キューブの買取価格の相場

日産キューブはその名の通り、四角いフォルムが特徴のコンパクトカーです。
コンパクトながらファミリーカーとしての需要も高く、売却する際の買取相場が気になります。

そこで今回はキューブの買取価格相場や買取事例、相場を知る方法、特徴についてみていきましょう。
査定・買取価格を引き上げる方法や査定時のチェックポイントなどもご紹介します。

キューブの買取価格の相場をチェック!

平均買取価格 実績不足のため算出不可
最高買取価格 415,000円
最安買取価格 50,000円
平均売却期間 8年7ヶ月
平均走行距離 5.9万キロ

こちらの数字は、下記サイトを参照しています。
「車選び.comの一括査定」

また、下記の「レビューを書く」から投稿が出来ますので、実際に査定・買取依頼をした体験談を掲載してもらえると幸いです。
(※承認制なので反映までに時間が掛かる場合があります。また、自社にてアンケートを実施した物や問い合わせから来た物も代理投稿させて頂きます。)

グレード・年式・買取価格なども合わせてお願い出来たらと思います。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 0 レビュー

キューブの買取価格相場の事例は?

キューブの買取価格相場の事例

キューブの買取価格相場の事例を確認しましょう。
高い査定額、安い査定額、年式別、グレード別、走行距離別にご紹介します。

査定額が高い事例

査定額 グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期
1,026,000円 15X Vセレクション 2017年 2万キロ ホワイトパール 福岡県 2019年3月
988,000円 15G 2018年 1万キロ ブラウン 愛知県 2019年3月

査定額が安い事例

査定額 グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期
50,400円 15X インディゴプラスプラズマ 2012年 8~9万キロ グリーン 京都府 2019年2月
51,000円 15X Vセレクション 2010年 7~8万キロ ホワイトパール 静岡県 2019年5月

年式ごとの査定額事例

年式 グレード 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
2003年 1.4 ライダー 4WD 3~4万キロ ホワイトパール 神奈川県 2018年12月 178,400円
2006年 15M プレミアムインテリア 6万キロ ライトブルー 大阪府 2019年3月 58,000円
2010年 15X Mセレクション 6~7万キロ ブラウン 富山県 2019年5月 146,000円
2014年 15X ロルブーセレクション 8~9万キロ ホワイトパール 神奈川県 2019年2月 171,200円
2017年 15X Vセレクション マイキューブ 1万キロ ブラウン 東京都 2019年1月 827,000円

グレード別の査定額事例

グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
14S FOUR 4WD 2007年 8~9万キロ パープル 岩手県 2018年12月 168,800円
1.4 トラビス 4WD 2004年 7~8万キロ ホワイトパール 滋賀県 2019年1月 176,000円
15M カガヤキエディション プラスナビ HDD 2007年 6~7万キロ ブラック 宮城県 2019年2月 122,400円
15X パーティーレッドセレクション 2011年 4~5万キロ グレー 沖縄県 2019年1月 268,000円
ライダー ブラックライン 2011年 6~7万キロ ブラック 岐阜県 2018年12月 332,000円

走行距離別の査定額事例

走行距離 年式 グレード カラー 地域 査定時期 査定額
0~1万キロ 15E 2008年 ホワイトパール 富山県 2019年1月 201,600円
5~6万キロ 15X 2009年 ブラック 長崎県 2019年2月 168,000円
8~9万キロ 15X インディゴセレクション 2010年 8~9万キロ 愛知県 2019年3月 55,000円
11~12万キロ 15X 80th スペシャルカラーリミテッド 2014年 レッド 山形県 2018年12月 230,400円
15~16万キロ 15X FOUR Mセレクション 4WD 2010年 ブラウン 福岡県 2019年2月 84,000円

SNSでの査定額事例

キューブの買取価格の相場を簡単に知る方法

キューブの正確な買取価格の相場を知る方法

キューブを査定してもらって値段が付いた時、果たして金額が適正かどうか相場を把握していないと分かりません。
大体自分のキューブがどの程度の価格帯なのかを事前に知っていれば、もし安い金額を提示された時には値段交渉が可能なのです。

キューブの買取価格の相場を簡単に知るには、複数社に査定依頼をして概算見積もりを出してもらうのがおすすめ。
複数社に査定依頼をするなら、手間を掛けずに申し込める一括査定サービスが良いでしょう。

一度の申し込みで複数社から連絡が来るので、あとは競合してもらうためにも同時間帯に査定の約束をして下さい。
一括査定は申し込み直後から電話対応で大変ではありますが、その分高く売れる可能性も高まるのでぜひ活用しましょう。

どうしても電話対応などは嫌だという方は、ユーカーパックのような1社のみの対応で済む一括査定を利用するのがおすすめです。

キューブの買取価格相場の特徴は?

キューブ買取価格の相場の特徴

キューブの買取相場の特徴は、どのような点が挙げられるのでしょうか。
常に変化する買取相場において車ごとの特徴を知っておくのは重要なので、詳しく見ていきましょう。

リセールバリューが良いとは言えない

キューブは意外にも新車購入後1年で売ってしまう人も多い車なので、買取相場は下降傾向にあります。
3年落ちからどんどん値段が下がっていくので、リセールバリューが良い車とは言えません。

7年落ち以降は値段が付いたとしても10万円台、10年落ち以降にもなると値段が付かないというケースも多くなります。
値段が付かない場合は廃車扱いとなって逆に費用が掛かる場合もあるため、廃車買取業者に頼んだ方が高く売れる可能性もあるのです。

高値が付きやすいボディーカラー

キューブで高値が付きやすいボディーカラーはホワイトパール、ブラックといった定番の人気色です。
次いで、パールではないホワイトも高値が付きやすいでしょう。

高値で売れているキューブの中では、ブラウンも多い印象です。
他の不人気色と比較すると10万円以上の差が出る事もあるので、キューブを高く買い取ってもらう際にはボディーカラーが重視されます。

高値が付きやすいグレード

中古車として需要があるキューブの人気グレードは「15X Vセレクション」で、多くの高額査定車両はこのグレードとなっています。
「15X インディゴプラスプラズマ」も高値が付きやすいグレードで、人気のグレードによって査定額もハッキリ分かれるのが特徴です。

「1.5 ライダー ブラックライン」などライダー系グレードも、評価が高くなりやすいので買取では有利でしょう。
将来的に買取を視野に入れている場合には、買取に有利なグレードを選ぶのがお勧めです。

高値が付きやすいオプション

キューブのオプションの中でも、プラス査定が付きやすい物は「スタイリッシュガラスルーフ」です。
サンルーフの取り付け車両が少ないので、希少性が高い事からプラス査定となる場合があります。

また、「キセノンヘッドランプ」も夜間の視界の良さから人気があるので、プラス査定が期待出来るでしょう。
メーカーオプションに掛かった金額を取り戻す事は難しいのですが、買取金額が高くなるのは間違いありません。

キューブの査定・買取価格を引き上げる方法

キューブの査定・買取価格を引き上げる方法

キューブを査定してもらう時に、少しでも買取価格を引き上げる方法について詳しく見ていきましょう。

3年落ちになるまでが売り時

キューブは割と早い時期に売りに出されるケースもあるため、3年落ち以降からどんどん値段が下がって行く傾向にあります。
そのため、新車購入後1回目の査定を通す前に売ってしまえば、満足出来る値段が付く可能性が高くなるでしょう。

しかし、3年落ち以降になると途端に値下がりが加速して行くので、満足出来る値段を付けてもらいたい場合は2年落ちまでに決断するのがおすすめ。
7年落ち以降では、走行距離などが要因でほとんど値段が付かなくなるので注意が必要です。

最低でも3社以上に査定依頼する

キューブを高く売却するためには一括査定で、最低でも3社以上に査定依頼をします。
大手買取店は中間マージン無しに自社買取販売を行なっていて、一方で中小買取店は大手に対抗意識があるのが特徴です。

3社以上を一括査定で同時間帯に競合して値段を付けてもらい、相場の中でも上限ギリギリまで値段を引き上げてもらいましょう。
複数社を比較するにあたって、3社以上の査定が必要なのです。

複数社の中で、一番高値を付けてくれた買取店にお願いをしましょう。

なるべく車体を綺麗にする

査定をより有利に進めるための準備として、なるべく車体を綺麗にしておくという点が挙げられます。
車を丁寧に乗っていたという気持ちが伝われば、プラスにはなりにくいのですがマイナス査定を防ぐ事が出来るのです。

査定前には洗車をして見た目をピカピカにする、車内を掃除機掛けしておいて車への愛着をアピールします。
この時に車内の臭い取りにも気を配って、早めに車内の換気や消臭スプレーなどをしておきましょう。

なるべく購入したばかりの頃に戻すというのが基本となっているので、目に見えない部分にも気を配るのがおすすめです。

モデルチェンジする前に売ってしまう

キューブはモデルチェンジのスパンが長めですが、売却を考えている場合にはモデルチェンジ前には手放す事が大切です。
モデルチェンジすると以前の型式は型落ちとなり、どんどん価値が下がっていってしまいます。

決算期でもモデルチェンジがあった場合は型落ちの車両も値下がりが激しいので、モデルチェンジの情報が入ったら速やかに売る準備をしていきましょう。
モデルチェンジ前と後ではかなりの金額差があるため、買取を視野に入れている場合にはキューブのモデルチェンジ情報に目を光らせておいて下さい。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。