車査定のシミュレーション

車を売ろうと考えた際に、何も考えず査定に出すと損をする可能性があります。
ディーラーや買取業者は、いかにして中古車を安く買い取るかを考えているのです。

車を高く売るには、査定前にシミュレーションサイト等を利用して、愛車の買取相場を把握しておくと良いでしょう。
そこで今回は、車査定シミュレーションで相場を知る必要性や、メリット・デメリット、注意点について詳しく解説したいと思います。

愛車の売却や乗り換えを検討中の方は、是非参考にしてみて下さい。

車査定シミュレーションのメリットは自分の車の相場が分かる

車査定シミュレーションのメリットは、簡単に自分の車の現在の相場が分かるという点です。
簡単な車両情報を入力するだけで、概算の査定額を提示してくれます。

車の査定額と言うのは買取業者によって大きな差があります。
こちらが無知である事が分かると、安く買い叩こうとする業者も存在するのです。

同じ車でも買取業者によって数十万円の差が出る事も珍しくありません。
愛車を高く売るには、今いくらで売れるのかを知っておく必要性があるのです。

車査定シミュレーションでの相場価格を把握しておけば、ディーラー下取りや中古車買取業者の査定時の交渉に有利でしょう。
下取りの場合は、概算相場を下回る場合は買取業者にも査定を依頼する事を伝えます。

そうする事で査定額が上がるケースがあります。
上がらない場合は実際に買取業者の査定を受け、高ければ下取りを止めてしまいましょう。

買取業者の査定の場合は、複数の業者に査定を依頼してシミュレーションでの相場価格と比較し、交渉する方法が効果的です。
ただし、走行距離は査定額に大きく影響します。

5万キロを超えると車の価値はグッと下がりますから、シミュレーション後に走行距離が延びてしまった場合は実際の査定額は低くなる可能性があります。

車査定シミュレーションの方法

車査定シミュレーションの方法

車の査定額をシミュレーションするには、いくつか方法があります。
それぞれのメリット・デメリット等を踏まえて見ていきましょう。

ディーラーの下取りシミュレーションは匿名で簡単

まず、自動車ディーラーの下取り査定シミュレーションサイトがあります。
トヨタや日産のシミュレーションサイトでは、メーカーや車種・年式・グレード等を入力するだけで、匿名で簡単に下取り相場が分かります。

気になる方は、上記サイトを利用してみて下さい。

下取りのメリットやデメリットは?

ディーラーの下取りシミュレーションは、匿名で利用できるのが大きなメリットでしょう。
入力項目が少なく、数十秒で下取り査定相場が分かるのも嬉しいポイントです。

ただし、これらのサイトは過去の下取りデータを基に計算していますから、車種によってはデータが無いものもあります。
また、下取りは中古車買取市場のデータとは異なりますので、比較的相場は低めだという事を覚えておきましょう。

一部の高級車や人気車種・品薄の車には、ディーラー下取りでも高値が提示される事があります。

  • トヨタレクサス
  • セルシオ
  • ハイエース
  • ランドクルーザー
  • 日産シルビア
  • マツダRX-7

このような車の売却をお考えの方は、下取りと買取の両方をシミュレーションして比較してみると良いでしょう。

車一括査定サイトでのシミュレーション

中古車販売店や買取専門店に売却をお考えの方は、車一括査定を利用して査定シミュレーションをしてみましょう。
一括査定は実査定を行うイメージがあるかもしれませんが、実は申し込み後に概算の査定額をシミュレーションして提示してくれるサイトも多いのです。

申し込みの際に入力した車両情報を基に、概算の査定額を教えてくれます。
シミュレーションで出された金額が良ければ、業者に実際に車を見てもらう出張査定を行うのです。

申し込み後には各業者から電話やメールで連絡があります。
ざっくりとした概算価格だけを知りたい人は、その時点で断るか、一括査定自体をキャンセルしましょう。

買取のメリットやデメリットは?

車一括査定サイトでのシミュレーションは、ディーラー下取りよりも高めの査定額が出やすいというメリットがあります。
また、実際の買取実績データを基にシミュレーションされているので、参考になるでしょう。

しかし一方で、以下のようなデメリットもあります。

・個人情報を入力する必要がある
・申し込み後の営業電話がしつこい
・入力項目が多くて手間が掛かる

一括査定サイトでよくあるトラブルの一つが、申し込み後に掛かってくる嵐のような営業電話です。
一括査定で概算価格のシミュレーションをする場合、メールアドレスや電話番号などの個人情報を入力します。

業者はそれを見て、出張査定日の調整の電話を掛けてくるのです。
こちらから申し込んだのですから、業者からの連絡は当然の事。

しかし、出るまで執拗に掛け続ける、複数の業者から数十件もの着信履歴があるというのは驚く人も多いのです。
業者と直接交渉できるという点ではメリットとも言えますが、値段交渉が苦手な人には不向きでしょう。

そのような人には、業者からの電話が無いよう配慮された一括査定サイトを選ぶ事をおすすめします。
また、ディーラーの下取りサイトと比較して、入力項目が多く手間が掛かるという点も一括査定のデメリットと言えます。

忙しい人は、面倒に感じてしまうかもしれません。

ネットで自分で調べる

下取りサイトや車一括査定など、シミュレーションに特化したサービスを利用しなくともネットで自分で調べる方法もあります。
例えば、中古車情報誌や口コミサイト等を参考に、おおよその概算査定額を予想する事は可能でしょう。

車種別に検索出来るサイトもありますから、自分の車と似た条件の車を探せば参考になります。
ただし、そういったサイトは人気車種以外の車の口コミ件数が少ない事があります。

また、業者や販売店の公式サイト内にある口コミは信憑性が低い可能性があるため、あくまでも参考程度にしておきましょう。

車査定シミュレーションが出来るおすすめサイト

車査定シミュレーションが出来るおすすめサイト

愛車の査定額をシミュレーションしたいけれど、どのサイトを利用するのが良いのか迷ってしまう人は多いでしょう。
そこで、車査定シミュレーションが出来るおすすめの一括査定サイトをまとめてみました。

サイト 種類 特徴
カーセンサー 一括査定サイト メール指定・時間指定可能
かんたん車査定ガイド 一括査定サイト 車の買取相場がすぐに分かる
Ullo(ウーロ) フリマ型一括査定サイト オンラインで正確な査定額が出やすい
Goo買取 一括査定サイト 査定してもらいたい業者を選ぶ事が出来る
プラスワンオート 一括査定サイト 廃車や事故車の売却査定シミュレーション
タウ 一括査定サイト 事故車や水没車の売却査定シミュレーション
DMM AUTO アプリ スマホ専用・車の写真を送ると査定額が算出される・1万円の買取保証
ユーカーパック オークションタイプ 業者とのやり取りを代行・電話なし
車査定・買取の窓口 オークションタイプ 電話は1社からだけ

このように、車査定シミュレーションが出来るサイトと言っても様々な種類や特徴があります。
車の状態や状況、希望に合わせて上手く使い分ける事をおすすめします。

車査定シミュレーションのデメリットや注意点

車査定シミュレーションのデメリットや注意点

車の査定前にオンラインでシミュレーションしておく事は、高価買取を狙う上で非常に重要なポイント。
しかし、それにはいくつかデメリットや注意点もあるのです。

事前に把握する事で、より有益にシミュレーションを行いましょう。

シュミレーションサイトはあくまでも目安でしかない

車の概算査定額を提示してくれるサイトは複数存在しますが、その金額がそのまま買取価格ではありません。
あくまでも、目安でしかないという事を覚えておきましょう。

先ほども解説したように、トヨタや日産などのディーラの下取りシミュレーションサイトは、買取市場とは異なる相場が出ます。
比較的正確な金額が出る一括査定サイトでも、実際の査定額は査定士が車を目視で確認してから決まります。

中には、メールのみで査定額を決定するサイトもありますが、車の引き取り後に傷が見つかった等の理由で減額されてしまうリスクもあるのです。
ですから、車を売る際には必ず実査定をしてもらいましょう。

車の査定額は時期によって変動する

車の査定額は、実は時期によって変動します。
例えば、最も車の販売台数が増えるのは決算月の3月。

その前の1~2月は、車が高く売れる傾向があります。
また、半期決算月の9月についても同様です。

逆に、決算月を過ぎてすぐは査定額は低めに出る傾向があります。
また、車のモデルチェンジ後は旧型車は型落ちとなるため、一般的には価格が下がります。

このように、車の査定額は変動するため、シミュレーションしたとしてもそのようにならない事があるのです。
車をお得に売る時期については、こちらの記事でも解説しています。

流通台数が多いほど正確な金額が出る

シミュレーションサイトで予測される査定額は、流通台数が多い車種ほど正確な金額が出る傾向にあります。
それは、実際の買取実績を基に算出されているからです。

ですから、人気の車種ほどシミュレーションで正確な査定額が出やすく、買取相場も安定しています。
売却を考えている車がマイナー車種の場合は、実際の買取金額と大きな差が出る場合があるという事を覚えておきましょう。

シュミレーションサイトでは車の状態までは考慮されない

多くのシミュレーションサイトでは、使いやすさ故に申し込みの際の入力項目が少ないものが多いでしょう。
車種や年式・メーカー等しか入力しないサイトもあります。

そのため、ボディの傷や汚れ、凹みや内装の状態、不具合等は考慮されていないのです。
傷や不具合が多い車の場合、シミュレーションサイトの金額と実際の査定額に大きな差が出る場合があるでしょう。

シミュレーション後に実際の車査定額を知る方法

シミュレーション後に実際の車査定額を知る方法

車の査定前のシミュレーションをしたら、実際の査定額を把握し納得してから売却を決めましょう。
実際の細かい査定額については、シミュレーションサイトだけでは分かりません。

買取相場は販売店や買取業者によって異なりますから、複数の業者に査定を依頼する事で実際の査定額が分かります。
しかし、いくつもの業者に足を運んで査定を依頼して回るには、非常に時間や労力を必要とします。

そこで、おすすめなのはネットの一括査定サイトです。
一括査定では概算価格のシミュレーションも出来ますが、その後に出張査定などを依頼する事で査定士が訪問。

車を実際に見た上で詳しい査定額を提示してくれます。
一括査定なら、ネットで簡単に複数の業者に査定依頼が出来るので、手間や時間が大幅に省けるのです。

ただし、先述したように一括査定にはしつこい営業電話などのトラブルもありますから、電話を避けたい人はサイト選びが重要と言えます。

車査定シミュレーションより高く売るには一括査定がおすすめ

車を売るのなら、なるべくシミュレーション価格よりも高く売りたいと考えるのは当然でしょう。
一括査定サイトには、車の査定額を引き上げる効果も期待できます。

複数の業者に一括で査定依頼をする事で、業者同士が競合し査定額が引き上がるのです。
1社ずつ査定を依頼した場合よりも、高い査定額が出る傾向にあります。

出張査定はなるべく同じ日時に業者に訪問してもらい、競りの要領で査定額を提示してもらいましょう。
その中で、最も高い金額を提示してくれた業者に売却をすれば、車を最高値で売る事が出来ます。

トラブルを防ぐための一括査定の選び方については、この後解説していきます。

カーセンサーはメールのみで安心

メールのみのおすすめ車査定サイトはカーセンサー

一括査定の申し込み後に掛かって来る複数の営業電話が苦手だという人は少なくないでしょう。
カーセンサーは、業者とのやりとりをメール指定出来ます。

また、連絡の時間帯指定や、査定を依頼する業者の数を減らす事も可能なのです。
そうする事で、嵐のような営業電話を未然に防ぐ事が出来るでしょう。

ただし、メール指定にしていたにも関わらず電話が掛かって来たという口コミも見られます。
絶対に電話はイヤだという人は、次にご紹介するユーカーパックがおすすめです。

公式サイトはこちら

カーセンサーの口コミ・評判

ユーカーパックは電話なし

ユーカーパックの評判・口コミ

ユーカーパックという一括査定サイトは、申し込み後の業者とのやり取りをサイトが代行してくれます。
電話番号などの個人情報が業者に渡る事が無いので、営業電話が掛かって来る事は無いのです。

個人情報の流出が気になるという人にも、安心でしょう。
ただし、自分で業者と直接交渉が出来ません。

自分で金額等の交渉がしたいという人には向かないでしょう。
ユーカーパックはオークション形式の一括査定です。

最低でもこれ位の金額で売りたいというラインを自分で決める事が出来るので、高価買取を希望する人にもおすすめのサイトと言えます。
最大5,000社以上がオークションに入札するため、非常に多くの業者に愛車を見てもらう事が出来ます。

公式サイトはこちら

ユーカーパックの口コミ・評判

車査定シミュレーションのまとめ

車査定シミュレーションのまとめ

車を売却する際は、査定前にシミュレーションをして概算相場価格を把握しておきましょう。
相場価格を把握しておけば、ディーラー下取りや中古車買取業者の査定時の交渉に有利になるメリットがあるからです。

逆に何も考えずに査定に出すのは、安く買い叩かれ損をする可能性があるでしょう。
査定前にシミュレーションをするには、以下の方法があります。

  • ディーラーの下取りシミュレーションサイト
  • 車一括査定サイト
  • ネット等で自分で調べる

匿名で利用出来るトヨタや日産のシミュレーションサイトは、簡単に下取り価格が分かるので非常に便利です。
また、車一括査定サイトでも、申し込み後に概算査定額を提示してくれるものも少なくありません。

情報誌やネット等で自分で調べる事も可能です。
ただし、これらのシミュレーション価格は、あくまでも目安であり実際の買取価格ではありません。

詳しい査定額は、実際にプロの査定士に車を見てもらってから決まります。
また、車の価格の変動や、傷や凹みなどの状態には対応していない事が多いのです。

車の買取価格と言うのは、業者によって差があります。
ですから、実際の査定額を知るには複数の業者に実査定を依頼しましょう。

より高く売るには、一括査定サイトがおすすめです。
手間や時間が省けるのはもちろん、業者同士が競合する事で査定額が引き上がるというメリットがあります。

ただし、一括査定サイトは申し込み後に複数の業者から営業電話が掛かって来るのが一般的。
煩わしいと感じる人は、メール対応が指定できるカーセンサーや、営業電話なしのユーカーパック等のサイトをおすすめします。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。