車一括査定のトラブル

車の一括査定は、簡単な手続きで複数の買取業者に車の査定を依頼出来るという便利なサービスです。
業者同士を競合させ、高い査定額が出やすいというメリットが得られる一方で、トラブルに見舞われるケースもあります。

今回お伝えするのは、車一括査定を申し込んだ後に起こりやすい利用者と買取業者の間のトラブルとその対処法です。
契約関係などのトラブルは、名の知れた買取業者との取引でも生じる事があるので、車の売却を検討している人にとっては決して他人事ではありません。

車一括査定で多いトラブル事例・対処法

ここでは、車一括査定を申し込んだ後、どのようなトラブルが起こりやすいのかを国民生活センターに実際報告された例も織り交ぜながらお伝えします。
メジャーなトラブルとしては、買取業者の営業電話に悩まされたり、業者の判断で買取価格を一方的に引き下げられたりするケースが挙げられるのです。

そのようなトラブルの例に加え、それぞれのトラブルの対処法もご紹介しますので、これから一括査定を利用するという人はぜひ参考にしてください。

一括査定申し込み後しつこく電話が掛かってくる

非常にメジャーなトラブルとして、車一括査定を申し込んだ直後に、あらゆる買取業者から営業電話が掛かって来るというものが挙げられます。
国民生活センターに報告されたトラブルには、このようなものがあるのです。

(3)広告の問題
【事例7】車の価値を見るために査定サイトを利用したら…
インターネットで、無料で自動車を査定するサイトがあったので、現状の車の評価をしてもらうために依頼したら、多数の業者から買い取りの勧誘電話がかかってきて困っている。後日サイトの詳細を見たら、6社に対して同時に査定依頼する仕組みになっており、依頼した以外の業者から電話がかかって来る場合があるとの記載があった。文字が小さく、目につきにくいので気がつかなかった。こんなに勧誘の電話がある事がわかっていたら査定は依頼しなかった。
(2011年 10月受付 40歳代 男性 給与生活者 大阪府)
参考:増加する自動車の売却トラブル(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120315_3.pdf)

この事例では、サイトの案内の分かり辛さに加え、ドライバー側が一括査定サービスの内容をよく理解していない点が営業電話に困惑する要因となった事が読み取れます。
一括査定は、車を売る意志の強い人が実査定を受けるために利用するサービスです。

査定に来るスタッフも車を買い取るつもりで来ます。
そのため、売却の意志が固まっていない人が一括査定を申し込むのはおすすめ出来ません。

しかし、一括査定を申し込む人の中には、「売る気はないが車の価値だけ知りたい」という人が少なくないでしょう。
そういった人々の多くは、営業電話が掛かって来る事を予期しておらず、電話応対を負担に感じる事が多いのです。

対処法

自分の車の価値を知るには、買取業者のスタッフに来てもらい実際に車を見てもらう必要があるのです。
そういった実査定を望むドライバーの中には、「現時点での車の価値だけ知りたい」という理由で車一括査定を頼む人もいます。

一方、業者側は車を買い取る意志が強いため、ドライバーに対し熱心に営業するのです。
しかし、営業電話が次々掛かってくる現象をトラブルと判断する人もいます。

業者からの電話に煩わしさを感じるのであれば、このような対処法を試してみましょう。

・電話でなくメールでの連絡を業者に提案する
・一括査定を申し込んだサイトから査定のキャンセルを依頼
・1度電話に出てハッキリ勧誘を断る

加えて、一括査定サービスの選び方によっても、電話を回避出来るというメリットが期待出来ます。
例えば、ユーカーパックを利用すれば、複数の業者から電話が掛かって来る事はありません(※運営会社1社のみの電話)。

また、カーセンサーを選べば、「連絡手段をメールに限定する」「電話が掛かってくる日時を指定する」という事が出来ます(※ただし、メール指定しても電話が掛かってくる場合もあり)。
これによって、予期せぬ電話に困惑する事が避けられるのです。

出張査定に来たスタッフが帰ってくれない

車一括査定サービスを利用すると、稀に強引に車を買い取ろうとする買取業者と巡り合う事があります。
そういった業者のスタッフが出張査定に来ると、何とかして車を買い取ろうと粘られ、なかなか帰ろうとしないというトラブルに見舞われる恐れがあるのです。

具体的なケースは、以下のようなものです。

【事例6】売ると言っていないのに車を持って行かれた
査定を受けるつもりで業者に電話した。次の日に担当者が家に来て車を見て、最初は「0円」と言っていたが、あちこちに電話し、「修理にいくらかかるか、修理工場で調べる」と言って車を持って行ってしまった。車を持って行くときに「売るか売らないかは価格がわかってから決める」と言ってあったのに「10万円で売れた」と電話があり、担当者が家に来たときには契約書も用意してあった。親に連絡してから決めたいと言っても聞いてもらえず、「既に客と話がついているのでサインしてくれないと困る」と契約を迫られ、疲れて応じてしまった。次の日、知人と一緒に店に話し合いに行ったが、車がどこにあるかさえ教えてもらえない。
(2011年 7月受付 20歳代 女性 給与生活者 福岡県) 参考:増加する自動車の売却トラブル(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120315_3.pdf)

悪質な業者が出張査定に来ると、この事例のようにドライバーが売却を決めていないという状況で、強引に車を持って行かれてしまう事があります。
名前が一般的に知られていないような業者の査定を受けると、このようなトラブルのリスクが高まる傾向にあるのです。

対処法

車一括査定において起こり得る買取業者のスタッフが居座るトラブルには、このような対処法があります。

・出張してくる業者が聞き慣れた業者かどうかを事前に確認する
・スタッフが自宅に居座る場合、その行為は不法占拠であるという事をハッキリ伝え、それでも帰らない場合は警察に相談する
・出張査定に来た各業者のスタッフに「1番高い額を出した業者以外には帰ってもらう」と伝え、1社ずつ口頭で査定額を提示してもらい競りに掛ける

また、もし強引な買取に応じてしまった場合は、早めにその業者に電話して、事情を説明した上で買取のキャンセルを申し出てください。
既に車を引き渡してしまっているのであれば、尚更急いでキャンセルしましょう。

車がオークションに出品されてしまい、キャンセル料を請求される場合があるためです。

一方的な再査定やキャンセルペナルティー

査定が終わり正式に買取契約をした後、買取業者側から「再査定」と称して、一方的に買取価格を変更されてしまうというトラブルがあります。
以下の事例のように、買取契約を結んだ後で「傷が見つかった」などの理由を述べられ買取価格が減額されてしまう事があるのです。

【事例9】事故車と言われ、引き渡し後に減額された
新車を買うために今の車の査定を申し込んだ。3日前、自宅に来てもらい査定してもらったら 22万円で買い取ると言われ、その場で契約し車を引き渡したが、2日後業者から「隣の県のオークション会場に運び点検したら、事故車と判明したので半額での買い取りになる」と言われた。3年前に6年落ちで購入したが、そのときには事故車だとの話はなく自分も事故を起こした事はないと伝えたが、業者は、「納得がいかなければキャンセルするが、運送費3万円を解約料として払え、払わないと車は返さない」と言う。
(2011年11月受付 30歳代 男性 給与生活者 静岡県)
参考:増加する自動車の売却トラブル(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120315_3.pdf)

また、さらに悪質なケースの場合、「買取価格が下がったから」と買取のキャンセルを試みると、キャンセルペナルティーとして違約金やキャンセル料を請求される場合があります。
車一括査定において起こり得るこうした再査定、キャンセルペナルティーのトラブルは、かつて世間でも問題になりました。

対処法

車の買取価格を下げられたり、キャンセルペナルティーを押し付けられたりするというトラブルには、このような対処法をおすすめします。

・査定にマイナスになり得る点について、査定時に自分から説明しておく
・買取契約を締結する前に契約内容をしっかり確認する
・減額やキャンセル料の支払いを言い渡されても応じない
・国民生活センターに相談する

また、車一括査定をしてもらった時、他の業者より極端に高い査定額を出す業者がいたら注意しましょう。
そういった業者は、契約が済んだ後で再査定をして来る恐れがあります。

こうしたトラブルを事前に防ぐには、希望する売却先がJADRIやJPUCに加盟しているかどうかを確かめるのがおすすめです。
優良な業者が入れるJADRIやJPUCの加盟業者と取引すれば、再査定、キャンセルペナルティーといったトラブルを防げる可能性があります。

二重契約問題

車一括査定を利用した際、複数の買取業者と買取契約を締結してしまう二重契約というトラブルが生じる事があるのです。
そもそも、一括査定を行う際、査定を頼んだ業者全てに同じ日時に来てもらうというケースもありますが、別々の日時に来てもらう場合もあります。

二重契約トラブルは、このうち別々の日時に業者に来てもらうというケースにおいて起こりやすい傾向にあるのです。
例えば、ある買取業者と買取契約を結び、その後別の業者の査定を受け「こちらの方が買取価格が高い」という理由で、その業者とも買取契約を締結したとします。

このように、片方の業者との契約を取り消さずに、2社と買取契約を結んでしまっている状態を二重契約と言うのです。
二重契約をしてしまうと、大きな問題になり兼ねません。

1つの業者と買取契約を済ませた場合、その時点で車の所有権はその業者に渡ります。
その状態で他の業者とも契約してしまうと、先ほどの業者の所有権を侵害する事になるため、横領罪で訴えられる恐れがあるのです。

対処法

車一括査定を利用した際、起こりやすい二重契約トラブルの対処法は、以下の通りです。

・売却先を決める前に、査定を依頼した各買取業者の売買契約書をよく確認する
・全ての業者の査定が終わってから業者に買取する、しないの返事をする
・業者に売却の決断を迫られた時に曖昧な返事をしない

また、万が一二重契約をしてしまった場合は、すみやかに片方の業者にキャンセルの申し入れをして、キャンセル料を請求された場合は妥当な金額であれば素直に応じましょう。

車一括査定の口コミがトラブルの原因になる?

車一括査定の口コミがトラブルの原因

例え名の知れた買取業者でも、過去に利用者との間でトラブルを起こしている可能性があります。
インターネットで業者の社名を検索する事で、その業者の口コミが見つかる場合があるのです。

トラブルを避けるには、ネットで車一括査定を頼む業者の口コミをチェックする事をおすすめします。
また、一括査定を申し込む際、自分で好きな業者、信頼出来そうな業者を選べるシステムを利用すれば、悪質な業者に当たるリスクをある程度軽減出来るでしょう。

しかし、ネットの口コミを100%信じてしまう事が、逆にトラブルの原因になる事もあるのです。
ここでは、一括査定に関する口コミの中でも信憑性の無いものがあるという事、加えてどのような口コミが信用出来るのかという事について解説します。

口コミは業者側の自作自演である可能性がある

車の一括査定に関する口コミの中には、買取業者の自作自演によって投稿されているものが含まれているのです。
例えば、SNSなどで特定の業者を宣伝するような口コミがあったら、それは業者のステルスマーケティングの一環で投稿されたものである可能性があります。

多くの業者は、SNSの公式アカウントを作成しています。
しかし、それとは別に一見個人アカウントに見えるアカウントを作成し、そこで自社のサービスを宣伝する事があるのです。

こうした事から、業者とのトラブルを避けるには、SNSの口コミが必ずしも消費者の声ではないという事を踏まえて信頼性の高い口コミを見つけてください(信頼性の高い口コミの見つけ方は後述します)。

個人サイトの宣伝目的である可能性がある

ネット上の口コミには、買取業者のステルスマーケティングに加えて、個人サイト運営者がサイトを宣伝するという目的で投稿したものもあるのです。
例えば、Q&Aサイトの車一括査定のサービスに関する質問があると、「このサービスがおすすめです」という文章と共にURLを提示している回答が見受けられる事があります。

こうした投稿は、個人サイトでアフィリエイトを行っている人によるものである可能性が高く、提示されたURLをクリックするとその人のサイトに飛ばされる事が多いのです。
飛ばされた先のサイトを経由して、一括査定の申し込みフォームに進み申し込みを済ませる事で、サイト運営者の収益に繋がります。

つまり、Q&Aサイトの「これがおすすめ」という口コミ自体は信頼性が低く、それを鵜呑みにした所でアフィリエイトの収益に貢献するだけという状況になり得るのです。
そう言った過程で辿り着く一括査定サービスが100%劣悪とは限りません。

ただ、利用した結果巡り合った買取業者との間で、トラブルが生じるリスクもゼロではないのです。

信用出来る口コミを見つける方法

車一括査定に関する口コミは、TwitterなどのSNSや掲示板サイト、ブログサイトなどで見つかる事があります。
そう言ったサイトで見られる口コミの中で信用出来る口コミを見つけるには、実際にサービスを利用した人しか知り得ないデメリットが書かれたものを探してみてください。

例を挙げると、このようなものです。

・買取業者からの連絡がかなり多い
・電話番号が複数の買取業者に流出する
・営業電話が掛かってくるのは一括査定申し込み後間もなく
・サイト上の手続きだけで査定が済む訳ではない
・出張査定に来るスタッフが自宅の場所を把握しておらず、説明するのが面倒だった

ネットユーザーの多くは、ポジティブな情報よりネガティブな情報に伝えやすさを感じる傾向にあります。
こうした心理的メカニズムを踏まえると、ポジティブな事のみ書かれた口コミより、上記のようにトラブルにも触れている口コミの方が信頼性が高い傾向があると言えるのです。

トラブルのリスクが低い車一括査定サイト

トラブルのリスクが低い車一括査定サイト

ここでは、車一括査定を申し込めるサイトの中でも、トラブルに遭うリスクが低いサイトをご紹介します。
トラブルを避けたいという人におすすめ出来るのがこの2つのサイトです。

  • ユーカーパック
  • カーセンサー

これらのサイトには、買取業者から営業電話が掛かって来ない、自分で査定を依頼する業者を選べるなどのメリットがあります。
デメリットも併せてご紹介しますので、そちらも踏まえてサービスが自分に合っているかどうかを検討してみてください。

ユーカーパック

ユーカーパック

多くの車一括査定サイトでは、一括査定申し込み後に利用者の電話番号が買取業者に流れるため、業者から営業電話が掛かってきます。
しかし、ユーカーパックに申し込んだ場合、業者に電話番号が流れる事はありません。

ユーカーパックは、ドライバーと業者の間を仲介する役割を持ちます。
オークションに車を出し業者に落札してもらうというシステムで売却先が決まります。

売却先が決まるまでの間、電話でやりとりする事になるのはユーカーパック1社のみです。

メリット

・業者から営業電話が多く掛かって来るというトラブルがない
・一括査定を申し込んだ直後に車の買取相場が通知される
・申し込みが簡単
・オークションでの入札買取額を自分でチェック出来る
・個人情報を知られるのは車を買い取ってもらう業者だけ

デメリット

・他の一括査定サイトより査定時間が長い傾向にある
・大手の業者がオークションに参加しない事がある
・売却先が決まってからキャンセルすると高額なキャンセル料が発生する

公式サイトはこちら

ユーカーパックの口コミ・評判

カーセンサー

カーセンサーの評判・口コミ

トラブル防止に加え、「車をすぐに売りたい」という人にもおすすめ出来る一括査定サイトですが、売却するのが2~3週間先の場合も利用出来ます。
このカーセンサーの提携業者数は約1,000社です。

これは、先程ご紹介したユーカーパックの提携業者の半分程度。
しかし、大手の業者からマイナーな業者まで提携先に含まれているので、自分に合った業者を探せる可能性があります。

メリット

・査定を受ける業者を選ぶ際、近隣の業者から自分の好みの業者を選べる
・業者から電話が掛かってくる時間帯を選べる
・業者との連絡手段としてメールを選択出来る
・直接交渉で高く売却出来る可能性が高い

デメリット

・一括査定の申し込みフォームの入力項目が多め
・メール指定しても電話が掛かってくる場合がある
・申し込み後は業者任せ

公式サイトはこちら

カーセンサーの口コミ・評判

車一括査定とトラブルのまとめ

車一括査定とトラブルのまとめ

車一括査定を利用した場合、複数の業者の査定を受けられる事から、車の高価買取が望めるというメリットがあるのです。
一方で、一括査定を申し込んだ後、このようなトラブルに遭遇する事があります。

  • 買取業者からのしつこい電話
  • 出張査定に来たスタッフが居座る
  • 再査定やキャンセルペナルティー
  • 二重契約

こうしたトラブルは、実際起こってから対処出来る場合もありますが、事前に防げる可能性もあるのです。
実際に利用した人にしか分からない内容の口コミを参考にして一括査定サイトや買取業者を選べば、トラブルが防げる可能性があります。

また、トラブルのリスクが低い一括査定サイトとしては、しつこい営業電話を避けられるなどのメリットを持つ「ユーカーパック」「カーセンサー」が挙げられます。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。