廃車と中断証明書

車を廃車にして、もうしばらく次の車は購入しないという場合は、任意保険は解約する事でしょう。
しかし、何も考えず単に保険を解約するのは待ってください。

それでは、長年に渡り無事故で保険を継続してきた人ほど損をしてしまいます。
実は、自動車保険には中断制度というものがあります。

その制度を利用して中断証明書を発行してもらう事で、積み上げてきた等級を保存できるのです。
そこで今回は、廃車時の中断証明書のメリットや発行条件などについて、詳しく解説していきます。

保険会社の方からは教えてくれない事もありますから、損をしないように是非参考にしてみてください。

廃車時に中断証明書を発行するメリット

廃車時に自動車保険の中断証明書を発行してもらうメリットは、いくつかあります。
もう車に乗る事は無いかもしれないと思っている方にもおすすめなのです。

どのようなメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

等級を保存できる

自動車保険には、等級(ノンフリート等級)というものがあります。
等級は保険料に大きく関わるもので、同じ内容の保険でも等級によって割増率や割引率が変わります。

等級は、1等級から20等級までの20段階。
通常、任意保険に初めて加入する際は、6等級または7等級からのスタートします。

1年間、保険を使った事故を起さなければ、次年度に1等級ずつ上がっていきます。
冒頭でもお話しましたが、廃車で保険が必要なくなった際に中断証明書を発行してもらえば、最大で10年間は中断時の等級を保存できるのです。

10年以内に再度、保険に加入する際に、以前の等級を引き継ぐ事が出来ます。
そのため、割引率が大きくなり、保険料が安くなるというメリットが挙げられるのです。

さらに、等級は保険会社を変えても、そのまま引き継がれます。

親族や配偶者への譲渡が出来る

現在の車を廃車にしたら、もう自動車を運転する事は考えていないという人もいるかと思います。
しかし、そのような場合でも、等級が高い場合は中断証明書の発行をおすすめします。

実は、中断証明書は自分で使わなくとも、配偶者や親族に譲渡する事が出来るというメリットがあるからです。
中断証明書を譲渡できるのは、被保険者の配偶者、そして被保険者または配偶者と同居の親族とされています。

実際に、両親の中断証明書を利用して、子供が自動車保険に安く加入するというケースは珍しくありません。
自分で使用しなくても、譲渡によって家族で利用できるのは嬉しいものですよね。

ただし、車を廃車にせず譲渡する場合は、中断証明書は必要ありません。
保険を中断せず、そのまま保険の名義変更をすれば、等級は引き継がれます。

廃車時に保険を解約したら返戻金がある

将来損をしないために、中断証明書の発行は非常にメリットがあります。
その他にも、保険料を年払いしていて解約時に期間が残っている場合、返戻金が返ってくる事を忘れてはいけません。

ただし、保険料の返戻金は、単に1年分を12ヶ月で割ったものではないのです。
短期率という指数で計算されますので、年間保険料の月割り金額よりも安くなってしまうという事を覚えておきましょう。

廃車時の中断証明書の発行方法

廃車時の中断証明書の発行方法

ここまで解説したように、多くのメリットがある中断証明書。
どのような方法で発行してもらえば良いのでしょうか。

中断証明書の発行には、一定の条件があります。
また、廃車以外の理由でも中断制度は利用できますので、そちらについても解説していきます。

条件

保険会社によっても若干の違いはあります。
中断証明書を発行してもらうには、以下のような条件が定められています。

・中断後の等級が7等級以上になること
・廃車
・譲渡(売却・リース会社へ返還)
・盗難
・災害による滅失
・車検切れ
・車両入替
・長期的な海外渡航

中断後の等級が7等級未満の場合には、中断証明書は発行できません。
廃車の場合、保険の中断をする日までに車が廃車になっている事が条件の一つです。

その他、譲渡や売却、盗難や滅失などにより車を手放す場合や、車検切れ、車両入替、海外渡航などの事情で、現在の保険が必要なくなる場合にも適用されます。
中断証明書の発行期限は、自動車保険契約の満期日または解約日から13ヵ月以内です。

解約から13ヶ月以上経ってしまってから、制度があるのを知ったという人もいます。
中断証明書の発行には、別途手続きが必要です。

それまで積み上げてきた等級を無駄にしないためにも、保険の解約をしたら出来るだけ早めに中断証明書を発行してもらいましょう。

発行方法

中断証明書を発行してもらうには、まずは加入している保険会社に連絡を入れ、「中断証明書の発行手続きをして欲しい」と申し出ましょう。
すると、発行に必要な手続きの案内や、必要書類が送付されてきます。

必要事項を記入して、以下の書類を保険会社に提出しましょう。

・中断証明書発行依頼書(保険会社から送付される)
・保険証券の写し
・保険を契約していた車両を廃車にした事を証明する書類

廃車を証明する書類とは、一時抹消登録の場合は登録識別情報等通知書(又は一時抹消登録証明書)、永久抹消登録の場合は登録事項等証明書などを指します。
軽自動車の場合は、自動車検査証返納証明書や検査記録事項等証明書を用意しましょう。

また、廃車以外の理由で中断証明書を発行する場合には、それぞれ以下の書類の提出が必要です。

中断理由 必要書類
譲渡 売買契約書のコピー、登録事項等証明書、登録識別情報等通知書
車検切れ 自動車検査証、登録事項等証明書
盗難 盗難届出証明書
車両入替 契約内容変更通知書、異動承認書

売買契約書は、業者側が用意してくれます。
個人間での売買の場合は、市販されている売買契約書用紙で作成したもので構いません。

登録事項等証明書は運輸支局で、契約内容変更通知書、異動承認書は保険会社で発行してもらえます。
登録識別情報等通知書は、一時抹消登録の完了時に運輸支局で発行されますので保管しておきましょう。

手続き完了後、1週間~10日ほどで中断証明書が郵送されます。

廃車後に中断証明書を使用して新契約する方法

廃車後に中断証明書を使用して新契約する方法

車の廃車後に中断証明書を使用して新契約するには、どのような手続きを踏んだら良いのでしょうか。
まず、それには以下の条件をクリアする必要があります。

・中断日から10年以内である
・新しい車を取得してから1年以内である(1ヶ月以内の保険会社もある)
・中断前と車の所有者が同一である(被保険者の配偶者・同居の親族は同一とみなす)
・中断前と被保険者が同一である(被保険者の配偶者・同居の親族は同一とみなす)
・中断前後で車の用途・車種区分が同一である

普通自動車の保険で発行された中断証明書は、次も普通自動車でしか使用出来ませんので注意が必要です。

中断証明書を使用して新契約に必要な書類

・中断証明書
・車検証の写しなど、新たに自動車を取得した事を証明できる書類

車検切れや盗難により中断証明書を発行した場合は、中断時と同一の車でも中断証明書を使用しての契約が可能です。
また、海外渡航を理由に中断した場合、パスポートのコピーや観光目的の渡航ではないという事が確認できる書類も提出しなければなりません。

10年以内であっても、中断証明書を使用するには期限があります。
そのため、車の取得が決まったら、早めに保険会社に連絡しておきましょう。

中断証明書を紛失してしまったら再発行が出来る

中断証明書の有効期限は10年間と長いものですから、その間に紛失してしまう事も考えられるでしょう。
その場合、有効期間内であれば再発行が可能です。

ただし、中断を行った保険会社でしか再発行は出来ません。
その際には、中断(廃車)時の車両情報や住所などが必要になるケースがほとんどですから、控えておきましょう。

なお、再発行をしても、当初決定された有効期限は変わりません。
また、再度同じ保険会社に加入する場合は、情報が保存されていれば再発行しなくても良い場合もあります。

保険会社によっても異なりまから、紛失に気づいた時点で問い合わせておくと安心です。

廃車と中断証明書のまとめ

廃車と中断証明書のまとめ

廃車にあたって自動車保険の解約をする場合、中断証明書を発行しておく事で、廃車時の等級を10年間保存する事が出来ます。
中断証明書は配偶者や、同居の親族に譲渡が可能です。

ですから、将来車に乗る可能性の有無に関わらず、発行してもらうのをおすすめします。
ただし、中断制度を利用するには、一定の条件を満たさなければなりません。

また、中断証明書を使用しての新契約にもいくつか条件があります。
そのため、新たに車を所有する事になったら、早めに保険会社に連絡をしましょう。

中断証明書を万が一紛失してしまった場合は、中断した保険会社でのみ再発行が出来ます。
中断制度は保険会社から積極的に勧めてくれる事ばかりではありませんので、廃車の際には自ら問い合わせてみましょう。

>>廃車専門のおすすめ買取業者を見てみる。

最大5,000社の公開入札で最高額が分かる【76万円も高くなる!?】

中古車を売る際、知り合いの業者や大手業者に依頼する方も多いと思います。
しかし、査定を依頼する業者によって大きく査定額が異なるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、他の業者と比べて10万円単位で高く査定をしてもらった事例もある程。
知識が無いと買い叩かれるケースも多く、知恵袋や掲示板などを見ても悪い口コミが多い業者を見かけます。

ユーカーパックの一括査定

【ユーカーパックで適正価格診断】

  • 約30秒の入力で査定の最高額が分かる
  • 最大5,000社の価格から比較が出来る
  • 大手から地方の会社までネットワーク化
  • 1社のみの連絡でしつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • ディーラー下取りよりもお得

大きな特徴としては、他の一括査定でも言える事ですが、愛車の最高額が簡単に分かるという事です。
最大5,000の買取業者が入札を行うので、通常に査定依頼するよりも高く売れる可能性があります。

また、ユーカーパックが他の一括査定との大きな違う所は、ユーカーパックからの1社だけなので、沢山の業者の電話が迷惑という事。 しつこい営業もないので、他の一括査定で嫌な思いをしたという方でもおすすめが出来ます。

完全無料で利用する事が出来ますので、中古車の売却を検討している方は試しておいて損はありません。

>>約30秒で車買取の最高額が分かります。