな時に便利な車の機能は、「電動スライドドア」です。
電動スライドドアは、車のキーリモコンや運転席のスイッチだけで開く事が出来ます。

また、ドアハンドルを軽く引いたりドアハンドルのスイッチを押すだけで、自動的にドアを開閉してくれる機能を装備している車もあります。
赤ちゃんを抱えて両手がふさがっているお母さんお父さんも、楽に車のドアを開く事が出来るのです。

最近では、車の足元にセンサーを装備し、足の動きだけでドアを開閉する事が出来る車もあります。
赤ちゃんを抱えている時だけでなく、両手に荷物を抱えている時でも非常に便利な機能ですね。

紫外線から赤ちゃんを守るUVカットガラス

紫外線は、刺激に弱く免疫力の低い赤ちゃんにとって大きな害があります。
大人と違って皮膚機能が不完全な赤ちゃんの皮膚に紫外線が長時間当たると、表面だけでなく細胞の奥深くにまで達し皮膚機能を破壊する恐れがあるのです。

他にも、皮膚ガンや白内障など、深刻な病気を発症するリスクが高まります。
自分で自分の身を守れない赤ちゃんのために、家族が守ってあげる必要があるのです。

車を買い替える際、車の窓ガラスはUVカットガラスを選び、外からの紫外線が極力車内に入らないようにしましょう。
車によっては、UVカットガラスがオプション設定出来ない場合もあります。

その場合、UVカットフィルム等が市販でも販売されていますので、そちらを利用すると良いでしょう。

自動ブレーキ

近年、アクセルとブレーキの踏み間違え事故が問題視されています。
ニュースに取り上げられているのは、高齢の方が多いような印象を受ける方もいるのではないでしょうか。

ですが、踏み間違え事故は高齢の方だけでなく、車を運転する全ての方が起こす可能性のある事故です。
事故は他人を傷つけてしまうだけでなく、一緒に車に乗っている家族にまで被害が及ぶ可能性もあります。

安全に運転するためにも、自動ブレーキ搭載の車を選ぶのも車の買い替えのポイントになるでしょう。
赤ちゃんを事故から守るために、自動ブレーキ搭載の車はおすすめです。

価格が安くて低燃費が良い

最後に、車を買い替える時は、価格が安く低燃費の車にする事をお勧めします。
赤ちゃんを迎え入れると、今後の成長に伴って出費が増えてきます。

乳児のうちはオムツやミルク代、成長したら学費やランドセルなど大きな出費もあります。
今後の事も考えて極力貯金していく必要もあるため、車を買い替える際も維持費が安いものにしたいという方は多いでしょう。

ですが、ただ安い車だと今までご紹介したポイントが全く備わっていない車しか選べなかったり、燃費が悪かったり車検費用が高かったりする場合もあります。
せっかく安く買ったのに、むしろ維持費が高くなると意味がありません。

赤ちゃんのために車を購入する際は、車両価格の他にも毎月の維持費も考えた上で購入を検討しましょう。
ガソリン代も高くなっていますので、低燃費で走れる車であれば維持費もかなり抑えられると思います。

車の買い替えで赤ちゃんにおすすめの車種

車の買い替えで赤ちゃんにおすすめの車種

次に、赤ちゃんにおすすめの車種について説明していきます。
赤ちゃんを迎え入れるのにおすすめの車種は、ミニバン、コンパクトカー、軽自動車の3種類です。

ですが、赤ちゃんが1人目か2人目かでも、特にどれがおすすめなのかが違ってくるので、それぞれお話しします。
その前に、まず車を買い替える時に、新車と中古車のどちらにするのが良いか迷う方もいるでしょう。

新車を購入したい方も多いかもしれません。
しかし、赤ちゃんや小さな子どもだと嘔吐やおもらし、食べこぼしなどで車内を汚してしまう恐れがあります。

「新車が汚れてしまった」と、ガッカリしてしまうような事がどうしても起こってしまいがちです。
それでも新車が良い方はそれでも良いのですが、汚した時の事が心配な方は中古車をおすすめします。

ただ、中古車を購入する場合、前の所有者の運転の仕方によって車の振動が大きい場合があります。
振動に弱い赤ちゃんもいますので、事前に確認しておきましょう。

赤ちゃんが1人目の場合

赤ちゃんのために車を買い替える時、赤ちゃんが1人目の場合と2人目の場合では状況が異なってきます。
また、今後子どもが何人欲しいかも検討した上で、車の買い替えも検討する必要があるでしょう。

子どもが1人目であるという方は、低燃費な軽自動車の中でも車内が広々したタイプで、十分な機能が備わっている車がおすすめ。
その中でもおすすめの車種は以下の車です。

おすすめの車種 概要
ホンダ NBOX 車内が広く、車高が低いため子どもを抱えたままでも荷物を載せる事が出来る
スズキ スペーシア 車高が高いため、大きな荷物もそこに倒す必要がない
電動スライドドアをオプションで両側に付ける事も出来る
ダイハツ タント 後部座席が広いため、ベビーカーも乗せやすい
安いグレードのものであれば新車で120万円未満で購入可能

最近は燃費の良さで軽自動車の種類も増えていますが、その中でも子ども連れの方に人気があるのは上の3つです。

赤ちゃんが2人目の場合

赤ちゃんが2人目の方や2人目も考えた上で車を買い替えたい方のために、ミニバンやコンパクトカーのように大きめの車をご紹介します。
まず、ミニバンで人気の車種以下の3つです。

おすすめの車種 概要
トヨタ シエンタ 乗りやすくて荷物も詰め込みやすいをコンセプトに製造された車で乗り心地も抜群
ホンダ ステップワゴン 縦にも横にも開くバックドア(わくわくゲート)が用途に合わせて使い分ける事が出来る
トヨタ ヴォクシー 安全性能・広さ・使い勝手・質感が全て備わっており、見た目の格好よさも人気の秘密

コンパクトカーはミニバンほど大きい車ではないので、運転に自信のない方でも乗りやすいタイプです。
コンパクトカーでおすすめの車種は以下の3つ。

おすすめの車種 概要
スズキ ソリオ 耐衝撃性に優れ低燃費で環境への配慮も抜群の車、外装のオシャレさからも人気が高い
マツダ デミオ 落ち着いた雰囲気と見た目以上の広さを感じるディーゼル車
安全性や快適性もしっかりと確保されている
トヨタ アクア 車内高を確保し乗る人全ての方が快適と感じられる作りで女性に人気の車

赤ちゃんのために車を買い替える理想の時期は?

赤ちゃんのために車を買い替える理想の時期

赤ちゃんを迎え入れるために車を買い替えるのを検討されている方は、どの時期に買い替えるか悩むのではないでしょうか。
ひょっとしたら出産前に車を買い替えた方が良いと考えたり、周りにアドバイスされる人もいると思います。

しかし、もし出産前に車を買い替えると、実際に赤ちゃんを迎え入れた時とのギャップが生じる恐れがあります。

  • そんなにスペースが必要ではなかった
  • 燃費が悪くて維持費が多く掛かった
  • 子どもが汚してしまった

張り切ってミニバンのような大きな車を買っても、上記のように予想出来ない事が多々考えられます。
今手持ちの車で、チャイルドシートなどを置くスペースが確保出来るという方は、出産後に赤ちゃんを家に迎え入れ、生活スタイルを把握してから買い替えるのをおすすめします。

自分たちの生活スタイルが分かれば、何が必要で何が不要かが分かってくると思うので、自分たちに合った車が選べでしょう。

出産で車を買い替えるなら買取査定がおすすめ

出産で車を買い替えるなら買取査定がおすすめ

赤ちゃんのために車を買い替える場合、今の車は買取査定に出す事をおすすめします。
買取査定は1社ではなく複数社に依頼を行い、査定額を比較して1番高く買い取ってくれる業者にお願いするとお得です。

査定して手に入れたお金が次の車の買い替え資金にも当てられるので、自分たちが出す費用を少しでも減らす事が出来ます。
ただ査定依頼を複数社に出すと、営業電話がしつこく頻繁に掛かってくる場合があります。

それが嫌な方は、営業電話が掛かってこないユーカーパックなら安心して査定依頼が出来ますので利用してみましょう。
今後、赤ちゃんのためにお金が掛かる事が増えてきます。

車の買い替えで少しでも費用を抑えたい方は、買取査定を有効活用してください。

赤ちゃんの車の買い替えまとめ

赤ちゃんの車の買い替えまとめ

これから赤ちゃんを迎え入れる方や、生まれたての赤ちゃんの育児に既に追われている方は、少しでも負担を減らすためにも車の買い替えを検討してみると良いでしょう。
赤ちゃんを抱っこしたままお出かけする時に、運転しやすい車や使い勝手の良い車を持っていると、負担もかなり減って余裕も生まれます。

以下の7つのポイントを参考に、赤ちゃんと快適に過ごせる車を選んでみて下さい。

・チャイルドシートが乗るか
・ベビーカーが乗せやすいか
・清潔な車内環境を維持できるか
・電動スライドドアはおすすめ
・UVカットガラス
・自動ブレーキ搭載
・価格や燃費

ミニバンのように荷物も多く詰め込める車だけでなく、軽自動車やコンパクトカーでも赤ちゃんを乗せるのに最適な車が、多くのメーカーから販売されています。
車の見た目なども大切ですが、燃費や安全面も考慮した車を探してみましょう。

赤ちゃんは、自分の身を自分で守る事が出来ません。
また、免疫力も低いので、家族で守っていく必要があります。

車を買い替えて、家族全員で快適にお出かけ出来るようになると嬉しいものですね。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。